スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UNCAFクラブ杯準々決勝 2nd.レグ サン・フランシスコ - モタグア 

サン・フランシスコ 0 – 1 モタグア
9月26日20:00、アグスティン・ムキータ・サンチェス競技場(ラ・チョレーラ) 
主審:アレハンドロ・ヒメネス(CRC)


チョレーラって、パナマ・シティーから高速道路で西に向うと到着する町のようです。
それにしても、これを「スタジアム」って呼んでいいんか・・・。
メインスタンドはちゃんとスタンドしてますが、後の3面は金網で囲ってあるだけ。
で、向こう側には野球場もついています。
というより、野球場にサッカー場がついているのかな、ここなら。
収容人数は4500人だとか。
満員のようで、歓声のみならずブーイングもよく聞こえて、臨場感満載です。


肝心の試合の方は結構退屈だったかも。
ホームのサン・フランシスコ、出足良く攻撃に行くのですが、
やっぱりここは野球の国か。
シュートの代わりにホームラン打ってどうする・・・・・・。
まあそれでも、数打ちゃ、ストライクもあるかも。くじけるな。


ファーストレグは1-0でモタグアが勝っているので、
モタグアは守ってカウンターが狙いなんでしょう。
でも、その守備がね?なんだかぴりっとしないんですけれど・・・・・・。


んな感じでてろてろと前半終了。




ちょっと退屈だったことやら、食事の準備やら何やらで、
後半最初は見てないです。
このまま引き分けかしらん?と思った、85分。
ハイボールを両チームの選手がヘッドで競り、
こぼれたボールがロダス(モタ)がゴールエリアライン付近で受けて振り向く。
GK飛び出し、体を倒して防ごうとするものの、ロダス、ためてフェイントをかけ、
ゴールラインぎりぎりからシュート!
で入ってしまうんですね、これが・・・・・・。


1点を目指して頑張っていたサン・フランシスコ、がっかり。
サン・フランシスコが攻めていたし、いいシュートもあったのに
モタグアのGKにしっかり止められていたしね。
なのに、モタグアはどうしてあんな難しい角度からあっさり決めてしまうんんだ・・・。


それでも最後まで諦めないけれど・・・、残念、試合終了。


というわけで、10月に行われる準決勝は、ムニシパル対モタグアとなりました。
その頃までには調子上げておいてちょ、ロホスの皆さん。




両チーム、先発メンバーです。

サン・フランシスコ
1 ネオルテ、13オリバーレス、6ワルテル、42アルガンドーナ、27トーレス、4ソリス、10ブランコ、20ヒメネス、22ロンバルド、25フリオ、11フスタビーノ
DTステンペル

モタグア
27モラレス、28ガルシア、19チャベス、24ブランコ、14グスマン、5アレクサンデル、20ゲバラ、17カスティーヨ、7ブライス、11トルラコフ、31ロダス
DTマラディアガ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/99-fd86af26

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。