スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決勝シリーズ ハラパ - クレマ 

ハラパ – クレマ
5月30日20:00, ラス・フローレス
主審: オスカル・レイナ



はい。リーグも最終節まで終了していて
すでに決勝シリーズが始まっています。
リーグ戦の話はまた別途書きます、必ず!


で、このカード。
ファーストレグはアウェーのハラパが0-1で勝ってはいるものの、
クレマと言えばアウェーで強いから、まだわからないよね、ってところです。

ハラパ
GK: フアンホ・パレーデス
DF: タボ・カブレラ
DF: エルベル・ヒメネス
DF: ネルソン・モラレス
DF: ロドリゴ・モンテロッソ
MF: マリオ・ピニェイロ
MF: フリアン・チャコン(65’ エデル・マロキン)
MF: エドガル・チンチーヤ
MF: ペドロ・オルティス(75’ フアンホ・カスティーヨ)
MF: ロドリゴ・デ・レオン
FW: フェルナンド・ガロ(85’ ワルテル・アレグリア)
DT: チュエコ・トゥルヒーヨ

ファーストレグでレッドをもらったオレヤナが不在。
ボランチとして入るのはピニェイロ。

クレマ
GK: ダビッド・ゲーラ
DF: ダゴベルト・アレオラ
DF: エドウィン・エンリケス
DF: カルロス・ガヤルド
DF: アブエロ・モラレス
MF: ルイス・ブラッドリー
MF: ジャン・マルケス
MF: サウル・デ・マタ(46’ ケンデル・エラルテ)(56’ マルコ・トゥーリオ・シアニ)
MF: ブライアン・オルドーニェス
FW: タンケ・ペッサロッシ
FW: ロロ・フォンセカ
DT: フリオ・セサル・ゴンサレス

こちらはトリゲーロスがレッド、モンテペケが累積で出られず。
加えてやっと帰って来たアペラニスが再び怪我で出られず、
ロロも怪我したはずなんだけれど、何とか戻ってきた、というところらしい。
久しぶりにゴールマウスを守るガトちゃんゲーラ。
オルドーニェスはU-20の選手。シアニもアレオラもベンチって、え・・・?




前半が終わる30秒くらい前から見ています。
その時点ですでに1-0でハラパがリード。
噂によりますと、前半は互角、
でも早い時間にハラパがゴールをゲットしたらしい。


HTにリプレーが出ていたのですが、
左サイド、タボ・カブレラのロングスローから
誰かがシュート、ゲーラが手を伸ばして弾くけれど、
ルーズボールを拾ったのはやっぱりハラパの選手。
中央に折り返して、デ・レオンかなぁ、左サイドにクロス、
飛び込んだガロの蹴飛ばしたボールをも一度ゲーラが弾くけれども、
弾いた位置がすでにゴールってか。
ゲーラはゴールに横向きになって、伸ばした右手で触っているから
確かに入っているわな。
そんなわけで、1-0、総合で2-0と超苦しくなっていたクレマなのでありました。





後半開始とともに、サウル・デ・マタが下がってケンデル・エラルテ。
えーーーと、U-17の試合にいましたっけかね、この子。
FWを入れてのパワープレーをもくろむものと思われるけれど、
入った途端、削られてものすごく痛そうです。まあでもやがて復帰。


なんとか前線にボールを送ってシュートチャンスを作りたいクレマなんだけれど
チャンスがあるのはむしろハラパ。
オルティスがジャストミートでシュート、ゲーラが真正面でキャッチするけど、
いやあ危なっかしいなぁ。


2点取らないと勝ち抜けないクレマ、シアニ、アレオラと攻撃の選手を次々と投入。
あ、痛んだケンダル君はシアニと代わって、交代枠1つ損した計算になるのが切ない。
でも枠に飛んだシュートと言えば60分のマルケスのミドルくらいか。
相変わらずクレマはボールを持てないのであります。


まあでもそんな特攻作戦が少し実ってきたかなぁ、
ボールさえ持てれば何とか相手エリアまでは到達できる。
到達できるけれど、ハラパのDF、やっぱり堅実なんだよねぇ、
得点の匂いが全然しない。
フォンセカ消えてるし。ペッサロッシも見当たりません。


クレマが組織的な攻撃ができないでいる間に、
ハラパは効率的な攻撃で追加点。これで勝負あったな。
79分、右サイドからカスティーヨかな、の強烈なミドル、
ゲーラが弾いたのか、ポストが弾いたのか、とにかく跳ね返ったボールは
ガロの元へ、ガロ、簡単に押し込んで2-0。
満員のスタンドが大きく沸いた瞬間でありました。


クレマも諦めはしないにしても、これで心が折れちゃったね。
82分には再び追加点はロドリゴ・デ・レオン。
右サイドからデ・レオンが持ち上がって、
フェイントをかけてマーク1枚とゲーラをはずし、
ついでにゴール前で待っていたDFまでもこのフェイントにつられてしまい、
デ・レオンのふんわりと浮かせたシュートにタイミングを合わせられず。
まさかこんな展開になるとはね。


開幕チャンピオンのクレマ、閉幕は怪我人が多くて苦労してはいるんだけれど、
そろそろコンカチャンピオンもあるわけだし、いや、何だか心配ね。
もっとも、個人的には同じチームが連覇するよりは
別のクラブが力をつけて優勝してくれる方がいいとは思うわけですが。
唯一の例外はバルセロナで、こちらは何年でも連覇してくれると嬉しい限り。
もっともバルセロナってそういうクラブじゃないんで無理でしょうが。


最後の最後までハラパペースで試合は進み、終了。
ハラパのトゥルヒーヨ監督、感激のあまり涙を流し、
ゴンサレス監督にハグされているのでありました。
ハラパ、準決勝の対戦相手はエレディアであります。


*タグ/ハラパ(クラブ) コムニカシオーネス(クラブ)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/613-5b2decbd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。