スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7節 泥だらけの試合 

ここ2週間ばかり、毎日雷雨の日々が続いております(少なくとも首都は)。ピッチコンディションは最低最悪の第7節も雨が影響した試合があったような。

シェラフ 2-1 ハラパ
9月1日20:00 マリオ・カンポセコ競技場、主審:ウーゴ・カスティーヨ

シェラフはGKのフェルナンド・パターソンが右足負傷のため、水曜日の試合に続いてマルビン・バリオスがゴールマウスを守る試合となりました。
14分、ジョニー・クベロのゴール!左サイドからふわっと上げたボールはきれいにゴールマウスの中へ吸い込まれて、クベロ、今シーズン初ゴール。


調子を上げてきているハラパは28分に同点ゴール。フリオ・セサル・エンリケス・メヒカーノス、こちらは右サイドから上げたボールがゴールマウスの中へ吸い込まれ。というわけで前半は1-1。


後半入ったホセ・サカリアス・アントニオがシェラフの攻撃を活性化させたようで。59分、サカリアスのクロスに、クリアしようとしたDF、ちらりとかすめることもなくそのままエルウィン・ゴドイの元へ。トゥカン・ゴドイが難なく決めて2-1。シェラフ、この後はしっかり守って勝ってます。


ムニシパル 3-3 サカパ
9月2日11:00 国立マテオ・フローレス競技場 主審:エルマル・ロダス

24 分にCKからフアン・カルロス・プラタ(ムニ)がヘッドで決めてゴール。マークをうまくはずしたプラタらしいヘディングでした。ところが32分にはパブロ・メルガル(ムニ)が相手のクロスをクリアーしようとして自分のゴールにヘディング。いやあこちらも実にいいゴールでしたよ・・・?あ、モッタ(ムニGK)が怒ってる・・・。36分にはジョアオ・シルベイラ(サカ)がDFビデス(ムニ)をまいてゴール。サカパ1-2とリード。

43分、ロルマン・サンドバル(サカ)のしつこいマークにギジェルモ・ラミレス(ムニ)が肘打ちしてレッド。顔面に入ったこのエルボーで、サンドバルは鼻骨骨折かも。サカパは医師を帯同してきていなかったため、ロホスのドクターに付き添われて病院入り。チャロ・ロメロをケガで欠くロホス、攻撃の起点はパンド・ラミレスだったんですが、だめじゃん、パンド。よいこの皆さんはマネしちゃだめですよ~。


休憩の頃から小雨が降り出し、やがて本降り。ロホスはセルヒオ・ゲバラを下げてマリオ・アセベドを投入。1人少ないロホス、MFを切ってFWを3人にするなんて、負けているとは言え大胆。


が実って?52分、エリア内でロコ・ロドリゲス(ムニ)がコントロールしようとしたボールをビクトル・エルナンデス(サカ)が手でコントロールしてしまってPK。アセベドが決めて同点。


59分、段々雨が本気で降ってきた頃。スローインを受けたセルビン・モッタ(サカ)がエリア外からシュート!するもポストに当たって跳ね返る。跳ね返った先にいたロホスの誰かがクリアー。


66分、ジョアオ・シルベイラとハイメ・ビデスの2人がボールを競って追いかけたところで、シルベイラがビデスの顔面にパ~ンチ!でレッド。これで一発レッドは厳しい?という気もしますが、暴力はいけませんよ、暴力は。


ここまで1人少ないというハンディを感じさせなかったロホス、カルロス・フィゲロアに代えてマルビン・アビラを投入。70分頃から雨が激しくなってきます。


さてこの試合最大の問題プレー。72分、クラウディオ・アルビスーリスの上げたクロスにロコちゃんとGKホセ・フアレス、DFエドウィン・エンリケスが競り合い。フアレスが触ったものの雨で滑ったか?ボールはポロリ。その3人がもつれ合って落ち、フアレスの上にロコ・ロドリゲスが落ちたものだから、フアレスが悶えている間に、プラタがこぼれたボールを奪ってゴール!


ところが線審がロコのファウルを取っていたものだから、サカパの一同猛烈に抗議。でも実際にはロコはGKに触っておらず、フアレスの上に落ちたのはDFの選手がロコをかついでしまったため・・・。近くにいた主審にはちゃんと見えていたようで、ファウルを取らず、プラタのゴールを記録。サカパのルイス・ダ・コスタ監督、抗議しすぎて退場。


80分、さらに激しさを増す雨。でボールコントロールがままならない両チーム。サッカーというよりは、どつきあい&滑りあいになりつつあるような・・・。スライディングするとつーっっっと3mくらい楽しそうに滑ってますね、皆さん。84分、GKと一対一になったアセベド、絶好のチャンスだったのに、目の前のGKにぶち当ててどーする。


