スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4節 シェラフ - ハラパ 

シェラフ – ハラパ
2月28日20:00, マリオ・カンポセコ
主審:フアン・カルロス・ゲーラ



グアテマラシティーはそれほど冷え込んでいないけれど、
選手たちの中には長袖だったり、手袋してたり、って姿もチラホラ。
主審のゲーラさんは長袖です。
ポマードべったりの髪型はいつもの通り。


登場人物です。
シェラフ
GK: ホセ・モンテロッソ
DF: ホセ・シリロ・ロペス
DF: クリスティアン・グスマン
DF: カンチェ・ロドリゲス
DF: フレディ・サンティアゴ・テイラー
MF: ネストル・フクップ(82’ マイノル・モラレス)
MF: ルイス・ヒルダルド・レイエス(57’ ナッチョ・ロペス)
MF: フランシスコ・パボン(73’ リサンドロ・ペレス)
MF: フリオ・エスタクイ
FW: ペペグリーヨ・クベロ
FW: アビダン・ソリス

ハラパ
GK: パウロ・セサル・モッタ(73’ フアン・ホセ・パレーデス)
DF: ロドリゴ・モンテロッソ
DF: ネルソン・モラレス
DF: タボ・カブレラ
DF: エディン・ロペス
MF: フアン・マヌエル・オレヤナ
MF: ロドリゴ・デ・レオン(65’ ドノバン・バスケス)
MF: エドガル・チンチーヤ
MF: フリアン・チャコン(36’ マリオ・ピニェイロ)
MF: デデー
FW: フェルナンド・ガロ




何気に1位と2位の首位対決になったこのカード、
いや、始まった途端、すごい煙?それとも霧?で
バックスタンド側のタッチラインが見えないんですが。
シェラだからきっと発炎筒かな。
そんなわけで、1分40秒で試合が中断してしまいました。
今日もかなり空席が見られる、シェラにしては珍しいスタンド。


1分後に試合再開。
シェラフの方がボールを持ってる時間が長いかな、
だけれどチャンスらしいチャンスがあったのはハラパの方で、
6分、ガロが持ち込むけれどボールがこぼれる、
そこへ走りこんできてシュートっ!と思ったら
シェラフの必死のクリアーにあって
スカっと爽やかに空振り。


最初のゴールはシェラフ。
8分、パボンのCK、これがゴールに吸い込まれてゴーーーール。
またしてもオリンピックゴールか・・・、
なんだか呆気にとられるようなゴールで、
ニアポストにいたチャコンのミスだって言われてるなぁ、
確かに、チャコンとポストの間をするりとボールが通り、
チャコン君、そこはべたりと貼り付いていないとアカンでしょ。
モッタも呆気に取られてないで、何とかしてくれや。


シェラフの方が良くなったかと思ったら、今度はハラパのゴール。
ええええー、何て試合。
13分、右サイドからのFKにタボがヘッドであわせる、
地面に叩きつけたボール、大きくワンバウンドしてゴールへ。
大きくワンバウンドしたのでGKには取りにくかったかも、
でも止められないボールではなかったような気が。
まあでもこうして1-1、振り出しにもどる。


ハラパって、昨シーズンまでは
アウェーでは引きこもるイメージだったんだけれど、
このシーズンは攻めあがっているねぇ、
選手がかなり変わって全く別のチームになって
開幕シーズンの悪いイメージを払拭できたのも良かったね。
でもやっぱり監督次第でチームって変わるよなぁと思う今日この頃。


シェラフだってカルロス・フラードさんの時は
しっかり守っておカウンターな退屈サッカーだったわけで、
経験のないチャト・カスティーヨが監督になってどうなるかと思ったら
これがまた攻撃的で魅力的なチームに仕上がっていて
いい選手を揃えながらいいサッカーが展開できないロホスとは大違い・・・。


両者撃ちあい、しかし、いいシュートははハラパの方かな。
モンテロッソのナイスセーブが2つばかり。
23分にはハラパが2人で攻撃をしかけ、
右から左に降ったボール、左からクロスが出て飛び込んだ誰かのヘッドでゴーーーール!
と思ったら旗が上がってます。
オフサイドはないし、何???左にいたのはチンチーヤかなぁ、
チンチーヤのプレーがゴールライン際で、
おそらくボールが出たと判断されたと思われる。
いやしかし・・・。出てる?出てない?わからん。
G線上のありやぁ~!?って感じだ・・・。


