スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3節 レタルテカ - ロホス 

レタルテカ 1 – 1 ロホス
8月9日11:00、オスカル・モンテロッソ・イサギレ(レタルレウ)
主審:ダビッド・エスパーニャ



良く考えたら、ロホスはこの後CCLがあるわけだし、
しかも、星出選手のいるジョー・パブリックと対戦するんだし、
ちょっとマジメに試合見てあげようかと思って後半だけ(!)録画して見たんですが
ロホスは主力不在で、加えてトンデモ試合になってしまったので
あんまり参考にはならなかったかも。


他のクラブなら主力の選手が普段はベンチにいるのね、ってのは良くわかったんですが。
カルロス・カスティーヨとかフリアン・プリエゴとか、普段使わないんならUに頂戴!!
とか思いながら見ていた私でした・・・(ハアァ


レタルテカ
GK : クリスティアン・アルバレス
DF : カルロス・ベガ
DF : ハイロ・ペレス
DF : ジャン・セデーニョ
DF : ホセ・シリロ・ロペス
MF : マイノル・フィゲロア(72’ ラウル・ゴンサレス)
MF : リカルド・グティエレス(66’ ヘッソン・ペレイラ)
MF : クリスティアン・ベガ(58’ エリック・ビヤトロ)
MF : イゴール・デ・ソウサ
FW : ロランド・ブラックバーン
FW : ホルヘ・エストラダ
DT : カルロス・ガルシア・カンタネロ

ロホス
GK : ハイメ・ペネド
DF : パブロ・ソロルサノ
DF : パブロ・メルガル
DF : クリスティアン・ノリエガ
DF : ジョニー・フローレス
MF : セルヒオ・ゲバラ(92’ カルロス・ビジャ)
MF : カルロス・ラファエル・カスティーヨ(82’ フリアン・プリエゴ)
MF : マルビン・アビラ
MF : フアン・ホセ・カスティーヨ
MF : パブロ・フット(60’ ペドロ・サマヨア)
FW : マリオ・ロドリゲス
DT : ギジェルメ・ファリーニャ


チャロは負傷、パンドは体調不良か何か、
ビデスとタボ・カブレラは第2節でレッド貰っているのでこの試合はお休み。


というわけで中盤のキーマンを2人も失ってしまったロホスは
それでもボールを持っている時間が長かったような気はするけれど、得点はカウンター。
カスティーヨが2人もいてちょっとややこしくなったロホスだけれど、
カルロス・カスティーヨがセンターサークル付近から大きく右サイドのロコへ開き、
ロコがファーポストに走りこんで来るフアン・カスティーヨにクロス、
こっちのカスティーヨがヘッドで合わせて、ロホスが先制したのでありました。
これが68分の出来事。


調子が良さそうだったのはロコとフアン・カスティーヨ。
気になったのは右サイドが死んでること。
ビデスが戻ってきたら違うだろうけれど、
この試合の右SBはハラパから移籍してきたばかりのソロルサノ。
セットプレー以外ではほとんど上がらず、上がったとしてもボールが来ない状態。


で、その右のSHはティティマン・アビラだったのだけれど
この人、目立つ容姿をしているのに、何故か消えている時間が多くて・・・。
大体アビラってSHというよりは中に切り込んでいくタイプだから
そんなこともあって右サイドががら~ん。


3節まで3試合とも90分プレーしてるから、監督は認めてるんでしょう。
身体能力も高いし、いい選手なんだけれど、
この試合、少なくとも私が見た後半に関してはいいところなかったような・・・。
パンドやチャロがいれば、もう少し違っていたのかしらん。


その空いた右サイドの上に時々切り込んでいたのがロコで
その下が新戦力のメキシコ人、ピザ・ハット。じゃなくてパブロ・フット。
P Huttって名前なので、どうしてもピザ・ハットって言いたくなるし・・・。
でそのフットは初先発だったようですが、こちらもまたいいところなし。
まだうまくロホスのサッカーに馴染めていない気配。


一方のレタルテカは相変わらずちょこまかちょこまか良く走るチームだこと・・・。
でも攻撃がロホスの守備を破るシーンは数回あった程度で
昨年の開幕シーズンのような迫力は不在。


同点に追いついたのは83分、FKから。
左サイドにいたシリロに大きく蹴りだし、シリロが折り返してクロス、
セデーニョが高く飛び上がってヘディング!だったのだけれど、
これは明らかなオフサイド。


しかも、線審がオフサイドの合図をしていたにも係わらず
主審のエスパーニャさんがゴールの合図してしまって、
ロホスの選手がわらわらわらわらと主審と線審を取り囲む事態。
まあそりゃ、線審がオフサイドって言ってたら、普通オフサイドでしょ。
選手たちが納得できないのはごもっとも。


しかも、テレビのおじさんたち曰く、クロスを上げたシリロは
「前半で退場していたはず」なんだとか。
ラフプレーでイエロー1枚ゲットし、
その後また後ろから突っ込むタックルがあったけれど
エスパーニャさん、そのまま流しちゃったらしいのですよね・・・。


そんなこんなでロホス的には意味不明な試合になってしまったわけですが、
エスパーニャさんも試合のコントロール失ってしまって
88分にはシリロが2枚目イエローで遂に退場するけれど
今度はロホスのカードもののファウルを見逃してしまったりとかね・・・。
ちょっと残念な試合になってしまったなぁ。


揉めてた時間やらシリロの退場の時間が長かった割には
追加は4分だけで、94分にはきっちり終わったのでありました。
はー。


*タグ/レタルテカ(クラブ) ムニシパル(クラブ)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/690-64df313f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。