スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハラパの優勝に寄せて 

閉幕シーズンは見事なサッカーで2度目の優勝を飾ったハラパ。
これが開幕シーズン最下位で、
一時は降格も囁かれたチームとはとても思えない変身ぶり。
開幕途中で監督を引き受けたエクトル・フリアン・トゥルヒーヨは
一体どんな魔法を使ったんだろうか、ってのがとっても気になります。
トゥルヒーヨ監督を選んだことこそがハラパが優勝できた最大の理由でしょうね。


もちろん選手たちも大活躍。
マリオ・ピニェイロ、フアンホ・パレーデス、フアンホ・カスティーヨらは
毎試合、好プレーを見せてくれたし、
ロドリゴ・デ・レオンとロドリゴ・モンテロッソは大きく成長しました。


残念なのは、数年来の借金問題が未だに片付かず、
シーズン中にも選手への給料支払いが遅れ勝ちとなってしまったため
来シーズンは主力選手が他のチームに移籍しそうなこと。
元々さほど選手層が厚くないところに
こんな状態でCCLとか言われても、ねぇ・・・・・・。


やはりここはチュエコ・トゥルヒーヨに期待するしかないんでしょうか。


閉幕シーズンで見せてくれた、
ホームのみならずアウェーでも積極的に仕掛ける、そんな楽しいサッカーを
来年も展開してくれることをとっても期待しています。




ガロが喜んで飛び跳ねてるところで、
地味~に嬉しそうに横切ってゆく監督が、なんだかかわゆい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/622-d231eb34

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。