スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CCL ロホス - ジョー・パブリック 

8月27日にマテオ・フローレスで行われたCCLの
ムニシパル対ジョー・パブリックの試合は1-1の引き分けで、
双方にとってあまり嬉しくない結果となってしまいましたが
いやでもしかし、あのピッチでサッカーしろって方が無理でしょ・・・みたいな。


個人的には、少し会ってお話する機会のあったジョー・パブリックの星出選手に注目。
大柄な選手の多いJPの選手の中にあって、一人だけ小柄で色白(!)で目立つ星出選手、
グアテマラのテレビの実況でも間違わずに名前を呼ばれるのはメリットですね(笑)


いやしかし、どっちを応援したらいいんですか、私?
とりあえず両方応援して、後は雰囲気で、ってことで・・・。


試合経過については当地の新聞報道等を簡単にまとめる程度で。





ジョー・パブリックと引き分け、壁際に追い詰められたロホス(プレンサ・リブレ紙)


豪雨のためスタジアムの芝は最悪の状態であり、見応えのある試合とは言えなかった。
あちらこちらに水がたまりボールコントロールが難しく、
両者とも攻撃を組み立てるのに苦労し、選手は怪我をしないように気づかっていた。


前半、ムニシパルはSHのアビラとカスティーヨのスピードを生かし、
それにパンドやアビラのミドルを織り交ぜる形で得点を狙って行った。


ジョーパブリックはDFが組織だって攻撃を防いでいた。
DFのヒスロップとモリスは身長を生かして上からのボールをクリアーしていた。
前半のロホスの最大のチャンスは36分、
パンドが蹴ったFKであったが、ボールがクロスバーを直撃。


後半、何度もチャンスを逃した後で
77分、ロコはDFミチェルのミスを逃さず、うまくボールをコントロールして得点。


JPはモリスの退場の後10人となり厳しい状態であったが、
誰もがロホスの勝利を信じていた93分、ルイスが決めて同点に追いついた。





嵐のような引き分け(エル・ペルオディコ紙)


ムニシパルは沼地と化したマテオ・フローレスの悪条件に苦しみ、
この状況下では、JPの方が攻撃に分があるように見えた。
それでもロコの得点は、退場者を出しJPが10 人となった後では、
試合を決定づけるものかと思われた。


しかしながら、びしょぬれで疲れ果てながらも、観客が勝利を祝い始めた瞬間、
ロホスDFの恐るべきミスがJPのゴールを許してしまった。





害となる引き分け(Guatefutbol.com)


強い雨の中で行われたこの試合、スタジアムは最悪のコンディションであった。
ロホスは普段の通り4-4-1-1、
ロングパスでボールを空中でキープしようとしたようであったが
最後の20mでボールを失った。
JPはシンプルに低目のボールでパスを繋いでいったが
ロホスエリア付近でボールを失っていた。


前半のロホスの最大のチャンスはパンドのFKであったがクロスバーを叩いた。
ゲバラのミドルシュートはGKのフィリップが弾き出す。
いつものように、ペネドの奇跡的なセーブにも欠けることなく、
41分のJPのシュートを防いだ。


後半、ロホスは試合を支配し始めたが
ロコ、カスティーヨ、パンドのいずれもがシュートミス。
77分になってやっとフィリップとDFのミッチェルの意思の疎通ができなかったところを
ロコがついて1-0とした。


81分にカスティーヨに肘打ちしたとしてモリスが退場となり、
ロホスの勝利が確実なものと思われた時にもJPは諦めず、
その努力は92分に報われることとなった。
ノーマークだったルイスに高いクロスがわたり、きっちりヘディング。
これで試合は1-1。


JPの選手がアウェーで獲得した点を祝っている一方で、
マテオ・フローレスで大雨に耐えたわずかばかりの観客は
ブーイングでロホスを送ることとなった。





監督や選手のコメントです。

ギジェルメ・ファリーニャ監督
「集中力の欠如が結果に現れた。
ムニシパルが常に勝利を目指していたのは明らかだろう」


チェホ・ゲバラ(MF)
「ホームで3点を取ったと思った瞬間、ミスで失点をしてしまった。
自分達が決められずにいたところを相手につかれてしまった」


ハイメ・ペネド(GK)
「残念・・・。とにかく残念」

ペネドのコメントはテレビのニュースから取ってますが
ホントがっくり来てて可哀想だった。


しっかし、何故に誰もジョーパブリックの選手のコメントを取らないのだ・・・。
英語のできるスポーツ記者はいないってこと?





番外編。
最近の新聞は記事に読者のコメントをつけられるようになってるのですが
ちょっと読んでいておもしろかったのが、
監督を非難する声はなくて、選手の方が悪く言われてること。


よく名前が挙がるのがパンド。
気の毒だけれど、やっぱり今のパンドにはちと不満。
グアテマラ代表の日本戦が彼中心の布陣なのかと思うと眩暈がする。


それとグアテマラのサッカーへの絶望の声・・・。
そこまで言わんでいいでしょ、と思うくらい辛辣で、
昔ボリーヨ・ゴメスが代表監督を辞任する際に言っていた
「グアテマラではまず結果が求められる」
という言葉を思い出してしまった。


いい話がありませんな・・・。


というわけで、日本戦はともかく
エルサルバドルとニカラグア相手の代表戦、
まずはこちらから結果を出していくことかしらね・・・。負けんなー!


*タグ/ムニシパル(クラブ)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/693-0a25910c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。