スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06/13のツイートまとめ 

xirorin

【グアテマラ・カンテラ事情】小僧は先月カテ上がりして、今はIntermedio(U-15相当、12歳?14歳の子で構成)でプレー。しかし今年は小僧のチームの選手の数が増えて、総勢26名と2チーム分いるらしい。というのはロホスのカンテラからやって来た子が数名いるから(つづく)
06-13 13:22

ロホスって小学校レベルでは3チームを作れるくらい選手の数の多いチームなんだけれど、やって来た子ってその中の一番上手な子たちばかりで構成されているチームのメンバーだったり。その中には以前小僧のチームメイトだった子もいて、その縁で他の子も来たのではないかと思うけれど。(続く)
06-13 13:24

何でもロホスは今シーズンから「クラブでプレーしたければ、ロホスが指定する学校に入学すること」っていうことになったらしい。その学校っていうのはスポーツ選手の養成を目的にした新設校らしく、そういうのを目指す子には確かに良いかも。でも今の学校を辞めて転校するとなるとね?(続く)
06-13 13:27

その措置が中学生以上なのか小学生にも適用されるのかはちょっとよくわからないけれど、そんなわけでロホスのカンテラから選手が大量流失中。それでも残る子はいるだろうし、そういう子にはエリート教育が行われるんだろうな。サッカーとは無縁で入学した子がサッカーに来ることもあるんだろう。(続く
06-13 13:30

長い目で見た場合、最初からそれを目的として入学するような子にはメリットが多いのだろうな。グアテマラのサッカーがそれで変わっていくのかということもちょっとは気になる。ただし移行期にあたった子供達はちょっと可哀想。大抵の子は行くとしたらクレマだろうけれど、クレマ嫌いな子はUかw(続く
06-13 13:32

ただUsacの方も2部落ちしたので、カンテラから選手が流出中。というのは、エスペシアルとかU-17とか、プロ予備軍はトップチームの所属するリーグと同じチームで構成されるリーグでプレーするから。だからUに来るのは多分一時的、のつもりなのではないかと。(続く)
06-13 13:35

そんなオトナの事情で子供達の将来が左右されてしまうのはちょっと切ないところ。今日の試合は20人が参加、GKともう1人以外は前後半で総取っかえ、それだとプレー時間が短くなるのも辛いところ。ちなみに小僧が少し前まで在籍していたカテゴリーは、選手の数が足りなかったり(続く
06-13 13:38

大変なこともあるけれど、仲間が増えることは基本的にはいいことではないかなと。もっとも指導者は本当に大変だと思いますけれどね。今日小僧たちの試合を見ながらちらと思ったことでした。ま、それにしても小僧も良く続いてくれて、私も嬉しい。
06-13 13:39

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/767-f7ffa43f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。