スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親善試合 パナマ 2-1 グアテマラ 

む。またやられてしまったかあ。


テレビ放送がなかったので、
前半30分くらいから他のことをしながらラジオを聴いていたのですが、
ほとんどの時間帯、パナマがボールを支配して攻撃していたような感じ。
パナマは若手中心のメンバーで望んできたようです。
中でもガブリエル・トーレスというU-20代表の選手がものすごく良かったらしい。
若い選手がどんどんでてきていて、羨ましー。


グアテマラの先発は
GK: パウロ・セサル・モッタ(GK)、
DF: ネストル・マルティネス、グスタボ・カブレラ、ヘンリィ・メディーナ、クラウディオ・アルビスーリス、
MF: マルビン・アビラ、レオネル・ノリエガ、フレディ・トンプソン、ゴンサロ・ロメロ、
FW: カルロス・ルイス、トランシット・モンテペケ。


ゴールドカップ時のメンバーと変わっているのはもちろんGK。
トリゲーニョ、最近は
「反省してるよぉ~。二度とやらないからもう一度やり直させてちょ」
と懲りないアル中親父のような発言。
グアテマラでは代表チームの練習に参加させてもらっていましたが、
さすがにパナマには連れて行ってもらえず。


DFではパブロ・メルガルが召集されず代わりにネストル・マルティネス。
その他は基本的に一緒ですか。


MFは2ボランチがノリエガとトンプソン。
トンプソンは負傷明けで、
まだあんまりプレーしてなかったけれど大丈夫なんだろうか・・・。
このメンバーだと、トンプソンがキャプテンかな。


オフェンシブハーフは
久しぶりに代表入りしたチャロ・ロメロとマルビン・アビラのロホスコンビ。


FWはお馴染みペスカド君とトランシト・モンテペケ。
モンテペケは初代表かな???


パナマのメンバーは・・・?不明。
GKはロホス移籍が確実と見られるハイメ・ペネド。
モッタとペネド、ロホスの正GK争いをする2人が
それぞれのゴールマウスを守る。
てのも珍しい風景ですね。


初めの10分くらいはお互いに相手の探りあい。
その後は少しずつ流れはパナマに傾いていったようです。
それでも最初のゴールはグアテマラ。
21分、ペスカドのパスを受けたモンテペケがシュート!
モンテペケの代表初ゴーーーールでグアテマラが先制。


30分、FKからパナマのゴール。
ゴールを決めたのはアルベルト・ブランコ。
私がラジオを聴き始めたときには既に同点となっておりましたが、
この後はパナマが一方的に攻める展開で、
いいシュートも何本かあったようで、ヒヤヒヤ。
それでもグアテマラ、何とか持ちこたえて前半終了。エライエライ。


後半5分でいきなりPK。
グスタボ・カブレラがガブリエル・トーレスに何かしたらしい。
ばかー、グスタボ~!何をしたんだー!!
ちなみにラジオのおじさんたちは、
ガブリエル君が今日のMOMだと言っていました。


ビクトル・エレーラが決めて1-2。はああ。
えーと、エレーラのお父さんって、
先週の土曜日に殺されて亡くなったのだそうです。
父に捧げる逆転ゴール。
そういうのは次のメキシコ相手(でしたよね?)にやって頂きたかった・・・・・・。


まーその後は一方的にパナマが攻める展開だったよーです。
グアテマラの後半初のチャンスは76分、
DFの隙をついてカルロス・フィゲロアがシュート~!!
でどうしてはずすかカルリート・・・・・・。


おまけに85分にはカブレラが二枚目イエローで退場。
89分にはFKを得てペスカド君がいい感じに蹴ったらしいですが、
惜しくも相手GKに止められて同点ならず。はい、試合終了。


いつもはフランクなボリーヨ親分も、
この試合の後はインタビューにも応じずに引き上げていったとか。
そんなに内容の悪い試合だったのかあぁ・・・・・・


まあね。でも相手の得点はFKとPK。
攻められ続けた割には守備が持ちこたえていたような。
モッタが頑張ったのかな。
ガブリエル君をマークした(と思われる)グスタボは厄日でした。
謹慎の間にお祓いしてくるように。


