スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月の代表メンバー発表(9月13日トリニダード・トバゴとの親善試合) 

グアテマラ代表、9月は13日にトリニダード・トバゴ代表との親善試合が予定されています。招集メンバー発表。

名前 所属 合宿 試合
GK Ricardo Jerez Figueroa Crema
GK Paulo César Motta Rojos
DF Claudio Josué Albizuris Rojos
DF Gustavo Adolfo Cabrera Crema
DF Rigoberto Gómez Lainez Crema
DF Pablo Sebastián Melgar Rojos
DF Henry Medina Blasac Rojos
DF Jaime Vides Rojos
DF Yony Flores Marquense
DF Néstor Martínez Norales Marquense
MF Marvin Tomás Ávila Rojos
MF José Manuel Contreras Crema
MF Edgar Cotto Crema
MF Marco Tulio Cianni Crema
MF Leonel Noriega Marquense
MF Jairo Arreola Crema
MF Carlos Vinicio Quiñonez Xelajú
MF Freddy Thompson Rojos
MF Gregory Lester Ruiz Marquense
MF Wilfredo Velásquez Suchitepéquez
FW Tránsito Eduardo Montepeque Crema
FW Dwight Pezzarossi Crema
FW Hernán René Sandoval Crema
FW Edwin Roberto Villatoro Suchitepéquez
FW Mario Rafael Rodríguez Rojos

現在リーグ1位と2位のロホスとクレマのメンバーばかりとなりました。
特に、クレマの選手の多さが目につく感じ。
目指すは鉄壁の守備なのかしらん。
どちらかと言えば、ロホスのテクニックを生かしたパスサッカーよりも
当たり負けしない、縦に強いサッカーを指向しているのかな、という気が。

クレマの若手シアニとコット、ロホスの若手ビデスが初代表です。
お魚くんは今回は召集されませんでしたが、お魚くん以外のFWを試してみるつもりなのかしらん。
速さならビヤトロ、動きならロコ・ロドリゲス、強さならペッサロッシ。
モンテペケとかサンドバルって、あんまり得点の匂いがしないような気が・・・。
にしても全然高さのないFW陣で、T&T相手に戦えるんか。

一行は2日にProyecto Golに集合、6日にシアトルへ向いミニ合宿。
9日にフロリダ州フォート・ラウダーデールに移って13日に試合です。

余談ですが、今日小僧が学校の帰り道にスクールバスでProyecto Golの側を通ったら
ボリーヨ親分を始め、選手たちが練習していたそうです。
招集日以前でも、集まって練習しているのね。
小僧的には降りてサインをもらいたかったらしいですが・・・・・・。残念。


*タグ/グアテマラ代表 代表リスト

コメント

ビデス、シアニは早速選ばれましたね。コットは両サイドでプレーすることは
知っているのですが、得意な形はあまり分かりません。ただ不思議と
得点感覚がありそうな気がしますね。クラシコでも良いポジションから、
惜しいシュートを放っていました。

ボリージョは就任以来、まず守備の構築に重点を置いている気がします。
マラディアガ監督の時にメキシコ戦で5失点した試合を見ましたが、
現在のチ-ムは今年2試合の米国戦を見ても大崩れすることは
あまりない気がします(カナダ戦は不運や疲労もあったことでしょう)。

そういった点でクレマの戦いはボリージョの考えに近いものが
あるのかもしれませんね。

>SHEさん

そうなんです。代表監督って勝たないといけませんからね。ボリーヨ親分、守備を重視しているのに、どうも機能しないで苦戦してます。

ゴールドカップ、アメリカ戦では多分思った通りに守ることができたのでしょうが、それ以外の試合はザルでしたねぇ~。フレディ・トンプソンの不在も大きかったかもしれません。

守備のチームであるからこそ、ミドルレンジからびしばしシュートを打てる選手も欲しいのですが、そういうダイナミズムのある選手というのが今までいなかったようにも思います。

というわけで、俄然コットには期待しちゃうなぁ~。

コット、今回が初代表ではなかったそうで。でも、今までと今回とではコットに対する期待も注目度も若干違うんじゃないでしょうか。

ミドルシュートと言えば、またしてもパンド・ラミレスは呼ばれませんでしたね。
彼はフィジカルも強そうですし、シュートのレンジも広いので
ダイナミズムという点からしても選ばれてよさそうなものですが・・・。

パンドぉ・・・

>SHEさん

どうもボリーヨはパンドを呼ぶつもりなさそうです。
まあパンドもいい時と悪い時の差が激しいし、
気まぐれな選手ではありますが、
ペスカドなんかとはカンテラ時代からのチームメイト。
相性もいいと思うんですけれどもねぇ~、残念です。
ボリーヨの構想にはあわないってことらしい。守備しないから?

攻撃的MFとしてボリーヨが一番信頼しているっぽいのがホセ・コントレラス。
ダメだというつもりはありませんが、どうにもひ弱なイメージが・・・
大体今シーズンはケガしててまだプレーしてないんじゃないのかな?

