スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UNCAFクラブ杯準々決勝 2nd.レグ ムニシパル - シェラフ 

ムニシパル 1 – 1 シェラフ
9月25日19:00、国立マテオ・フローレス競技場(グアテマラ) 
主審:ホエル・アギラル・チカス(ELS)


最近の日課のように、午後になると降りだす雨。
今日は大した雨ではなかったとはいえ、
やっぱり降って、試合開始時にも小雨模様。
無理とはわかっていても、どっちも勝ってほしいんだけれどなぁ。
ファーストレグは1-1。
この大会ではアウェーゴールはカウントされないので、
この試合が0-0に終われば、延長戦もなくPK戦となります。


両チームの登場人物。
ムニシパル
GK ハイメ・ペネド
DF クラウディオ・アルビスーリス、セルビン・ポンシアーノ、ハイメ・ビデス、ヘルマン・ルアノ
MF フレディ・ガルシア、ゴンサロ・ロメロ、ギジェルモ・ラミレス、フレディ・トンプソン
FW カルロス・プラタ、マリオ・アセベド
トンプソンがボランチに入る、ひし形の中盤。

控えはヘンリー・メディーナ、パウロ・セサル・モッタ、マルビン・アビラ、カルロス・アスプリーヤ、カルロス・フィゲロア、レナト・ブランコ、セルヒオ・ゲバラ。

マリオ・ロドリゲスは累積、
パブロ・メルガルは前の試合のレッドのため出場できません。

監督はビクトル・ウーゴ・モンソン。
今日はなぜかスーツ姿。国際放送されるから?


シェラフ
GK フェルナンド・パターソン
DF アンヘル・サナブリア、ルイス・スイシェル、ハビエル・シナイ、ホセ・ロペス
MF フリオ・エスタクイ、マリオ・ピニェイロ、エドガル・エレーラ、カルロス・キニョーネス
FW ジョニー・クベロ、エルウィン・ゴドイ
こちらも同じくキニョーネスがボランチに入る、ひし形の中盤。

控えはアラン・ビエダ、ルイス・レイエス、ホセ・サカリアス、アドゥルフォ・コントレラス、マイノル・ロペス、エリック・アルバラド、マルビン・バリオス。

いないのはジョニー・ヒロン。前の試合でレッドもらっているんで・・・。
イスラエル・シルバは相変わらず負傷中。

監督はカルロス・フラード。ウルグアイ人です。




さて試合開始。
でもどうもシェラフの動きがかたいような。緊張してますかね。
まあ選手層が厚くて、いくらかでもローテーションのできるロホスと
いつも同じメンバーで戦っているシェラフとでは消耗の仕方も違うだろうし。


というわけで、主導権をとるのはロホス。
まあ、シェラフってしっかり守ってカウンター。
なチームですから、別にいいのかなぁ。
それにしても走れてなさすぎなような気がしますが・・・・・・。


6分過ぎ。マリオ・アセベドがDFを抜き去ってパターソンと1対1でシュート!
だけどボールはファーポストの向こうへ。


9分、シェラフのCKからのプレー。
シナイがクロスを上げようとしたところに
入ってきたアセベドが手で触ってしまい、PK。
これを蹴るのはパターソン。
しっかり決めて、パティゴーーーーール!


予想外なことにシェラフが先制で始まった試合でしたが、
今日はロホスの中盤が元気。
トンプソンもパンドも週末の試合はお休みしてたからなぁ。
まあパンドは出場停止だったんだけれど。


シェラフみたいにガンガン上がって来ない相手だと、
ロホスのDFでもすっごく安定して見える。
土曜日のハラパ戦、ハットトリックを決めたアペラニスは
「ロホスのDFは遅いからやりやすかった」って言ってましたけれどもね。
まあ、あの日と今日とでは顔ぶれが違うか。
今日はCBに入ってるビデス、クベロにしっかり張り付いています。


