スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9節 ムニシパル - ハラパ アペラニス独演ショー 

ムニシパル 2 – 4 ハラパ
9月22日15:00、国立マテオ・フローレス競技場(グアテマラ) 
主審:フアン・カルロス・ゲーラ


この試合、スタジアムに行って見てきました。
家を出ると雨が降り始めたので、屋根付きパルコで回りは皆ロホスのインチャ。
特にロホスインチャではない私も、ロホスの応援してないと殴られそうなので、一応応援。


このカード、ロホスのホームではロホスの8勝1敗2分なんだそうです。
ハラパが唯一勝ったのは2001年。
昨シーズンは7-0という記録的なスコアだったんですが。


ムニシパル
GK: モッタ
DF: ビデス、メルガル、メディーナ、ルアノ
MF: ガルシア、ロメロ、ゲバラ、フィゲロア
FW: アスプリーヤ、ロドリゲス
アルビスーリスの代わりにビデスが入り、ルアノが右サイド。
パンドはこの試合まで出場停止です。
ペネドはベンチ入りすらせず。生ペネドが見たかったよう。


ハラパ、おニューのユニですね?
白で、襟と脇の下が黄色。背番号は緑。すっきりしていて格好いい。
GK: ソト
DF: デ・パス、カストリーヨ、カブレラ、ガヤルド
MF: 、カルドナ、マルケス、エンリケス、チャコン
FW: アペラニス、ドス・サントス


試合が始まった頃には、もう雨も小降り。間もなく日が照ってきました。


試合開始早々、フリオ・エンリケス・メヒカーノスがケガで交代。
代わって入ったのはオサエタ。
エンリケス、担架に乗って、ロッカールームに運ばれたらしい。大事ないといいですけれど。


9分、カルロス・フィゲロアのCKからヘンリー・メディーナがヘッドでゴール。
メディーナをマークしていたはずのDF、マークしきれてませんでした。


11分、右サイドから撃ったオサエタのミドルが、ファーポストに当たって撥ね返る。
飛び込んだドス・サントスが撃ったボールも同じポストが跳ね返す。
ドス・サントス、もう一度押し込むことはできず。
すごいぞ、ポスト。モッタいらんじゃん。


13分、エリアの外2mほどのところでハイメ・ビデスがアドリアン・アペラニスを倒してFK。
ジャン・マルケスのFKは上のバーに当たって外へ。
ポストに負けてはならずと、バーも大活躍。


20分、半月手前10mくらいですか。ハラパのFK。
アペラニスが蹴ったグラウンダーのボールは、右のポストに当たって、今度はゴールの中へ。
とにかくやっぱりポストです。


37分、ハラパのゴールキック、アペラニスが右サイドをドリブルで上がり、シュート!
モッタがこれをはじくものの、ゴールライン沿いにこぼれたボールをアペラニスが拾ってシュート。
どうしてあんな角度のないところからでも入るの・・・・・・?
アペラニス2点目。
アペラニスをマークしていたのはメディーナだけれど、完全に巻かれてました。
どころか、メルガルとかルアノも、全然追いついてなくて、
無人のゴールへボールが転がって行くころに、やっと追いついている・・・。
アペラニスが速いのか、DFが遅いのか・・・。


前半も終わり頃、ロホスが何度かハラパゴール前に襲い掛かる。
だけどシュートはいつも枠の外へ。
その度に、ハラパGKマイノル・ソトは歩いてボールをもらいに行き、
亀よりもゆっくりと戻ってきて無茶苦茶丁寧にボールをセット。
それからのんびりと後ろへ下がり、やーーーっとこキック!
スタンドからはもっのすごい野次。あまりの遅さに、3回目くらいかな?遂にイエロー。


Rojos vs Jalapa後半開始と共に、また雨が降り始めた・・・・・・
ロホスは2人まとめて選手交代。
フィゲロアに代わってマルビン・アビラ、
ゲバラに代わってマリオ・アセベド。
ううううう~~~ん。FWを増やすのはいいと思うんですが、
アセベドとアスプリーヤの2人を並べるんですか???
で、この2人目掛けてクロスを放り込むんですね?????



まあ、ロホス、この後UNCAFのセカンドレグがありますから、
そちらの方も考えないといけないんでしょうけれど。
フィゲロアを下げたのが温存するため、というのならわからないじゃない。
でも、この試合、どうやって戦うの?


と思って見ていたんですが、やっぱり中盤はハラパに支配されるようになってしまった。
ロコが下がってMFするんですが、
ロコの動きって、エリア内に切り込んでくるところが脅威だと思うんですけれどもね。
そんなシーンもなくなってしまった。
ロコちゃんも今までのキレがなくなってますかね?
ケガあがりのチャロはまだ本調子じゃないみたいだし、
アビラは未だに皆とリズムが合わないみたいで・・・。
フレディ・ガルシア一人で頑張るんだけれど、いやはや。


前線にいるデクノボー2人は、まったくの役立たず。
背は高いくせにハイボールでも負けてるから、「クロス放り込み大作戦」も全然機能しない。
ハラパのDF、カストリーヨやカブレラなんかがしっかり抑えてしまっていて、
たまにあたっても全部枠の外へ飛んで行く。


57分、左サイドへ出たボール、アペラニスがフリーでいた。遅いよ、メルガル。気がつけよ。
右へ出したクロスをメディーナがクリアしようとして足に当てるんだけれど失敗、
その右にいたドス・サントスの前へ。
ドス・サントスが押し込んだボールはニアポストにあたって、ゴールの中へ。


