スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決勝 ロホス - クレマ 

決勝セカンドレグ ロホス – クレマ(第242回クラシコ)

おおお~、久しぶりにマテオ・フローレスがかなり埋まっています。
空席もかなりあるけれど・・・、
試合が始まる前から、花火がバンバン打ち上がっていて、煙い。


今日のピッチはチェス盤のような市松模様。
何故に時々変えるのか、意味不明なんですが、ま、いいです。きれいだし。


クレマが先にピッチに入ってくる。
先発メンバーだけじゃなくて、ベンチ入りメンバーも含めて円陣を組む。
中心で檄を飛ばしているのは、カリスマキャプテン・ロロ。


クレマがピッチに散った後、試合開始時間も過ぎてから
ゆっくりと入ってくるのがロホス。
真打登場、のつもりなんだろうか。
オラシオさんはスタンドからの観戦です。

ロホス
GK: 27 ハイメ・ペネド
DF: 2 ハイメ・ビデス
DF: 13 パウロ・セントゥリオン
DF: 14 セルビン・ポンシアーノ(c)
DF: 6 フレディ・サンティアゴ・テイラー
MF: 24 セルヒオ・ゲバラ
MF: 8 ゴンサロ・ロメロ
MF: 11 ギジェルモ・ラミレス
MF: 19 マルビン・アビラ
FW: 21 カルロス・レギサモン
FW: 9 マリオ・アセベド
DT: ビクトル・ウーゴ・モンソン

クレマ
GK: 13 クリスティアン・アルバレス
DF: 18 カルロス・カストリーヨ
DF: 8 イーベルトン・パエス
DF: 2 エドウィン・エンリケス
DF: 5 エルウィン・モラレス
MF: 6 ルイス・ブラッドリー
MF: 21 エドガル・コット
MF: 10 サウル・デ・マタ
MF: 19 アブネル・トリゲーロス
FW: 27 ドワイト・ペッサロッシ
FW: 7 ロランド・フォンセカ(c)
DT: フリオ・セサル・ゴンサレス

今日の主審はヒゲを剃った
トム・ハンクス似のカルロス・バトレス。





試合開始は11時7分。
気持ちの良い晴天、青空の美しい決勝日和。
あとは内容さえ決勝にふさわしければいいんだが・・・。


立ち上がりは両者やや固くてパスミスだらけ、
最初のシュートはクレマのデ・マタ、
しかし、思いっきりのシュートミスだったり。


ミスが多い中で、気持ちだけは盛り上がってきたか、
10分までに双方カードが1枚ずつ。
盛り上がるのはいいけれど、怪我だけは勘弁。


初のシュートらしいシュートは12分、コットのミドル。
しかしやっぱり、クロスバーの上を通過。


今日のロホスはファーストレグのように待ち構えてカウンターではなく、
ボールを支配しようとする意志はある。
志はあるんだけれど、ボールが繋がらない。
クレマの方がほんのちょっぴり形になっているような、
でも中盤から前線へのボールを通すのに苦労してます。


ロホスの攻撃は右サイドからだとレギサモンのスピードを生かして、
左サイドはチャロとかパンドとかが重なって
何とかパスを通そうとしているらしい、
しかし、パンドとかきっちりマークされていて、なかなかできないんだよねぇ、
むしろ右サイドのレギサモンを生かした方がチャンスになる。
レギサモンの対面はアブエロ・モラレス、
この勝負はいささかレギサモンに分があるか。


22分、ロホスのゴーーール。
その前のプレー、クレマエリア近くの右側で
テイラーとバンピーロが衝突し、
足を傷めたバンピーロが外に出てる間に、その場所からのFK。
ファーサイドに一旦蹴って、
そこから再び反対サイドのレギサモンが蹴ると見せて後ろのチャロへ、
チャロのシュートはアルバレスが弾くけれど
こぼれたボールをポンシアーノがヘッドで押し込んでゴール。


これで総合2-2。
今シーズンからアウェーゴールがカウントされないので、
このまま終わると延長、そしてPKです。
大きく沸きに沸くロホスインチャ席。


この後、バンピーロが戻ってきたけれど、交代。
足を引きずってて、まともに走れないようで、
残念だけれど仕方がないか。
28分、ハイロ・アレオラが入って、トリゲーロスが出る。


ゴールを決めたことで、ロホスの動きが急に良くなってきた。
30分当たりから、怒涛の?攻撃が続きます。
体を張って守るクレマDF、いささかたじたじ。
しかし、両者のアタリが激しいので、倒れる選手が続出。
アルバレス、パンド、デ・マタ、いやいや・・・。
バンピーロ以外は大したことないようだけれど、とにかく怪我しないように。