にしてもやっぱり結構一方的にロホスが押し込んでおりますねぇ~。
23分、パンドがDFを交わしてエリア内に切り込み。
ホセ・ロペスがパンドのシャツを引っ張って倒し、PK。
パンド自らがPKを蹴る。
蹴る手前でスピードを落としてフェイント、
リズムを崩されたパティちゃんの動きを見て反対側に蹴りこんでゴール。
お互いにPK1つずつで同点になってしまいました。


うーーーーん。
シェラフ、シュート撃たせてパティちゃんに任せる作戦ですか?
ロホスは簡単にエリア内に入りこんでる。
シェラフ、全然プレスに行かないから、中盤やられ放題。


ロホスはトンプソンがピニェイロにガンガン行って、
自由にボールを繋げさせない。
シェラフの攻撃は、ボールを拾うととにかく縦に入れる。
ピニェイロなんかは横に動くこともあるけれど、
あまりサイドチェンジもないし、わかりやすいんだよなぁ~。
シルバがいないと好漢クベロも生きてこないんだよねぇ。
攻撃は左サイドからが多くて、トゥカン・ゴドイは一体絶対どこへ行ったんだ?


前半終了間際、フレディのクロスをアセベドが蹴りそこね、
シェラフがかろうじてクリアー。
つづいてフレディ・ガルシアからのクロスに
アセベドがヘッドで合わせたボールはバーにあたって跳ね返る。
詰めていたプラタ、辛うじて触るものの、ボールはあっちの方向へ。


得点できそうで得点できない、最近のロホスのパターンです。




60分、サナブリアが出てホセ・サカリアスが入る。
攻撃を厚くするのが狙い。
その狙い通り、中盤で少しボールをキープできるようになってきたシェラフ。


61分、ビデスとクベロが競る。
競り勝ったクベロに、ビデス、一発お見舞いしたらしい?
クベロは倒れてうめいているけれど、プレーは続行。
その直後、エレーラがチャロにスライディングでイエロー。
わらわらと人が集まったところで、好漢クベロ、審判に、
「ワシも殴られて血ぃ出たんやけれど」と一生懸命アピールする。
だけど、聞いてもらえない。かあいそ。


その直後、エレーラですか?ミドルというよりはロングシュート。
シェラフのほとんど唯一のシュートらしいシュートでしたが、
ペネドが正面で抑える。


70分、フレディ・ガルシアのミドルがネットに突き刺さる・・・・・・んだけれど、
主審がファウルの笛を吹いた後で無効。
マニア・アルビスーリスとエスタクイの足が
指きりげんまんのように絡まりあって・・・。いやん。
エスタクイのファウル。


80分、プラタが下がって、マルビン・アビラが入る。
ケガ上がりのプラタ、右足が痛み出した?自ら交代を頼んだみたい。


シェラフのDFもとにかくなんとか踏ん張って、1-1のまま試合終了。
PK戦だぁ~。




今まで見せ場のなかったペネドと、大忙しだったパティちゃん。
シェラフはタウロ戦に続いてPK戦ですか・・・。
最初に蹴るのはロホス。

パンド ○ 再びフェイント攻撃

パターソン × 蹴ったボールをペネドが止めたけれど、主審はペネドが前に出たとしてやり直しを指示。ふんわり蹴ったボールはペネドの長い足の先に当たって跳ね返る。ペネド、両手を開いて、これで文句あるかぁ!のポーズ。はいはい、わかりました、わかりました。

アセベド ○ 

サカリアス ○ パンドに学んだ?フェイント攻撃。

ガルシア ○

スイシェル × 左に蹴ったボールをペネドがキャッチ。

トンプソン ○ 右隅に決まって勝ち抜き決定~!!