93分、左サイドから上がったクロスがパウロ・セサル・モッタのゴール前に。セルビン・モッタとビデスがもつれて倒れる。どうもビデスのファウルみたいなのだけれど、早くお家に帰りたい主審?は流してしまう・・・。


94分、後ろから来たボールを受けたセルビン・モッタ、パブロ・メルガルのマークをはずし(テレビの解説は「一昨日やって来たパブロ」=リアクションが遅すぎると言ってた)、ヘルナン・ルアノも止められず、パウロ・セサルの方のモッタも防げず同点ゴール。


にしても、シルベイラが退場後は、俄然セルビン・モッタが目立っていました。雨でつるつる滑るピッチなのに、メルガルとルアノをフェイントとスピードで交わしてしまうセルビン・モッタって何者!?


試合はこのまま終了ですが、熱い&おもしろい試合でした。ムニシパルは無敗のままですが、先週日曜日のペタパ戦からクレマ、サカパといずれも引き分け。次のマルケンセ戦、チャロ・ロメロは出れるかどうか微妙ですが、パンドはお休み。誰が中盤を仕切るんでしょ?その後すぐUNCAFのシェラフ戦もあります。


サカパはいい試合をしていました。メルガルのオウンゴールに救われた部分もありますが、ルイス・ダ・コスタらしい、攻撃的なチーム。ビデスのファウルがPKになっていたら・・・、多分、PKで同点、キックオフしたところで終了~!というやっぱり同点コースだったかな。シルベイラは今シーズン3得点、モッタは4得点に3アシスト。25歳。モンテペケとかエルナン・サンドバルじゃなくって、モッタ使お~よ、ボリーヨ親分~!


エレディア 1-0 コムニカシオーネス
9月2日12:00 デル・モンテ競技場 主審:ワルテル・ロペス

モラレスは好天。マテオ・フローレス、デル・モンテ、フリオ・アルマンド・コバルと3つのピッチで行われた試合を一応見ましたが、ここが一番奇麗だった。でも暑かったらしくて気温は35.5度。こんな中でサッカーやるのは、我慢大会みたいなものですねぇ。


前半から主導権をとるのはクレマですが、相変わらずゴールが遠い。決め手にかけるまま後半へ。


暑くて疲れた?後半のクレマは「引き分けでいいですよ~」作戦。その作戦が失敗に終わるのは86分。ケニー・レオンの右後方からのクロスにジョニー・ブラウンがヘッドで合わせてゴール!!!


こんな暑い中でこんな風に負けるのは辛いですね。ま、それでも、雨に降られてドロドロになるよりはましなような気が・・・。昨シーズンから10試合負け知らずだったクレマ、久しぶりの敗戦です。


マラカテコ 2-1 スチテペケス
9月2日12:00 サンタ・ルシア競技場 主審:アルマンド・ヤット

詳細がわかりませんが、ゴールは19分にオマール・モラレス(マラ)、47分ワルテル・エストラダ(マラ)、79分にフレディ・サンティアゴ・テイラー(スチ)。

マラカテコ、第1節以来の勝利で最下位脱出。


ペタパ 2-2 マルケンセ
9月2日15:00 フリオ・アルマンド・コバル競技場 主審:フアン・マヌエル・パルマ

試合開始時には雨はほとんど止んでいたのですが、先週も泥沼だったピッチ、今週は更に荒れているような・・・。開始10分で、選手のユニは既に泥色・・・。こんなピッチで試合するなんて、正気の沙汰なんでしょーか、審判さん。


最初のゴールはマルケンセ。ホルヘ・チノ・エストラダがヘッドでGKをかわしてゴール。次いで20分にはセサル・アレグリアがナイスシュート!で0-2。今日こそはマルケンセの勝ち!と思われた試合でしたが。


後半、ネストル・ソリア(マル)が退場になり、ペタパはやっと中盤でボールを支配できるように。66分、ビセンテ・ロセラがゴール。70分、ビセンテ・ロセラがゴール前に襲い掛かったところを、マルケンセのDFがシャツを引っ張って倒したところ、主審はPKを指示。ところがこのプレー、エリアの外だったからさあ大変。


まあ、この頃になるとラインも消えている部分がかなりあって、問題のプレーがあったところもラインが見られなかった・・・という事情はありました。でも、シャツを引っ張ったのは明らかにエリアの外。倒れたのがエリア内。


でエドガル・メダ(ペタ)がPKを決めて同点。


勝てる試合を不運にも落としてしまったマルケンセ。どこまで続くトリゲーニョの呪い・・・。


試合後のピッチは緑の部分の方が泥色の部分よりも少ない状態。選手も皆、ユニはもとより、顔から腕から足に至るまで皆泥だらけ。この競技場、シャワーがないそうで、サン・マルコスまで5時間かけて帰る選手はお気の毒。とりあえず泥は落として帰途につくようですが、家に着く頃には落としきれなかった泥が固まっているんじゃないですかね?


