スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6節 その他4試合 

14日の20時から4試合あって、
見たい試合は他にもあったのですが
やっぱりクラシコ見とかないといけないんだろうなぁ~、
と言う訳で、第6節、見たのはクラシコの1試合のみ。


ハラパとシナバフルの試合、見てみたかったんですけれどねぇ~。


ハラパ 1 – 0 シナバフル

はい、そのハラパとシナの試合。
第5節まで両者とも負けなしで1位と2位で来ています。
決勝点は94分という劇的な幕切れだったんだそうです。


ハラパが攻撃、シナが防戦、てな試合だったようですが
どうにも中盤で膠着したままで、
別の言葉で言えばタ・イ・ク・ツ、な試合だったんだとか。


そして最後の最後、ハラパ最後の攻撃は
センターサークル付近からのFK。
シナDFのクリアーしたボールがハラパの選手のところへ、
この誰かさんが蹴ったボールを前にいたガロが更に蹴飛ばしてゴール。


こうしてハラパは首位キープ。
どこまで続くか、この快進撃。


Jalapa vence a Xinabajul





シェラフ 3 – 2 エレディア

最近のシェラフは守備が崩壊しているようだけれど、
それでも勝っちゃうんだから大したもの。


とは言えこの試合はちょっと頂けない。
前半で2-0とリードしながら
後半になって2-2まで追いつかれ、
終盤になってやっと決勝ゴールが入ったという、
インチャからして見ればヒヤヒヤの試合展開。


まあもう一方のエレディアの方も守備は崩壊しているっぽいけれど。
守備的に行っていながら3失点じゃあ、ダメじゃんっ!


得点は
10分 リサンドロ・ペレス(シェ)
34分 アビダン・ソリス(シェ)
52分 マリオ・カステヤーノス(エ)
69分 エバンドロ・フェレイラ(エ)
で最後の締めは79分でやっぱりこの人、
さすらいのペペグリーヨことジョニー・クベロ。


それでもこの試合の終了後、スタンドからはブーイングが起きたとか。
最近、ぱっとしない試合が多いような感じではあるけれど・・・、
まあ、勝てたから良しとしてあげよう。


Xelajú derrotó a Heredia





ペタパ 4 – 2 マルケンセ

ペタパ、やっと初勝利(涙)。
マルケンセ、未だ勝利なし(涙涙)。
早い話が最下位争いだったのでありました。
この敗戦でマルケンセも降格争いの泥沼にはまり込んで来たかも・・・。


得点は:
30分 カルロス・キニョーネス(ペ)
59分 エリック・ヒメネス(マ)
72分 カルロス・アスプリーヤ(ペ)
75分 カルロス・アスプリーヤ(ペ) PK
80分 マリオ・ナバス(ペ)
82分 ホルヘ・エストラダ(マ)

これほど点が入る試合も珍しいけれど、
それにしても大丈夫なのかい、マルケンセ。


Petapa goleó a Marquense





サカパ 3 – 1 スチテペケス

唯一、日曜日に行われた試合。
最初の得点はサカパでワシントン・バティスタ、
次はスチで36分にチャト・カスティーヨ、
しかしDFがイマイチぴりっとしないスチ、
47分にはパソスとメルガルの間をアラナに破られて2-1、
最後はサカパのカウンター、ファビアン・ムニョスが
エリック・プリエゴに通し、プリエゴはこれを押し込むだけでもう得点。


なおこの試合の後、スチの監督オスカル・サンティスが更迭されて
フランシスコ・メルガルが新監督に就任しています。
メルガル、元マルケンセ監督だけれど、
ついこの間までアウロラの監督じゃありませんでしたっけね?
成績不振でクビになったような気がしたけれど、
まあスチってのはメルガルが選手としてデビュー&引退したクラブなんだそうで、
スチの監督になる運命ではあったのかも・・・。
サンティスは元々スチのユースの監督だったのですが、
新監督のアシスタント・コーチとして残留するそうです。


Zacapa es sublíder


*タグ/ハラパ(クラブ) シナバフル(クラブ) シェラフ(クラブ) エレディア(クラブ) ペタパ(クラブ) マルケンセ(クラブ) サカパ(クラブ) スチテペケス(クラブ)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/587-e10a9a93

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。