ペネド、チームメイトに祝福されながら、下を向いてにっこり満足の微笑み。


フラド親分は、ロホスの選手たちとも抱擁を交わしてお別れ。


モンソン親分は涙ぐみながら。
「選手たちはよう頑張った。すべて、選手たちのお手柄だ。ワシも嬉しいよ。
 シェラフもようやった、ようやった」。
興奮のあまり、声が上ずっております。


シェラフのフリオ・エスタクイ。
「残念。ハードに練習もして、勝ちたかったけれど、ペナルティーは運だからね。
 この後は、リーグで頑張るよ」。


好漢ジョニー・クベロ。
「どっちが勝ってもおかしくなかったけれどね。
 ペナルティーの練習もしてきて、うまくいっていたんだけれど、
 こればかりは運だから。ロホスにはこの先も頑張ってほしいね」


攻守の要、チャロ・ロメロ。
「90分の間に点を取りたかったけれど、うまくいかなかった。
 幸い、ペネドがよくやってくれて、次に進めたけれどもね」。
ケガ上がりのチャロ、試合中にまた膝を痛めたようで、
左膝はぐるぐる巻きにして帰って行きます。


シェラフ、走れていなかったのが敗因では。ロホスは薄氷の勝ち抜き。
ロコ・ロドリゲスが戻ってくれば、もう少しは攻撃力も増すとは思いますが。


UNCAFの残りの3試合はまとめて明日にあります。
→これは私の勘違い。2試合が明日、1試合が明後日、が正解。
明日はバルサの試合もあるし・・・、一体何を見たらいいんだ、私。


【追記】動画の追加


*タグ/ムニシパル(クラブ) シェラフ(クラブ)

コメント

試合見ました。PKに始まり、PKに終わりましたね。

ロホス、やっぱり少し調子を落としているんですかね?
あれだけ押し込んでいながらPKによる一点だけとは。
よく守ったシェラフも昨シーズンの決勝のマルケンセ戦のように
勇気を持ち、もっと前へ出て戦ってほしかったです。

中年GKパターソンもとってもよく頑張りましたが、
移籍間もないペネドがヒーローとなりましたね。
またクベロにピッタリくっついて全く仕事をさせなかった
ビデスも良かったんじゃないでしょうか(ビデスコールが
起きていませんでした?)。

ロホスがこの大会と、CONCACAF杯でも優勝して日本に来る、
なんてことに・・・(遠い目)。

>SHEさん

ロホスのおじさんFWコンビ、前半はまだ良かったと思うんですが、後半は全然でしたね・・・。
この2人が未だに前線に並ばざるを得ないところが、ロホスの問題なのかな、という気が。
ロコがいれば違ったんでしょうけれど。

シェラフ、私結構好きなんですけれど、とにかく中盤がダメですよね。
ピニェイロも頑張っているんですが、フィットしてないし・・・

ビデス、ものすごく良かったです。
ハラパ戦、アペラニスを押さえていたのはビデスくらいだったのに途中交代になってムッとしていたんですけれど、その悔しさをこの試合で晴らしましたね。
成長が楽しみな選手です。

・・・・・・にしてもクベロは可哀想でしたが。

ロホス、UNCAFの優勝は過去1回でしたっけ?あるんですが、CONCACAFレベルになるとまだまだですねぇ~。
ペスカドがロホスに帰ってきて、DFをもうちょっと強化すれば?ひょっとして間違ってCONCACAF優勝しないかな??

試合翌日のコメント集

まずは、この試合のヒーロー、ハイメ・ペネド。

「PK戦の前、GKコーチのロヘリオ・フローレスから
シェラフのキッカーについて少し教えてもらったんだ。
パターソンについては、どう蹴るのか、もう見てたしね。
最初のはしっかり蹴ってきたけれど、2回目のは少し迷ったみたいだ。
それで止められたってわけさ」。

「リーグについては、一番大切なことは勝ち点を稼ぐこと。
どのチームも、ウチを倒そうとしてくるから、大変なんだ。
でも、このままでいいわけがないだろ」。

「誰が正GKかってのは2番目だね。大切なのは、勝つことさ」。

この試合で、ペネドの獲得に疑問を持っていたインチャのハートをもつかんだ・・・という噂です。


次いで、もう一人のハイメ、ビデス。

「この試合では興奮したよ、だけどまだまだだ。
ライバルは段々強くなっていくし」。

「俺たちはしっかり集中してたし、しっかり役割を果たせたと思う。
まあ楽には勝てなかったけれど、最後にはうまくいったね」。

「今度はリーグ戦の首位をキープして、
UNCAFの方は決勝に出られるように気持ちをひきしめないと!」。

その調子でU-23の方も頑張ってねっ!