まあそれよりも、また最下位になったことの方が辛いか。


今節の順位です。

  1. ムニシパル 15
  2. コムニカシオーネス 12
  3. シェラフ 11
  4. サカパ 9
  5. ハラパ 9
  6. エレディア 8
  7. マラカテコ 7
  8. ペタパ 7
  9. スチテペケス 7
  10. マルケンセ 6

ロホスが伸び悩みながらもクレマのつまずきに助けられて首位キープ。まあ、この2チームは順調に行きそうな感じですが、残る8チームは混戦模様。この中からそろそろ抜け出すチームが出てきてもいい頃・・・だと思いますが。
来週はインターナショナルマッチデーでリーグの試合はお休み。グアテマラは総選挙なのでちょうどいいのかも。次節は15・16日の両日に開催されます。


新聞記事のリンクです。

シェラフ×ハラパ
http://www.prensalibre.com/pl/2007/septiembre/02/181303.html

今シーズン初ゴールのジョニー・クベロ。
イスラエル・シルバがなかなか復帰できずにいる間、シェラフの中心はこの人。


ロホス×サカパ
http://www.prensalibre.com/pl/2007/septiembre/03/181343.html

セルビン・モッタの同点ゴールシーン。ってモッタがほとんど見えないけれど・・・。
対するパウロ・セサル・モッタはカンテラ時代からのチームメイト。
モッタ対モッタでもったもった・・・いや、別に意味ありませんが。
セルビン・モッタの横にいるのはヘルマン・ルアノ。


エレディア×クレマ
http://www.prensalibre.com/pl/2007/septiembre/03/181344.html

この試合唯一の得点シーン。
あ、この日のGKはリカルド・ヘレスだったのね。この人も元ロホスな人です。



ペタパ×マルケンセ
http://www.prensalibre.com/pl/2007/septiembre/03/181345.html

ペタパの1得点目、ボールもってトットコ行ってるのは、ビセンテ・ロセーヤ。
この人が黒いのは泥のせいか、はたまた地なのか・・・。びみょー。



マラカテコ×スチテペケス
http://www.prensalibre.com/pl/2007/septiembre/03/181346.html

写真はマラカテコのワルテル・エストラダと仲間たち。
おんぶしてあげてるのがエストラダ・・・らしい。


*タグ/シェラフ(クラブ) ハラパ(クラブ) ムニシパル(クラブ) サカパ(クラブ) エレディア(クラブ) マラカテコ(クラブ) スチテペケス(クラブ) ペタパ(クラブ) マルケンセ(クラブ)

コメント

こんにちは。残念ながら今節は放送がありませんでした。

既にご存知かもしれませんがセルビン・モッタ
http://www.supergallos.com/albums/nueva_plantilla_de_los_supergallos/email.htm

後期までロホスの選手でしたよね。1試合だけピン・プラタと
組んだ試合を見たことがあります。好きな選手(?)がロナウド
というのはストライカーらしいですね。

ストライカーでいうと、既に代表経験はありますがペタパの
マリオ・ナバスの評価はどうでしょうか?186センチと長身で
ハイライトでは足元の上手そうなところも見せていましたが。

最後にトリゲーニョは現在無所属ですか?

元ロホス

>SHEさん

セルビン・モッタ、この間までロホスでしたが、
あまりプレーする機会に恵まれなかったんですよね。
昨シーズンは1ゴール。
今シーズンはとっくにそれを突破していますが、
サカパという攻撃好きなチームに移ったのが良かったのかも。

サカパのサイト、存在は知ってましたが、
今シーズンの選手一覧がアップされていたのは知りませんでした。
ありがとうございます。
写真が大きくていいですねぇ~。縦長で探しにくいですが・・・・

ナバスも元ロホスですね。
と言っても元々はアンティグア出身ですが。
期待されてロホスに入ったものの、レギュラーにはなれず、
去年の冬の移籍シーズンにペタパに移っています。

こちらも期待の若手なのですが、ちょっと伸び悩んでますか?
それでもレギュラーに定着しつつあるようですから、
この先、また活躍してくれるかもしれません。

ロホスの外様FWと言えば、このナバス、昨シーズンのエドウィン・ビヤトロ、
あまり活躍できないままロホスを去っています。
アスプリーヤはどうなる!?てのも実は楽しみだったりします。

はい、トリゲーニョは無所属です。
年末年始の移籍期間までは、自主トレするしかないんでしょうね。
ミゲル・クレーもいいGKですし、
マルケンセが勝てないのはクレーのせいではありませんが、
でも勝てそうで勝ちきれないマルケンセを見ると、
やっぱりこれはトリゲーニョの呪いかぁ・・・?
という気が。

