スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1節 ロホス - USAC 

第1節 ロホス – Usac
8月2日11:00, マテオ・フローレス
主審:カルロス・バトレス



日曜日のこの試合、小僧の試合と重なってしまって
夜、録画で見ました。
しかし、この日の夜、見ている途中から体調が悪くなり・・・、
もっと具体的に書くと下痢が始まりまして、
いや、これが本当にひどい下痢だったのですよ。


てな話はともかく、月曜日も一日蹴りじゃなくて下痢で、
今日になってやっと少し体調も戻ってきたので、アップします。





昇格したばかりのU、いきなりロホスと対戦です。
どっちみち試合しないといけないのなら、早い方が良いかも?


今日の第2線審は女性。グアテマラではまだ珍しいですが、
昨シーズンの内に既にデビューしてたらしい。
名前は・・・、レスビアさん。うーん、何だかびみょーな名前。

ロホス
GK: 27 ハイメ・ペネド
DF: 2 ハイメ・ビデス
DF: 4 ジョニー・フローレス
DF: 6 ジョニー・ヒロン
MF: 24 チェホ・ゲバラ
MF: 8 チャロ・ロメロ
MF: 10 カルロス・ゴンサレス(46’ マルティン・クロッサ)
MF: 12 ボビー・タリー(46’ カルロス・フィゲロア)
MF: 20 フアン・ホセ・カスティーヨ
FW: 25 ロコ・ロドリゲス
FW: ピン・プラタ
DT: カルロス・ルイス

ロホスはプレシーズンから3バックでやってます。
両カリレロ、左はアルビスーリスかと思われたのですが
意表をついてボビー・タリー、右はフアンホ・カスティーヨ。
なかなか面白いですよね、この狙い。


USAC
GK: 20 オマール・メンドーサ
DF: 22 フアン・ルベン・ロペス
DF: 3 パブロ・メルガル
DF: 24 ルイス・スイシェル
DF: 8 クリスティアン・カルクス(81’ フリアン・サロモン)
DF: 14 パカヤ・ゴンサレス
MF: 2 エドウィン・アギラール
MF: 27 フリアン・プリエゴ
MF: 17 ルベン・エスキベル(73’ ホスエ・ロアルカ)
MF: 16 マリオ・ナバス(62’ ミゲル・ファルファン)
FW: 23 カルロス・カミアニ
DT: ラファエル・ロレド

普段は4-4-2のUですが、この試合は何と5バック。
相手が相手だけに、ってことなのかしらん。
ちなみにUは主にDFラインを補強していて、
この試合ではメルガルとスイシェル、それからマリオ・ナバスが新戦力。
それ以外は今までUでプレーしていた選手です。





いきなりロホスがセンターサークルから長いボールを入れてロコが走る、
やばばっ、と思ったけれどメンドーサがキャッチ。
本当はハイメ・カルバハルが先発する予定だったらしいけれど
何かあったのか、メンドーサがゴールマウスを守っております。


ロホスはプレシーズンから3バックをやっていて、
実はこれが今のところ評判悪かったりするんですが、
でも中盤にタレントが多いことを思えば、納得できるような気はします。
ただし、パンドの不在はやっぱり大きいような・・・。


6分、フローレスがエリア内でエスキベルかな?を倒してPK。
カミアニが真ん中の上目掛けて思いっきり蹴飛ばし、
Uがあっさりと先制。なんと意外な展開。
このゴールがこのシーズンの初ゴールですかね?


ロホスの並びは、ヒロンが真ん中で右がビデス、左がフローレス、
両カリレロは右がカスティーヨ、左がタリー。
ゲバラがボランチ、チャロがミックス、ゴンサレスが司令塔で
ロコが走り、プラタがホスト役じゃなくてポスト役。


狙いがはまれば面白そうだけれど、この中盤の連携がまだ良くなくて
どうもシンプルなUの攻撃の方が良さそうでありますよ。
Uはサイドから攻撃を組み立てる。
カミアニとかエスキベルとか、
スピードのある選手に四苦八苦しているのがロホスのDF。


加えて、今日はパスの繋がり具合がどうにも妙ちきりんで、
Uのカットもいいんだろうけれど、相手エリアで良く奪われております。
なわけでシュートに至らない。前半のシュートって全然ないような・・・。


45分、中盤からのロングボール、DFラインの裏を取ったカミアニが
ヘッドでボールを落としてゴールへまっしぐら。
最初のシュートはペネドが弾くものの、
こぼしたボールをカミアニが丁寧に押し込んで2-0。
Uの応援は少ないんだけれど、これにはわーーーっと大歓声で
U, U, U, U, U, のコール。でも、猿のモノマネじゃありませんから!


前半はなんと2-0で終了。





後半、ロホスはいきなり2人を交代。
ボビー・タリーを下げてカルロス・フィゲロア、
カルロス・ゴンサレスを下げてマルティン・クロッサ。


この交代で中盤が活性化してきたようで、
前半よりロホスボールの時間が増えています。
ちなみにフィゲロア右、カスティーヨ左にポジションが変わっていたり。


54分、左サイドからチャロにパス、
チャロがワンタッチで中央のプラタに出し、プラタがダイレクトでシュート!
ゴールかと思ったけれど、いやこれ、わずかに外れてくれてありがとう。


それにしてもUはボールを持てなくなってきた。
ロホスが一方的に攻撃するする。


なのでUも選手交代。
62分、ミゲル・ファルファンを入れてマリオ・ナバスがアウト。
中盤の強化。


いやしかしその交代直後のロホスのFK。
チャロの蹴ったボールをメンドーサが弾くつもりで
弾ききれずにゴールに入れてしまう。
ああメンドーサ・・・・・・。まあ仕方ないか。1-2です。


その後もロホスが押し込む時間帯が続くのだけれど・・・、
78分、右サイドからチャロがクロスを上げ、ロコがヘッドで合わせてゴール。
これで2-2となってしまいました。あーあ。


ちなみに、ロコは昔Uでプレーしてたことがあって、
アウェーでのロホスとの試合でゴールを決めて勝ったってことがあったのでした。
99年くらいのことですか?


そのロコが同点ゴールを決めやがって、えーーい恩知らず!!
試合はこのまま2-2で終了したのでありました。
後半かなりはしょられているのは、やっぱり体調が悪かったせいですね。
来週は落ち着いて見られるといいのだけれど。


とりあえずビデオを貼っておきます。
カミアニの2点目がないのは、なぜ・・・・・・?




*タグ/ムニシパル(クラブ) USAC(クラブ) LNF09年開幕(ビデオ)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/630-1a6aed12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。