敗戦の将、カルロス・フラード。

「ホームで勝てんかったのが最後まで響いたな。
マテオ・フローレスでは、選手たちは力を出し切ってくれた。
準決勝に進めんかったんは残念やけど、
チームがこんなにまとまったんは始めてのことや。
ロッカールームもいい雰囲気で、皆勝つ気でおったんにな」。

「パターソンがPKを失敗するとは思わんかった。
この試合でも既に1つ決めとったし。
あの失敗は、大きかったなー」。

お疲れ様です。今度はリーグに集中して、いい試合見せてください。

ペスカドはこないだの動画を見るとダラスでの生活を満喫してそうですからねえ。
ともあれ2005年はコスタリカ人至上主義のサプリサが決勝でプーマスを下して
日本へ来てますから、ロホスにも決して夢物語ではないと思うんですけどね。

>SHEさん、

ペスカド、ダラスの生活が気に入っているみたいですもんね。
ダラスで活躍できるんなら、そりゃMLSの方がいいよなぁ。

サプリッサ、やっぱり強いですよね。
コスタリカ全体のレベルが高いんだなぁ~と。

最近のグアテマラ国内も、サカパやハラパといった中堅どころがすごくいいので、
全体的なレベルが上がらないかな?と密かに期待しているのですが、
ロホスとクレマは全然勝てず、マルケンセとシェラフはつまらない試合ばかりで、
いやもう・・・・・・。

サカパ、ハラパ、ともに外国人監督なんですよね。
で一方、ロホスとクレマはグアテマラ人。
ひょっとして、原因はそこにあるのかしらん・・・・・・

そういえばペスカド、先週末のヒューストン戦でクラークに
思い切り蹴られた揚句、退場を宣告されていましたが、
何が起こったのか分かりますかね?自分で歩いて帰って
いったので大きな怪我はなさそうでしたが。

中堅、下位チームの頑張りがリーグを盛り上げて活性化させることは
間違いないでしょうし、いつも同じチームが優勝するのは面白く
ありませんが、UNCAF杯を控えたロホスの躓きはちょっと心配ですね。
序盤はあんなに好調だったのに。

グアテマラ人の国民性に例えば日本人のような、
同じ日本人だと甘えが出てしまうような部分があるんでしょうかね?
(日産やマツダなんかが外国人社長にして再建したように・・・)

>SHEさん

ペスカドの件は、私も同じ程度のことしか知りません。
なんで蹴られたペスカドまで退場?
昨日のオープンカップですか?ではプレーしていた(でも負けた)ので、ケガというほどではなかったようです。

ロホス、DFが悪い、ってよく言われるんですが、
むしろ得点力ががたっと落ちている方が重症かなぁ・・・と。
出だし良かったんで、油断しちゃったのかなぁ~、
疲れもあるかもしれませんが、それにしてもちょっとね。
内容があまりにも悪すぎです。

ロホスのモンソンも、クレマのチノ・イバンも、
そろそろクビ?って言われてるんですが。

ロホス、アルゼンチン人のトロッセーロでうまくいってましたから、
比較されるモンソンは大変なんですが。
今週末のマラカテコ戦次第では、あるいは・・・。

クレマは、外国人監督を雇うお金ないだろうから、
こちらは安泰でしょうけれど。

おまけですが

ペスカドを蹴飛ばしたリカルド・クラーク。

9試合の出場停止と罰金$10,000になったそうです。
でもペスカドのレッドは?取り消されないのかな??