新聞記事のリンク

どうもまたコメント欄のリンクが切れているようなので(Firefoxだけ?)、
記事リンク、本文の追記欄にアップしておきます。

もう少し写真が大きいといいんだけれどなぁ~。

返答ありがとうございます。

クレーは元代表ですもんね、トリゲーニョも早くクラブを見つけて
代表へ復帰してほしいと思います。
ナバスとモッタはともにロホスでダメでしたか。。。

あの色々調べるうえで各チームの公式サイトを
探っているのですが、

クレマ
www.soypurocrema.com/
マルケンセ
www.deportivomarquense.com/
ロホス
www.rojos.com/
ペタパ
www.clubpetapa.com/
スチ
www.deportivosuchi.com/
シェラフ
www.mixelajumc.com/

これらはおそらく間違いないと思うのですが、

ハラパ
www.tigresdeljumay.com/
サカパ
www.supergallos.com/

この二つは公式でしょうか?

エレディアは見つからず、マラカテコはリンクはありましたが、
消えていました。

公式サイト

>SHEさん

書かれているの、いずれも公式サイトです。
ハラパのサイトって最近できたのかな?
以前調べた時にはまだなかったです。
シェラフのもデータほとんどなかったし・・・
私も参考にさせて頂きますe-78

トリゲーニョ、ボリーヨのお気に入りなので、
代表がProyecto Golで練習する時なんかには一緒に練習参加しているそうです。
でも実践からはすっかり遠ざかっていますからねぇ~。
どこかのクラブが拾ってくれればいいんですけれど。

ありがとうございます。

マラカテコとエレディアはやっぱりありませんか?

トリゲーニョはこれを機会に半年だけでも海外へ挑戦してみれば
良かったんじゃないですかねぇ(欧州じゃなくて中米にでも)。

マラカテコとエレディア、残念ながら見当たらないです。
マラカテコは地元で人気ありそうなので、
ひょっとしたらできるかもしれないですけれど、
エレディアは・・・・・・。

エレディアが本拠地にするモラレスは、
先日のハリケーン・フェリックス(グアテマラに来た時には既に熱帯低気圧に成り下がっていましたが)の影響をかなり受けたんですが、
今週末には練習試合などやる予定みたいです。

トリゲーニョ、私も折角だから海外に出ればいいのに。と思ったんですが
そんな素振りさえなかったですね。
この前は、折角スチテペケスが「是非、ウチに」と言ってくれたのに
欲張り爺さん?のマルケンセが「そんなはした金じゃあ、可愛いリカルドはお前のところにやるわけにいかん」
とご破算。

いくらなんでも飼い殺しは可哀相すぎ。マルケンセは婿入り先じゃなかった、
引取先探してやってよ。ってホント思います。

調べていただいてありがとうございます。ありませんでしたか~残念。

トリゲーニョ、どうなるんですかね。そもそもクビになったはずなのに
契約が残っているというのはどういうことなんでしょう。まぁ日本の
Jリーグも確か契約が終了しても移籍金が発生するシステムにはなってましたが。

契約

>SHEさん

マルケンセとトリゲーニョ、今年契約を5年延長したところだったのです。

マルケンセとしては契約そのものを反故にすることはできないですから、
クビって、選手登録しない&練習に参加させない、
でもお給料は払わざるを得ない、
ということだったのかなぁ・・・と。

実は・・・、プレシーズンが始まった頃から、トリゲーニョにやる気が見えなかったので、
マルケンセ、一度は契約延長しない、という方針を打ち出したのですが、
会長がトリゲーニョと直接話して丸く治めた、という経緯がありました。
それにもかかわらずワシントンお散歩事件?なんてのが起こったものだから
マルケンセの会長も遂に切れた。っぽいです。

とりあえず、5年間は何もしなくてもお給料もらえる、ってことなんでしょうね、多分。

なるほど、それでトリゲーニョは他クラブへの移籍に際して
妙な余裕があるというか、海外へ行く素振りも見せなかったわけですね。

マルケンセはお金の無駄になるし、トリゲーニョはプレーできない
わけですから、双方にメリットがないような気もしますが、
そもそもトリゲーニョにやる気がなかったということなので彼にとっては
プレーせずに給料も貰える一番良い状態なのかもしれませんね
(でもトリゲーニョ、代表守護神である君がそれで良いのか・・・)。

やっぱりイギータに渇を入れてもらったほうがよかったのかな。
それはそれで路頭に迷うかもしれませんが。。。

>SHEさん

見ようによっては羨ましいご身分ですが、
給料未払いが横行するこの国ですからね、
プレーもしないで本当にお給料もらってるんか???

個人的にも、マルケンセがダメなら、どこでもいいから他のクラブでプレーするんじゃ!くらいの気合が欲しいところですが、やはりそこは気の小さいトリゲーニョ?
井の中の蛙でいる方が居心地良さそうだもんなぁ・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/76-74395c0d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。