えーと、次の親善試合はトリニダード・トバゴかしらん。
その後、スリナム、ホンジュラスと
グアテマラが苦手とするタイプとの試合が続きます。
やっぱり前途多難・・・・・・


*タグ/グアテマラ代表 パナマ代表

コメント

こちらも……

やられちゃいましたか~。
でも少なくとも1ゴールあげてるし……。
パナマ、そんなに強かったんならメキシコもうかうかしてられませんな。
トリゲーニョ、反省してるってホンマかいな?
しかしロホスのゴールを守るふたりが対峙するっての、
ホントに面白いカードになりましたよね。
これでペネドのロホスでの地位がどうなるか……?
楽しみです。

>亀さん

放送もなかったから、どんな試合だったのかさっぱりよくわらかないんですが・・・

パナマはユース年台の選手が合計7人登場したのかな。
でもって大人のはずのグアテマラが手も足も出ない。
てゆーか、ユースの練習台になってどーするんだ、君たち。
そりゃ親分怒るわ・・・というかグアテマラ人皆怒ってるよ・・・・・・
地元でやらなかったのがせめてもの慰めかしらん(超後ろ向き発言)

確かに1点はいい感じで取れたみたいですけれどもね。
まだまだ足りないところばかりで・・・もうため息ばかり。

ウチにも生きのいい若い子が出てこないかなぁ・・・

ラテンアメリカン・アイドルで頑張ってるカルロス・ペーニャなんかどうだ・・・

追記

試合記事です。写真はゴールを逃したカルロス・フィゲロア。

http://www.prensalibre.com/pl/2007/agosto/23/180422.html

ゴールシーンの動画を見ました。モンテペケはいいゴールでしたね。

パナマのガブリエル・トーレスは16歳で代表へデビュー、
U-20代表ではカピタンを務め、マンチェスター・Uや
(確か)バレンシアの練習へ参加したこともある、
パナマで最も期待される若手ですね。

パナマは今回、ユース代表の選手が多く選ばれてましたが、
スタメンはこれまで主力だった選手ばかりなのでそう
悲観することもないのではないでしょうか。

グアテマラですが、U-20代表でロホスのビデスやパパ(パッパ?)なんかは
A代表でも面白そうですが、そちらでの評価はどうでしょうか?
ビデスはスピードや運動能力がありそうですし、パパはかなり
テクニックが高い選手のような気がします(ちょっと見ただけなんですけど・・・)。

>SHEさん

試合見てないんで何とも言えないんですが、やっぱりスピードがある相手にはダメだなぁ~。ということを再認識させる試合だったようで。
ペスカド君も「全然あかんかった」って言ってましたしね。
でもSHEさんにそう言って頂けると、少し元気が。

ロホスのビデスは今年はスタメン獲得しましたね。
若いDFですが、速さもあるし、安心して見ていられます。
マルコ・パッパ、あまりプレーする機会に恵まれないんで、なんとも言えないんですが、レアル・マドリス戦ではゴールも決めて結構な活躍でしたからね。
基本的にはエスペシアルというユースカテゴリーでプレーしているようです。

今、クラシコ見ているのですが、クレマの若僧マルコ・トゥリオ・シアニもなかなかいいですねぇ~。

今年から20歳以下?21歳以下?の選手を何時間以上プレーさせないといけない。という規則が決まったので、そのおかげでこういう選手たちがプレーできているのかもしれませんが(パッパもシアニも当初の登録選手にないので)、見る側としては新しい選手がどんどん出てきてくれるのは、楽しいですよねぇ~。

ペスカドはそんなこと言ってましたか。ま、まぁアウェイですし・・・。

ビデスはサイド、センターともにできますよね。近いうちにボリージョも
呼ぶだろうと勝手に予想しています。パッパはユースカテゴリーですか。

コロンビアなんかも詳細は分かりませんが、先発メンバーに
20歳以下の選手を1人(最低15分は使う?)必ず使うことで
特に近年若い世代の世界大会で躍進していますから
グアテマラもそうなってほしいところです。

>SHEさん

ビデス、早速呼ばれましたね。

ゴールドカップから召集されているホセ・コントレラス、マルビン・アビラに加えて、ビデス、シアニ、コットと少しずつ生きのいい若手も増えてきて、や~っと将来に希望がe-420

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/70-0983df87

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。