それでも招集されているのは、今回の合宿の目玉が
「イメージトレーニング」だから。

今週末は親善試合も行わず、シアトルでルゥ・タイス(Lou Tice)の
3日間の講習に参加するのであります。

何かとネガティブなグアテマラ人、
こういうトレーニングは結構いいかも?と私は思いますが、
地元では否定的な意見が多いです。

確かに3日くらいじゃどうにもならないでしょうけれど、
きっかけになりますからね。
これから代表が集まるごとに
繰り返しイメトレすることにもなるんでしょうし。

トリニダード戦には出ないペスカド・ルイスも
この講習には参加するそうです。

というわけで、トリニダード戦では
超前向きになったグアテマラ代表にお目にかかれるかも。

・・・・・・って想像もつかないんですけれど。

ボリーヨと言えば徹底した規律とコミュニケーションで
エクアドルを初めてワールドカップへ導いた人物ですから
メンタル面の改革は最重要課題の一つでしょう。

その勝利に徹する集団的で堅実な闘いを目指すボリーヨの
考えにパンドはそぐわないんですかね・・・。

コントレラスは確かにテクニックがあり、FKも得意でしょうが
ボディコンタクトの弱さをはじめ、それほど守備に貢献できるとも
思えないので、よりチームプレーができる性格の選手を
選んだということでしょうか。

>SHEさん

代表の試合ぶり見てると、メンタル面の改革って本当に大切だと思うんですけれども。

guatefutbol.comで今ちょうど「このモチベーションアップ合宿は代表にとってプラスになるでしょうか?」ってアンケート取ってますが、現在の結果は

ムダ 105
役立つ 48
まあそれなりに 46

となっていまして「役立つ」と「それなりに」って人あわせても「ムダ」って人に敵わないんですよねえ・・・。グアテマラ人皆にイメトレした方がいいんと違うかぁ・・・。

コントレラス、パンドのレベルにはまだまだ届かないですが、
マジメで一生懸命ですもんねぇ。
代表に呼ばれて10番つけて、ゴールドカップでは得点もしてるし、
ボリーヨに言われればたとえ火の中水の中、って雰囲気があります。

ん?ひょっとしてそれがおもしろくなくて「行くな」って言ってるんですか、クレマ・・・?

結果で証明するしかないですよね。まぁ半分近くあるだけでも
良いほうじゃないですか。

コントレラスはまだ若いですし、ペスカドへの貴重な供給役として
期待はしているんですが、パンド・・・。

ところで急に思い出したんですが、以前GKコーチに
イギータが就くのでは、という話しがありましたが、
ベネズエラで現役復帰しましたよね。結局あの話しは
流れてしまったのでしょうか?

イギータ

>SHEさん

そうそう、イギータ。その後話がないので流れたみたいです。残念。

それにしてもイギータがGKコーチって!?
何を教えてくれるんだか楽しみだったんですけれどもねぇ~、
ひょっとしてPKの蹴り方(取り方ではなく)だったりして・・・

イギータ、数年間のブランクを経て、41才で現役復帰しましたね。
グアロス・デ・ララってどんなチームか知りませんが
イギータって見てるだけで楽しいですから
チームも人気が出てくるかも?
ベネズエラのサッカー人気に一役買ってるかもな?って勝手に想像しています。

でもこっちに来て欲しかったですヨ・・・

アメリカへ出発

6日、代表一行はシアトルへ向ったそうですが・・・。

コントレラスはビザの関係で1日遅れで出発なんだそうですが、
それ以外にもビザの取得が間に合わず、今回の遠征見送りになった若手が5名。

本文の表に追加しました。
合宿の欄に○があるのは、タイスのイメトレ合宿に参加する人、
試合の欄に○があるのは試合に参加する人。

選ばれたのに旅行できないのは可哀相だけれど、
マルケンセってプレシーズンをアメリカでやった時にも
ビザがなくて・・・という話がでていましたっけ。
それを何ともすることなく、そのまま放置しておいたんですかね・・・?
グレゴリィ・ルイスって、ゴールドカップにも招集されたいたけれど、
ビザの関係で現地に行けなかった選手ではなかったか・・・
でもって未だに!?ってのはちょっとびっくりですよ、私。

クラブにやる気もなさそうだけれど、本人にもやる気なさそうだなぁ・・・。

確かにアメリカのビザって取るの大変だし、
サン・マルコスからわざわざビザ取りにやってくるのも大変なのも良くわかるけれど。

ちっとは考えてくれよぉ。

イギータは2003年にボリーヨの下でエクアドル代表のGKコーチをしていますね。
そして彼の系譜を受け継ぐハシント・エスピノサという見た目ばかり派手で
実力はかなり怪しいGKを起用していました。愛嬌はありましたけど。

中止にはなってしまいましたが、ビデス、シアニらにビザがないということは
結局目新しいメンバーをコットを除いて使えなかったということですね。
その辺はしっかりしてほしいとこですが。。。

>SHEさん

あ、イギータには前科(?)があったのですね。
エスピノサって、なんとなく覚えています。
そっか、彼のあのプレーの背後にはイギータの影響があったのか・・・

ボリーヨは、多分、見た目はごっついけれど、実は繊細でおデリケートなトリゲーニョのためにイギータを呼びたかったのではないかな・・・と思うんですが、トリゲーニョなき今は、別にどうでもいいのかも。

ビザがない、う~ん、呼ぶこと&呼ばれることを想定していなかった、てことなんでしょうか。

アメリカのビザって、一般人でもサッカー選手でもまったく同じ手続きを本人がしないといけないんですよね。
でもってアメリカのビザは申請する人が毎日ぎっしり。
今はあらかじめ予約を入れてから申請しに行くようになっているのですが、それでも1週間でビザが取れれば良い方。
事情が事情だと認めてもらえれば優先してもらえるはずなのですが、ビザの料金も高い($100)ですし、お給料もらってないクレマの選手には厳しいかも。
でもって理由を添えて申請しないといけないですから「今度代表に呼ばれるかもしれないから」では通らないでしょうし。

CONCACAF地域って、ビザが面倒くさい地域でもあるんですよねぇ・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/75-0f0e7694

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。