スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5節 Usac - サカパ 

第5節 Usac – サカパ
8月22日15:35, レボルシォン
主審: フアン・カルロス・ゲーラ



Uも決して好調な滑り出しとは言えないけれど、
サカパはそれに輪をかけてどうしたのやら。
前節ではホームでシェラフに4失点の屈辱的な敗戦。
と言うのはシェラフってサカパホームでは勝ったことがなかったらしい。


そんなわけで、何気に気合いも入っていると思われるサカパ、
Uは試合の組合せに今一つ運がないような気がしますけれど?


USAC
GK: 22 オマール・メンドーサ
DF: 3 フアン・ルベン・ロペス
DF: 6 パブロ・メルガル
DF: 24 ルイス・スイシェル
MF: 12 カルロス・メルセデス・バスケス
MF: 14 パカヤ・ゴンサレス
MF: 15 オットー・バリオス
MF: 10 ミゲル・ファルファン
MF: 28 フリオ・エンリケス・メヒカーノス(67’ ベルナンド・ソラーレス)
FW: 21 フリアン・プリエゴ(63’ エドウィン・アギラール)
FW: 23 カルロス・カミアニ(78’ ポーヨ・エスピーナ)
DT: ラファエル・ロレド

3-5-2というか、3-5-1-1というか、3-6-1というか。
全体に後ろ目で攻撃はカミアニに任せたよ、って感じかしらん。
両カリレロは右がメルセデス、左がパカヤ。
メルセデスって書くと、何だかベンツみたいで速そうだな。


サカパ
GK: 1 ノルマン・マルティン
DF: 19 エディン・ロペス
DF: 16 エドウィン・ロサレス
DF: 24 ドニィ・アバロス
DF: 3 セバスティアン・マソーニ
MF: 17 エリック・ガルシア(74’ アルトゥーロ・オバンド)
MF: 15 フアン・ホセ・プラド
MF: 8 ロナルド・ラミレス(92’ パブロ・ソロルサノ)
MF: 7 パブロ・ビヤトロ(74’ エリック・プリエゴ)
FW: 9 オスカル・イサウラ
FW: 23 ホルヘ・エストラダ
DT: マルロン・イバン・レオン





Uはサイドを使って縦に速く展開するサッカー、
サカパは中盤でリズムを作って攻撃。
Uの方が相手ゴール前に到達することは多いものの、
カミアニがしっかりマークされているので
そう簡単には相手ゴールを割れないわな。


それでも20分、サカパゴール前で競り合ったハイボール、
ゴール前にフリーでいたカミアニのところへ飛んでゆく。
カミアニのチレナがガルシアの胸に当たって相手ゴールへ。
幸運な得点でUが先制。


サカパのCKのシーン。
コーナー付近に置いてある大型ペプシやゲートレード人形が邪魔らしい。
引っ張って動かそうとしてるけれど、固定されているので動かないのよ~。
しぶしぶ空いてる場所から助走するけど・・・、
これってUの作戦なんでしょうか?


Uはゴール後良くなってきたなぁ。
サカパはファウルで止めるシーンが増えてくるけれど、
ポマードびっちりゲーラさんがあまり接触プレーを取らないので
スタンドからは結構なブーイング。


Uとサカパ、両方にPKと思われるファウルがあったのだけれど、
どちらも流しておあいこにしてしまったのでした。





後半開始からサカパが攻勢。
チノ・エストラダ目掛けてロングボールを放り込む。


48分くらい?エリア内でDFの裏にボールが抜けたところで
カミアニがこてっ!と倒れる。
カミアニはユニを引っ張られた、ってジェスチャーをするけれど
ゲーラは取らず。
リプレーでもはっきり引っ張られているんだけれどなぁ~。
いくつPKを見逃したら気が済むんでしょ。


53分にはプリエゴのユニが引っ張られて倒れ、や~っとPK。
四度目(Uとしては三度目か)の正直とはこのことだ。
蹴るのはもちろんカミアニ、だけれど
蹴ったボールはポールに当たって跳ね返る・・・。アンビリーバボー!
そう思ったのは私だけじゃなかったようで、
この後、カミアニはいささか集中力を欠いたプレーとなってくるのであります。
まあ今日はいくつファウル受けても全部流されちゃうし、
ちょっと先入観でモノを見てませんかね、ポマードびっちりゲーラさん。


57分、サカパがエリアのライン際で思いっきりヘッド、
高く飛んだボールはメンドーサが守るゴールのクロスバーに当たって跳ね返る。
あ、あはは・・・。今日はゴールの枠が活躍する日。


60分過ぎから、サカパの方が全然良くなってくる。
そんなわけでUは選手交代。
プリエゴを下げてボランチのアギラール、
エンリケスを下げてソラーレス。ソラーレスって誰だ。知らない選手だなぁ。
中盤、右側に入っているかな。メヒカーノスのポジションそのままですね。


このソラーレスが結構良くて、ドリブルがうまいし、
対面の相手とも思いっきり競り合っていて、気持ちの良い選手。


サカパはロングボールで何とか相手ゴールに辿り着こうとするものの、
最後のクロスがアバウトすぎ。
故に決まるものも決まりません。


どうにかこうにか逃げ切りかと思った89分、
UのDFがオフサイドトラップかけそこね、
プリエゴが抜け出しGKと一対一。
メンドーサが飛び出し、ボールを蹴りだすものの、
その後にプリエゴの足も引っかかって、PK。


いやちょっと待って。
メンドーサはボールに先に触っているのであって、
その後にプリエゴの足がやってきたからってメンドーサのせいじゃないでしょ。
ちょっと~~~!!


そのプリエゴがPKを決めて同点。
こうなってくるとカミアニのPK失敗が痛いよなぁ~、
そのプリエゴ、カミアニと同じ左下の隅を狙ってきやがって、
こんちくじょおおおお・・・。


とテレビに向かってがあがあ怒鳴っている間に1-1で試合は終了。
Uはやっぱり中盤がスカスカなのが気になる私。
カミアニ一人に攻撃を任せるのではなく、
昨シーズンまでみたいにエルナン・トーレスとかと組み合わせてほしいんだけれどな。


次節はクレマと対戦です。


【追記】動画があったので追加しておきます。




*タグ/Usac(クラブ) サカパ(クラブ)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/637-0c65f5eb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。