スタンドはしーーーーーーーん。
向いのバックスタンドではくじけずに応援が続いていますが、
メインスタンド側ではロホスへのブーイングが増えてきた。


20分、放り込まれたクロスを、ハラパDFがヘッドでクリアーしたボールは横に落ちる。
そこにいたフレディが珍しく撃ちそこなって、ボールは横へ。
心の準備が出来ていなかった?エディ・カブレラがクリアーしようとして空振り、
そこへ詰めてきたロコちゃんがシュート~!
これでスタンドは生き返った。2-3です。


あと1点欲しいロホス、26分、ビデスが出て、マルコ・パッパが入る。
DFを切って中盤を厚くし、もっと攻撃しましょ。ってことなんでしょうが・・・・・・。
小僧曰く、「ビデスより、アスプリーヤ下げろっ!!!」
ごもっとも。


ハラパも交代。
ジャン・マルケスが出て、フアン・オレヤナが入る。
ボランチ同士。マルケス、U-23もプレーしてますから、疲れてたかな。


32分にはフアン・ホセ・カスティーヨが入り、ホルヘ・ドス・サントスが下がる。
これもFW同士の交代。
ハラパは守備が固いので、特に守備固めする必要ないってことか。


34分。中盤にこぼれた球をハラパの誰かが右サイドからクロス。
パッパが奪おうとしたボールをオサエタですか?が左にいたアペラニスへ。
アペラニス、ルアノを交わしてシュート。
モッタ君、見送るだけ。
メルガルは、もたもたしているだけ。
アペラニス、ロホス相手にハットトリック+1アシストです。


それ以降、メルガルがボールを持つ度に、もっのすごい野次。
メルガル、ボールを持つとゆっくりと上がって、誰に渡そうか考えるみたい。
考えてフィードしてる割には、なぜか相手にボールが渡っているんですが、
もう時間もないんだから、さっさとボールを前へ送れよ!!と皆怒鳴ること、怒鳴ること。


でも試合はこのまま終了です。


終了間際にこんなシーンもありました。
ハラパ、ロングボールを右サイドへ。アペラニスが走って追いかける。
追いつくとくるっと後ろを振り返るんですが、ここで追いかけてきたチャロ・ロメロとご対面。
立ち止まって見詰め合う2人。なんだか笑える。
で結局、アペラニス、チャロにボールをぶつけて外へ出す。


ま、とにかくアペラニスのワンマンショーな試合でした。
ハラパ、前線も良ければ、中盤も頑張ってるし、DFも固い。
これでどうしてホームで勝てないんでしょうね?


ロホスはとにかくダメ。
アスプリーヤとメルガルへのブーイングはものすごいですが、2人だけの問題ではないような。
中盤でボールを支配できない、DFは遅すぎて間に合わない。
後半はDFライン下がってましたが、それで良くなったわけでもないのはどうして?


負けはしましたが、小僧にとってはそれなりに楽しかったようです。
近くに、ものすごいボリュームでものすごい汚い野次を飛ばしているお兄さんがいたんですが、
そういう「汚い言葉」や「野次」が新鮮だったようで、後半にはしっかり小僧も参加しておりました。
・・・・・・いいのか、こんなことで。


【追記】動画をリンクしておきます。



*タグ/ムニシパル(クラブ) ハラパ(クラブ) LNF07年開幕(ビデオ)

コメント

うわー、初の生観戦レポ!

いやあ、ポストやバーまで参加しての楽しい試合だったようで何よりです。
負けたのは残念だけど……。
写真もすごくいいですね!
……観客席がとっても綺麗で……v-16
小僧さんも新しい語彙が増えてますます立派なインチャにあわゎゎゎ。

でもやはりスタジアムまで見に行く人たちは小僧さんmonjablancaさん含め
心底サッカーが好きな人たちなんだな、と思いました。
ふふふ、アトランテ観戦も実現するといいですね。
お待ちしてますよ~。

奇麗でしょ、観客席。

>亀さん

この試合はガラガラだったんで(まあ、ロホスインチャの人は来なくて正解だったかも)、キタナイ観客?がいなくて奇麗だったんですよねぇ。
多分、UNCAFの試合の方にはもうちょっと来るんだと思います。

小僧って、自分がプレーしてる時に大きな声を出すタイプではないんで
スタジアムでのブーイングには、実はびっくり。
立派なインチャになるのもいいんですが(?)、試合で声だせよ、君。

私はあまり行きたくなかったんですけれども、
小僧がどーしても行きたいって、ずーっと前から言っていたので、
土曜日の午後という比較的動きやすい時間帯だったこともあって
泣く泣くバルサの試合を見ずに行って来たのでありました。

雨が降り出したので「雨も降ってるし、やっぱり止めようよ」とか一生懸命説得工作もしてみたんですが、効果なし。
まあ、そんなに行きたいんならいいかぁ。と覚悟。

負けたけれどね。

私は生アペラニスが見られて良かったですよ、とりあえず。

アペラニス、残念(?)ながらウルグアイ人でしたかぁ。
過去ペニャロールに在籍していたとのことで・・・納得。

アペラニス

ウルグアイ人・・・。帰化する気ないかな???

で、そうなんです、ペニャロールからド田舎クラブのハラパ。びっくりです。
監督がウルグアイの方なので、そういうつながりなんでしょうが・・・

チームの皆はアペラニスに任せれば何とかしてくれる!という信頼感があるようで、これからもっと良くなっていくんじゃないでしょうか。

昨年のシルバを中心にしたシェラフがちょうどこんな感じでしたもんね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/93-55cfe6f0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。