スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7節 その他4試合 

ミッドウィークの試合というのは1試合見られればいい方。
とにかくもう第8節が始まっちゃうので、大急ぎで続きです。


ロホス 2 – 1 サカパ

先制はサカパ、9分にクリスティアン・ノリエガのミスをついて
ネリー・フェルナンデスがまず得点。


しかし、喜ぶ暇もない11分、
カルロス・ゴンサレスがセルビン・モッタとのコンビネーションから
ゴールを決めて1-1。
43分にはパンドのパスを受けて再びゴンサレスが決め、2-1。


サカパもいいチャンスはあったけれど、
またしてもハイメ・ペネドが頑張ったとか。
ペネドがいなかったらどうなるんでしょうね、ロホス。


Municipal venció a Zacapa





マルケンセ 0 – 0 シェラフ

ノーゴールではあったものの、
どちらも得点機会のあった、おもしろい試合だった模様。


マルケンセが主導権を握るものの、どうにもゴールが決められない。
はっきり言って、マルケンセの弱点はFWなわけで、
加えてスチのチャト・カスティーヨみたいに中盤からでも
どんどん攻撃していける選手がいるか、というとそれもまた、ね・・・。
個人的にはペーニャ・アギラールに期待してるし、
新戦力のアドルフォ・マチャドは結構いけると思うんだけれど。


眠れる獅子はいつ目覚めるのか・・・。


Leones y Chivos empatan en clásico de Occidente





スチテペケス 3 – 0 ペタパ

今度はスチがやっと初勝利(涙)。
それもいきなり3-0って、今まで何やってたんだ、って。
監督の交代でこんなに一気に変わるものですかねぇ?


前半は0-0、ペタパとしては計算通りだったんだろうけれど
後半開始早々の47分に相手のミスをついたチャト・カスティーヨが、
73分にも再びチャト・カスティーヨが決めて、
これでほぼこの試合が決まってしまったのでありました。

75分にはウィルベル・カアルがおまけを決めて3-0。
この調子で快進撃が続くといいけれど、
次節はマリオ・カンポセコでシェラフと対戦、
ペタパはホームながらも調子を上げてきてるロホスと対戦。


ちなみにこの両者、通期での勝ち点の熾烈な最下位争いを展開中で、
スチ、ペタパが26、マルケンセが27で、
この中から降格候補が出るのはほぼ確実。
ちなみに唯一まだ勝ち星のないマルケンセは、
第8節、アウェーで首位のハラパと対戦です。


Suchitepéquez goleó a Petapa





エレディア 3 – 1 ハラパ

初白星を挙げるところがあれば
初黒星を献上するところもあるわけで、
ハラパ、今シーズン初黒星。


先制は34分でハラパ、
ハラパ得意の人数をかけた攻撃でデデーがゴール。
しかし今シーズンは一味違うエレディア、
40分にセルビン・デ・レオンが決めて前半は1-1の同点。


後半になると62分にはマリオ・カステヤーノスが
81分にはエバンドロ・フェレイラが決めて3-1。


カステヤーノスは5得点で、得点王争い単独トップです。


Heredia vence a Jalapa





第7節までの順位です。

  1. ハラパ 14 (+4)
  2. シナバフル 12 (+3)
  3. シェラフ 12 (+1)
  4. エレディア 12 (0)
  5. サカパ 11 (+6)
  6. ロホス 11 (+2)
  7. クレマ 8 (-2)
  8. スチテペケス 6 (-2)
  9. ペタパ 5 (-4)
  10. マルケンセ 3 (-8)



*タグ/ムニシパル(クラブ) サカパ(クラブ) マルケンセ(クラブ) シェラフ(クラブ) スチテペケス(クラブ) ペタパ(クラブ) エレディア(クラブ) ハラパ(クラブ) 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/589-afd33f76

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。