26分には縦に上がったクロスに、
フクップがエリア内で後ろを向いてトラップ、そのままチレナ~!!
ボールは外に出ちゃったけれど、ひやぁ、すごいね、ネストル君。


28分、DFの裏に抜けたボールにデデーが飛び出す、
ボールはモンテロッソがキャッチするけれど
そのまま肩を入れてデデーに体当たり。
うわ、この子、気ぃ強っ!
しかしこれはカードもののファウル。
ファウル取られなかったから良かったけれど
落ち着け、モンテロッソ。


32分、ルーズボールを競ったチャコン、
落ち方が悪くて担架で担ぎだされる。
悪く打ったようで、チャコンに変わってピニェイロが入る。
どうやら捻挫の模様。


40分、ガロとカンチェかな、2人がボールを追いかけて駆け比べ、
そこへモンテロッソが飛び出てくる、
おおお~、怖いことをする子だなぁ。
でもまあモンテロッソがボールをクリアーして結果オーライ。


前半は1-1のまま終了。




後半も息をもつかせぬ攻防戦。
59分にはデデーが華麗なドリブルでDFをかわして持ち込み左へ振る、
チンチーヤから右へクロス、
ゴール!!と思ったら最後のシュートが大きくはずれる。にゃあ。
でもいい展開の攻撃でした。


61分にはシェラフのFKからのプレー、
これもゴールだと思ったんだけれどなぁ。
モッタが飛び出してボールを叩く、
しかしボールはソリスのところへ落ちる、
再びモッタが飛びつくけれどソリスがシュート、
入ったと思ったその瞬間、G線上のモラレスがクリアー、
いやでも多分、モラレスに当たって跳ね返った、て方が正しい。
うわーーー、ボールが入りたくない!って主張してる・・・。


69分、モッタが交代を頼んで倒れこむ。
ちょっと前、FKを蹴った時に右足の筋肉を傷めた模様。
シェラ、寒いからなぁ(関係ない?)
ハラパに移って折角やっとプレーできるようになってきたところだったのに、
ついてないモッタ。
しかし、ハラパ、一試合で怪我人2人とは、これもまたついてない。


72分、モッタに代わって入るのはフアン・ホセ・パレーデス。
シェラフもついでにパボンを下げてリサンドロ・ペレス。


ハラパはもう引き分けでいいやぁ~、な感じになって来た。
シェラフはちょっと攻めあぐねというのか攻め疲れというのか。
攻め続けてはいるんだけれど、なんだか決め手がない感じだなぁ、
やっぱりフィゲロアの不在は大きいような。


さすらいのペペグリーヨはきっちりマークされてて
さすがの仕事人も今日ばかりは開店休業状態。


そんなわけでシェラフ最後の交代は
走り回ってちょっと疲れてきたフクップが出てマイノル・モラレス。
いいミドルを持ってるモラレスに状況打開ができるか。
もうあまり時間ないけれど。


87分、シェラフのロングボールがうまく前線に入る、
ペペかな、ヘッドしたボールが左へ落ち、
そこへソリスがフリーで走りこんできて、シューーートっ!!!
入ったー!と思わせて入らないのが今日のボール。
これもゴールを横切って外へ・・・って。まったくもう・・・。


追加は5分。
シェラフ、終盤怒涛の攻撃、ハラパは必死の防戦。
ホント、ハラパの守備固いんだよなぁ、
「俺にも仕事させてくれよ」
ってペペグリーヨの嘆きが聞こえそう。
でも、我慢して、我慢して、一発で決める力があるのがペペでもある。


94分、ハラパのDFから前線一人旅のガロにボールが出て
いきなりチャンス、いやしかし、ガロ、ボール持ちすぎ。
さっさと撃てばよかったのに、
ボールをこねくり回している間にシュートを撃てずに横取りされる。
シェラフのDFだってもう必死。


見応えのある試合でしたが、結果は1-1。
怪我人を2人も出したハラパにとっては勝ったような引き分け、
シェラフにとっては痛い勝ちこぼし。
明日のエレディアの結果如何では、首位が入れ替わるかも。


*タグ/シェラフ(クラブ) ハラパ(クラブ)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/577-6230d8ea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。