スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UNCAFクラブ杯、準々決勝始まる! 

モタグア(Hon) 1 – 0 サン・フランシスコ(Pan)
9月18日19:00、国立ティブルシオ・カリアス・アンディーノ競技場(テグシガルパ)

UNCAFクラブ杯の準々決勝、今日は1試合で明日が3試合。
今日の1試合、モタグア(ホンジュラス)とサン・フランシスコ(パナマ)の試合、
GolTVで放送があったので見てみました。


と言っても実はCLのチェルシー vs ローゼンボルグを見ていて
「あ、そーいえば、今日UNCAFがあるんだった」
と気がついてチャンネルを切り替えた時には前半30分を既に経過。
というわけで、最初の方は見ていませんが、まだ0-0でした。


にしてもヨーロッパの試合と比べると、断然違うのがプレーの速さというか遅さ。
一つ一つのプレーが遅いし、取り合えずボールを蹴ってます、なプレーも多くて、
まだまだ差は歴然・・・。いつか追いつけるかしらん。


さて試合の方は、圧倒的に攻撃してるのはモタグア。
ホームの利もあるかも・・・ですが。
モタグアのインチャの皆さん、ずーーーっと歌ってましたねぇ、そう言えば。


一方、ずっと叫んでいたのがサン・フランシスコのカントク。
DFに「追え、追え!!」って、子どもじゃないんだから・・・・・・。
「上や、上って言ったやろ、バカタレ~!」という罵声もはっきり。


もう一人のカントク、前グアテマラ代表監督で現モタグア監督の
ラモン・マラディアガがすごく大人に見える・・・。って大人ですからアタリマエなんですが。


試合を見出してまもなく得点。
モタグアのCK、ヘッドであわせたボールを
サン・フランシスコのDFが一旦はヘッドでクリアーするものの、
モタグアのスティーブン・ブライスが拾って難なくシュート。


後半最初の頃は、モタグアの怒涛のような攻撃でサン・フランシスコは防戦一方。
でも相手のGKの好守もあり、追加点ならず。
70分くらいからですか、サン・フランシスコも少しはボールを持てるようになり、
相手のゴール前にも顔を出すようになる。


なのに、どうしてそこでシュートせずにパスするの?なプレーもあれば
勇気を出して撃ったシュートは枠の外。うーん・・・。


モタグアも攻めている割にはゴールできないし。
おまけに、サイドチェンジしようとしたボールでしたか?は
テクニカルエリアにいるマラディアガを直撃。恨みでもあった~???


1-0という得点は、もちろん勝った方に有利なんですが、
とっても有利かと言えばさほどでもなく。
サン・フランシスコだって、ホームではもちっとマシな攻撃できる・・・よね?
今日の試合を見る限りでは、モタグアの方が圧倒的に良かったですが。


この両者の勝者が、ロホスとシェラフの勝者と対戦することになるんですが、
ロホスもシェラフも調子悪そうですからねぇ。大丈夫なんだろうか・・・。

コメント

モタグアのロボ・ゲバラ、サン・フランシスコのブランコ、ともに
チームのキャプテンで二人とも高度のテクニックとパスセンスを持っており、
国内でプレーしているような選手ではないので、グアテマラに来ませんかねぇ。

特にパナマのサッカー環境はまだまだ劣悪なものらしいので、
30手前のブランコの獲得は決して非現実的ではないと思うのですが。
こないだのグアテマラ戦でも点を取りましたしね。

>SHEさん

おや。パナマのサッカー環境ってそんなに悪いんですか・・・。
偶然空港で見かけたタウロの選手やペネド、審判のモレーナさん、
皆すらっとしてて格好良くて、ええなーパナマの選手v-345
な私的には、どんどん来て頂いていいですが・・・、
グアテマラじゃあ、あまり魅力ないんでしょうね。

ペネドが来たことで、これからグアテマラがオプションの一つになるようだったら嬉しいですが。

ホンジュラスは、グアテマラを格下だと思ってるから、来ないでしょう。
行くならやっぱりお金の稼げるMLSがいいかなぁ~。
ベッカムにも会えるし?

ホンジュラスには1982年ワールドカップに出たプライドが
あるんでしょうかね(そういえばエル・サルバドルも出てました)。

でも今やMLSのギャラクシーでベッカムのチームメイトとなり、
今年の黄金杯では得点王に輝いたホンジュラス人のパボンは
確か数年前にはクレマにいたんですよね(34試合19点・・・?)。

近年はかなりサッカーにも熱が入っているようですが、
パナマと言えばまだまだ野球。グアテマラの金銭的な待遇や
サッカー環境には詳しくありませんが、パナマよりは
しっかりしているんじゃないですかねえ。

パボン!

>SHEさん

そうそう、プライド高いですよね、ラテンの人たち。
傍から見ると、どんぐりの背比べなんだけれど・・・。

そうなんですよ、パボン、いたんですよねぇ、クレマに。
ミルトン・タイソン・ヌニェスもいたっけ・・・
あの頃のクレマは、結構金に糸目つけない系でしたが、
今はその金がないからやっぱり無理かぁ。

中米域内(ってグアテマラからニカラグアまでなんですが)、
最近はイミグレも税関も廃止の方向。
UEFAみたいに、域内の国籍の人はどこでもプレーできる!みたいになったら、
もう少しいろいろと活性化しないですかねぇ。

それとも、グアテマラに外国人ばかりが増えて、代表が弱っちくなるだけかな。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/88-412c3d9d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。