ゴール前でハイボールを競った時、ダイナモの選手の上に落ちたっぽかったですが、クラーク、それに怒ったんでしょうかね?

クラークは現役の代表選手であり、あの程度の競り合いであそこまで
激昂するとは考えにくいので、人種差別的な発言でもあったのかとも
思いましたがどうなんでしょうね。それでもサッカー選手があんなに
思い切って蹴ってはいけませんが。

ロホス、前線の平均年齢が高いですからシーズンを乗り切るスタミナが
ないのかな・・・。

>SHEさん

クラーク、どうなんでしょ。
ニュースで見た限りでは、人種差別するヒマもなかったように見えましたが・・・
マジで蹴っ飛ばしてましたもんね。
ホント、どうしちゃったんでしょうね。

ロホス、平均年齢が高いというか、約2名が高齢化しているというか・・・。
昨シーズン末、8名を切り捨てたロホスでしたが、
アセベドとプラタもいい加減引退生活かな?と思ってたんで、
2人とも現役続行にはびっくりしました。

もちろん、体調も良い&体力もある、ということなんでしょうが、
若手の活躍の場を奪ってしまいますからね。
もしどちらかが引退していたら、
セルビン・モッタはロホスに残っていたかな?
プレーの機会はあったかな??
などと考えると、ロホスはなんとももったいないことをしたなぁ~と。

モッタは「ロホスにいてもプレーのチャンスないし」
という理由で移籍したみたいですし。

逃した魚はでかかったかも。

ビデオの追加

画質はあまり良くありませんが、この試合の動画を発見したので、本文にアップしておきます。

ついでにビデオというタグもつくりましたので、この先他にアップするようなことがあれば、このタグから探していただけるかも・・・です。

このビデオ見て、やっぱりパティちゃんのPK失敗がこの試合のすべてだったんだなぁ~と。
悔しそうな顔がすべてを物語っていますよね。

おぉ動画ですか、いいですね。

ロホス、来シーズン以降のFWの編成はどうするんでしょう。
アセベド、プラタの他はアスプリージャ、ロコ・ロドリゲスですか。
アスプリージャも信頼を失っているようですし、ロコは軸になる
タイプのストライカーではありませんからね。外国人を連れて来るのか
将又バイエルンのように国内の他クラブから引き抜くのか・・・。

FW求む・・・

>SHEさん

タイミングよく?ロホスがUNCAFのモタグア戦を前にして補強を考えてる。
という話が出てきました・・・・・・。
間違いなくFWの補強でしょうね。
でも一体どこから連れてくるんだい?

やっぱり来シーズンまで待てない、かぁ。

昨シーズンはエドウィン・ビヤトロを移籍させながらほとんど使わず、
1年でさよなら。
今シーズンはアスプリーヤでどうにもフィットせず。
最近のFWの補強はどうにもうまくいってないんですよねぇ・・・。
なので、こんな時期に補強したところで?と思うんですが。

国内クラブから引き抜くとしたら、エレディアのジョニー・ブラウンとかどうかな?
でも下部組織から引き上げられるなら、それが一番いいですけれどもね。

ビヤトロ、快足でゴール後には確か宙返りをして見せるんですよね。
現在のロホスには彼のような活動的な選手が欲しいところでしょうが。。。

>SHEさん

ビヤトロ、よく宙返りしてますよねぇ~。
ホントに身軽で、速くて、ニックネームの通り、ベナード(鹿)みたいです。

ロホス、個人的には、
カルロス・フィゲロアを右サイドで使い、
ロコを左で使って、
真ん中にアセベドなりプラタなりを置けばいいのに・・・
と思っちゃいます。

ボランチはトンプソン1枚でいいです。
て、私バルサ好きなので、こういう発想になっちゃうのかもしれませんが。

まあ何よりも、とにかく繋がらないパスを何とかしないことには、どうにもならないような気はいたしますが。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/98-3f27f4ee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。