スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2節 クレマ - ミクトラン、スチ - レタルテカ、マラカテコ - ロホス 

第1節はすっ飛ばしてしまいましたが、
まあそんなこともこれからもあるかも、ってことで
できる時だけguatefutbol.comの記事をベースに、
自分も見た試合については若干付け加えながら書いておこうかと。


記事1つにつきタグが10個までしかつけられないという関係で、
各節2つ位に分かれることになると思いますが、ご容赦。


クレマ 1 – 1 ミクトラン
7月31日15:30、ペンサティーボ(アンティグア)


クレマのホームスタジアムであるセメントス・プログレッソは
現在改修中なんだそうで、使用できず。
代替スタジアムはマテオ・フローレスかと思ったら、
アンティグアのペンサティーボなんだそうです。なんで???


先制はクレマで18分、エドガル・チンチーヤのボールに
トランシト・モンテペケが合わせて1-0。


後半、クレマは追加点を取りにいくものの決めることができず、
逆に82分、フェルナンド・ガロがヘッドで決めて1-1。


というわけで、アンティグアまで出かけたクレマインチャは
第2節にして監督交代を要求することになった・・・・・・という次第。
私も何故にゴンサレスが監督続けているのか良くわからぬ。


スチテペケス 0 – 2 レタルテカ
8月1日11:00 カルロス・サラサール・イホ


コスタ・スール・ダービーだそうです。はいはい・・・。


5分、イゴール・デ・ソウサ(って前サカパにいたっけ)が先制。
その後、レタルテカはリベラ(ってどのリベラ?)が一発退場、
1人少なくなったが故に守備に専念できることともなり、
スチはどうにも得点できず・・・・・・。


最後には93分、ロランド・ブラックバーン(て誰?)がダメ押し点を決めて
0-2とアウェーで貴重な勝利を納めることとなりました。


マラカテコ 3 – 2 ロホス
8月1日12:00, ラス・ガルデニアス(コアテペケ)


マラカテコのホームはマラカタンのサンタ・ルシアなのですが
この試合はコアテペケで行われた模様。


最初に得点したのはマラカテコのカルロス・メルセデス・バスケスで17分。
前半1-0で終わりそうだった45分、
パンドがPKを決めて1-1。
ついでにマラカテコのハミルトン・ロペスがレッドで退場というオマケ付。


後半立ち上がりはロホスが一気に攻撃をしかけ、
65分、パンドが追加点を決めて1-2とロホスの勝ちよね、という雰囲気になったのに。


今度はロホスがハイメ・ビデスとグスタボ・カブレラの両SBを
それぞれイエロー2枚で失い、気がついたら相手より一人少なくなっていたという。
そこへメッチェ・バスケスがこの試合2点目、
91分、ルディー・チャコンが決勝点を叩き込んだという
何やらすごい試合だった模様。


それにしてもメッチェ・・・、Uから出て行った途端、そんなに活躍せんでも。
マラカテコの監督は、以前ハラパを優勝に導いたことのある
エクトル・フリアン・トゥルヒーヨ。
私、この監督好きなんですよね・・・、今シーズンはちょっと楽しみかも。


*タグ/コムニカシオーネス(クラブ) ミクトラン(クラブ) スチテペケス(クラブ) レタルテカ(クラブ) マラカテコ(クラブ) ムニシパル(クラブ)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/688-1fe6f98b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。