スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CCL レアル・エスパーニャ - クレマ 

CCL レアル・エスパーニャ – クレマ
9月30日20:00、メトロポリターノ(サン・ペドロ・スーラ)
主審:ロベルト・ガルシア(Mex)


グループ戦の第5試合。
そろそろ結末が見えてくる頃ですが、
この試合の前に行われたプーマスとW.コネクションは
プーマスが勝ち。
なので、現時点ではクレマがまだ2位です。
この試合に勝てば、準々決勝進出が決定、ってことか。


この試合、ホンジュラスで出来るかどうか、
ちと微妙な雰囲気ではあったのですが、
それでも無事に実行されております。
夜間外出令があるはずなんだけれど、
この試合の観戦は許可されている模様?
テグシガルパじゃなかったのも不幸中の幸いではあるけれど。


この大会、レアル・エスパーニャ、マラトンと
ホンジュラスの2チームが元気がないのが気になるけれど、
だからと言ってこの試合に勝っていただいても困るので・・・・・・。


クレマ
GK : ガト・ゲーラ
DF : チューラ・ゴメス
DF : セバスティアン・ディアス
DF : エドウィン・エンリケス
DF : カルロス・ガヤルド
MF : ルイス・ブラッドリー
MF : フレディ・トンプソン
MF : ジャン・マルケス
MF : イシドロ・カンディア
FW : ロロ・フォンセカ
FW : トランシト・モンテペケ
DT: フリオ・セサル・ゴンサレス


この大会ではここ3試合、ほぼ同じメンバーですかね。
違うのは前の試合ではエンリケスが


何だか両チームよろよろの立ち上がりだなぁ、と思っていたら。
8分、右サイドからレアル・エスパーニャの6番がクロス、
クリアーしようとしたエンリケスが触れず、
その左に滑り込んできたトンプソンが
真っ直ぐ押し込んでしまって、先制点を熨斗つけて献上。
おいおいおい~、そんなクリアーあるかよっ!


しかし、レアル・エスパーニャのファンはともかく、
選手達はあまり喜んでないな。
見てた私も呆気に取られたゴールだったしな。
さて、この後どうするんだか、両チーム。


まあいくらなんでも前半10分足らずの相手のオウンゴールを
亀の子で守るぞなんてサッカーをプリミがやるはずもなく。



しかし、今日のクレマのDFは一体どうなってんだか。
14分、またしてもDFのミス、
11番クロスをディアスがヘッドでクリアーしようとしたら
クリアーしきれずにボールが右へ逸れてしまい、
チューラが頭を伸ばすものの届かずにパボンに絶妙のボールを献上。
蹴飛ばせばそれはもうゴール。
こうしてまたしても熨斗付の得点を献上してしまったのでありました、クレマは。


まったくもう~~~~。
15分で2点も得点献上なんて、何を自滅してるんだよっ!!
テレビのおじさんたちもすっかりテンションが下がってしまったな。
私ももう見るのやめようかしらん・・・。





というわけで、テレビはつけてましたが他のことしてました。
55分、マルケスに代わってマヌエル・ソト。


思いますに、この顔ぶれで試合したのって、
この前のレアル・エスパーニャ戦が初めてだったわけで。
その時はマラディアガもびっくりしたのでありましょうが、
柳の下にどぜうは2匹いないわな、ってわけで、
今日はRSBのチューラのところから攻め込まれる、攻め込まれる。
がんばれや~、チューラ。


後半に入って、レアル・エスパーニャはあまり攻め込まず、
かと言って守備固めをするわけでもなく、
中盤で丁寧にボールを繋げて、隙あらば前線へ、って感じですかね。
こういう時、グアテマラを良く知ってるプリミが敵の監督なのはイヤだなぁ、
誰だよ、プリミを2度目の代表監督に呼んだのは。


またレアルエスパーニャの中盤が良いので、
クレマのサイドがあまり上がれない。
つまり、攻撃に人数を割けない。
加えて、最近好調のトランシト・モンテペケが足を傷めたらしい。
いやはやまったく、これじゃあ勝てんわな。


さて、ハイロ・アレオラが入りました。
えーーと、70分くらいですか。
出てったのは誰だ?チューラ?トンプソン??見逃した。
いいけど、2点ビハインドなんだからさぁ。
70分でアレオラって、遅くありません?もう捨てたのか、この試合・・・・・・。


その後準備しているのがタンケ。いやこれも遅い遅い・・・。
73分、カンディアに代わって入りました。


あちゃちゃ。74分、パボンを止めようとしたエンリケス、
2枚目イエローもらって退場。
エンリケス、とにかく最近カードたくさんゲットしてるような気がするなぁ、
個人的には好きな選手なんだけれど、これはちょっと・・・。


いい位置からのFKはガトちゃんがうまく捌いて傷は広がらず。
いやしかし、しかし、しかし・・・。
この試合、何度ガトちゃんのセーブに助けられているんだ。
不甲斐なさ過ぎる。


という訳で、またテレビつけたまま他のことしてたら、
90分過ぎてガトちゃんが倒れ込んでます。
どうやらディアスがボールをクリアーしようとした時に
その足で蹴飛ばされたらしい。踏んだり蹴ったり、てか踏まれたり蹴られたり。
しばらく経って立ち上がった後も、痛そうにプレーしているけれど、
22時丁度に試合終了。


クレマ、最終戦はホームとは言えプーマ相手なんですけれど。
頼むよ~~~。


*タグ/コムニカシオーネス(クラブ)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/648-a9c3f179

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。