クレマはアレオラになってから、左サイドがいささか死んでるかも、
右サイドのカストリーヨ&デ・マタコンビ、
それからコットくらいかなぁ、仕掛けることができているの。
後半、中盤を立て直さないと厳しいのではないだろうか。


前半終了間際、右サイド深いところからデ・マタがクロス、
ロロがスルーで飛び込んできたタンケが合わせてゴール!
かと思ったら、タンケの足にかすらず、ボールはコロコロ。


こうしてサッカーよりも気持ちで勝負の前半が終了したのでした。





うーむ、スタンドはかなり加熱しているようで、
熱さましに水撒きされていたりするそうです。
むー、クレマインチャ席で水がまかれた時に、
誰かがこけて怪我したとか???
だから、クラシコは見に行っちゃだめなんだよね・・・。
あ、その怪我した子にインタビュー。
この子、金網にしがみついて登ってたらしい、
そこで誰かに蹴っ飛ばされて落ちた、とか。わはは。


後半開始早々、クレマが押し気味。
前半の後半から死んでいたクレマの左サイドも復活、
両サイドからぼんぼん大きなクロスが飛んでおります。
最後のツメが詰まらないんだが。


ロホスはアビラに代えてロコを入れ、
これでスピード系が2人。
なかなか狙いがシンプルでわかりやすくて効果的。


まあ・・・、そんなわけで拮抗したままもう65分。
クレマの方がいささかよいかなぁ、
コットのいいシュートもあったんだけれど、
やっぱりすごいよペネド、ぴったり反応して止めてしまう。
それにしても、コット大忙し。
クレマの攻撃の中心でもあれば、シュートもするし
守備もするし、FKCKコットが蹴るし。過労死しないように。


72分、FWのペッサロッシを下げて、MFのマルコ・トゥーリオ・シアニ。
中盤を支配しきれないでいるクレマ、
ロロを残して中盤を厚くする、ってこと?
しかし、ポストプレーヤーがいなくなるということでもあり、
今までの両サイドからの大きなクロスではダメだってことか。
結構なギャンブルですな、ゴンサレスさん。


北側に詰めているクレマインチャがわーーーっと沸いたのが78分。
コットからの大きなサイドチェンジを受けたアレオラ、
テイラーをかわしてクロス、
DFをうまくまいたロロがヘッドで合わせてゴール!!
試合は1-1、総合3-2でクレマが1点リード。


80分、ロホスはゲバラを下げてプラタを入れる。
その直後、ロホスはゴール前でFKを得るが・・・、
プラタの蹴ったボールはカベにぶち当たる。
そして今度はアルバレスが靴紐をゆっくりゆっくり結び直す。
バトレス、アルバレスの前で時計とにらめっこ。


84分、クレマはデ・マタが下がってチューラ・ゴメス、
ロホスはテイラーを下げてベナード・ビヤトロ。


しかし、ボールを持ってるのはクレマなんだよなぁ、
もちろん、ロホスはスピード系選手が3人になったんだから
カウンター1発で決められるかもしれないが。


85分くらいから、とにかくロホスの必死の反撃、
クレマゴール近くでプレーする時間が増えてきたが・・・、
おじさんたちのロホス、ちょっと疲れたかな。


ゴール前でのカオスのようなヘッド合戦もあったりしたけれど
気がついたらボールはクレマに。
最後の最後まで走り続けたクレマが粘りぬいて優勝。
勝ったクレマ、早速皆で集まって感謝の祈りを捧げるのでありました。





クレマの優勝、実に5年ぶりだったり致します。
私的にはMOMはエドガル・コット。


負けたロホス、唯一チャロが残ってインタを受けています。
「たくさんのファンに来てもらったのに、
 皆の前で優勝できなかったのは残念だ。」
負けてもなおお手本になるような選手ですよねぇ、やっぱり。


いやそれにしても、本当に良く立て直しましたね、クレマ。
それも若手を中心にしたチーム作りで、
その若手の力を生かして決勝戦でも走り勝ったクレマ、
これからが楽しみ。


ゴンサレス監督は昨シーズンの前期チャンピオンに続く
2つ目のタイトル。
スタジアムにはエルナン・サンドバルも来ています。
もう自力で歩けるようだけれど、痛みがあるとか。
「今だけは痛みを感じないけどね」
って言っているけれど。
トリゲーロスは足首に包帯してるけれど、何故に裸足?


マルケスと誰か、大きな容器を持ってウロウロ。
かと思うと、目的物を発見したらしくて、
そちらに向うと、背後からいきなり中身をざーーーーっ。
こうしてゴンサレス監督はゲートレードのシャワーを浴びたのでした。


クレマ、おめでとう。
私的にもシーズン前の当たるも八卦予想が当たって嬉しいよ。
CCLでも頑張って頂戴。


*タグ/ムニシパル(クラブ) コムニカシオーネス(クラブ)  

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/553-479dcf6a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。