スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8節 その他3試合 

何だか忙しい一週間で、先週の試合のレポが書けない~!
とにかくまとめます。


シェラフ 0 – 0 スチ

土曜日の夜、外出先から帰って来てテレビをつけたら、この試合。
いやしかし・・・、シェラフのGKは、なんと、ナッチョ・ロペス!??


後から確認したところによりますと、85分にミゲル・アンヘル・クレーがレッドで退場、
もう交代枠を使い切っていたシェラフ、
カスティーヨ監督「ナッチョ、お前GKしろっ!」という訳で、
本職はFWのナッチョがGKという珍しいシーンになったのでした。
ちなみにクレーのレッドは、エリアの外に飛び出してボールを手で触ったから。
開幕シーズンのダビッド・ゲーラを髣髴とさせるレッドでした。


さてそのナッチョ、ボールが来たシーンもありましたが、胸トラップして
何とか防ぐ。手を使うのには慣れてなくても
ダテに体でかくないよなぁ~、と感心したシーンでした。


さて、試合全体としてはシェラフが攻めて攻めて攻めるんだけれど
どうも最後のシュートが決まらない、て試合だったようです。
どしたかね、シェラフ~。

Xela no aprovecha en casa y deja escapar dos puntos frente a Suchi






シナバフル 0 – 1 エレディア

これはちとびっくり。まさかエレディアが勝つとはねぇ?


20分、シナDFのエドウィン・チャコン、ボールをGKにヘッドで戻したところを
エバンドロ・フェレイラに横取りされて得点されてしまいました。


そうは言っても最近好調のシナバフルだって黙っちゃいない。
試合を支配して相手ゴールを襲うものの、
GKのフェルナンド・パターソンが頑張って零封。
こうしてエレディアが勝ってしまったのでありました。


Heredia toma de forma provisional liderato del torneo Clausura





ハラパ 0 – 0 マルケンセ

相変わらず勝ち星のないマルケンセ(涙)。
今節は首位のハラパ相手のアウェーだし、ってことで
ゴール前に人を並べてとにかく専守防衛。
その甲斐あってスコアレスドローの1点を勝ち取って帰宅。


この試合、主審の妙な判定でホアキン・アルバレスが退場になり、
その埋め合わせのためにタボ・カブレラも退場になり。
とんだ試合ではあったようです。


Jalapa es líder pese a empatar de local





第8節は5試合中4試合が引き分け、
総得点が5得点という実にしょぼい節でした。
負けたシナバフルの一人負け、勝ったエレディアの一人勝ち。

  1. ハラパ 15 (+4)
  2. エレディア 15 (+1)
  3. シェラフ 13 (+1)
  4. サカパ 12 (+6)
  5. シナバフル 12 (+2)
  6. ロホス 12 (+2)
  7. クレマ 9 (-2)
  8. スチテペケス 7 (-2)
  9. ペタパ 6 (-4)
  10. マルケンセ 4 (-8)



*タグ/シェラフ(クラブ) スチテペケス(クラブ) シナバフル(クラブ) エレディア(クラブ) ハラパ(クラブ) マルケンセ(クラブ)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/592-b5bd3863

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。