FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Exニュース No.3 

昨年はあまりぱっとした活躍のなかった
国外でプレーするグアテマラ人たち。
今オフの間に若干の動きが見られますのでまとめてお届け。


icon-flower-wineredフレディ・トンプソン

メキシコの2部ベラクルスにお買い上げいただいたものの
登録時期が過ぎていたためにプレーできないでいたフレディ・トンプソン、
先週、やはり2部のオリサバに売られたそうです。


閉幕シーズンの間だけの契約の模様だけれど
買取オプション付。てえことはレンタルか。


メキシコの2部は既に開幕しているようですが、
オリサバの試合は17日から。
そんなわけで、代表から招集されていたものの、
許可をもらってクラブの方に参戦しております。


icon-flower-wineredグスタボ・カブレラ

最初こそはなかなかいい出足だったタボ・カブレラでしたが
その後は試合に使ってもらえもしないまま。
その後はコロンビアのサンタ・フェという話もありましたが
事情があってそれもダメとなり、
国内のクラブ、当初はマルケンセでしたっけかが有力と言われてましたが
結局ハラパに落ち着きました。


ハラパと言えば兄ちゃんカブレラのエディがいたわけですが、
エディ・カブレラはハラパとは契約更新せず(できず?)
2部のフベントゥ・レタルテカに移籍しており、
弟カブレラのタボは兄ちゃんの後釜として
同じポジションをやることになりそうです。


やっぱり、プレーしてこそサッカー選手。
頑張ってちょうだい。


icon-flower-wineredマルコ・パッパ

実はパッパにはポーランドのクラブから声が掛かったのでした。
シカゴのチームメイトだったトマス・フランコウスキの推薦があって
Jagiellonia Bialystok(読めない)ってクラブからロホスに照会があったらしい。


ところが貧乏ロホス、「$75,000」てな大金?で売りつけようとしたものだから
あっという間にご破算になってしまいました。
ポーランド、うーむ、ようわからんが、ヨーロッパではある。


パッパは2009年のMLSシーズン終了までシカゴにレンタルされることになっており
パッパとしては、その間にシカゴにお買い上げ頂けるよう頑張りたいし、
ロホスとしても$75,000、あわよくばそれより高額で売りつけてしまいたいし、
ポーランドなんかに行かれてしまったら、その後、買戻しもできないんじゃないの?
という心配もあって(邪推?)、できればシカゴにいて欲しいんでしょう。


パッパの気持ちはよくわからないけれど、
今はシカゴでスタメン定着をもくろんでいる模様。


まあそれにしてもロホス・・・・・・。
パッパの将来を踏みにじるようなことだけはしてくれるな。


icon-flower-wineredカルロス・フィゲロア

フィゲロアの話は12月の内に決まっていたのですが、
パラグアイのオリンピアに移籍いたしました。


オリンピア、昨年末の会長選挙やら何やらのすったもんだの結果、
元ロホス監督のエベル・ウーゴ・アルメイダが監督に就任、
このアルメイダがフィゲロアを高く評価していて、
就任する前から「ワシが監督になったら来んかぁ」と
フィゲロアにラブコール(え?)、
シェラフもフィゲロアの移籍を快く認めてくれて、
とんとん拍子に決まったのでした。


オリンピアと言えばパラグアイの名門ではありますが、
ここ数年は低迷中。
アルメイダがこれを立て直すことができるのか、
フィゲロアが貢献することができるのか。
ちょっと注目してみたくはあります。試合見られないけれど。


こんな事情もあって、代表に選ばれていたフィゲロアですが
代表を抜けてしばらくはクラブに専念する模様。
それはそれでかなり正しい選択のような気が・・・。


*タグ/フレディ・トンプソン(選手) グスタボ・カブレラ(選手) マルコ・パッパ(選手) カルロス・フィゲロア(選手)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/558-ed226833

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。