スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロロと希望の手 

ちょっと素敵な記事を見つけたので紹介しておきます。


元記事は12月19日のPrensa Libre。
まずはこちらの写真をご覧下さい。


何やら妙なポーズを取っている人たちが集合していますが、
中央にいるの、ロロことロランド・フォンセカ。
若手の多いクレマを強烈なリーダーシップで率いる見事なキャプテンシーの持ち主で、
今シーズンのクレマの好調は、この人によるところが大きいと思います。
そのロロと一緒にポーズを取っているのは
元パンディエーロ(ストリートギャング)の皆さん。


そう言えば最近、ロロがゴールを決めた後、
このポーズをよくしてたんですよね。
このポーズって、現在政権政党のUNEのマークでもあり、
ロロって、ティコ(コスタリカ人)の癖に、UNE???
とか思っていたんですが、それとは全く関係なく。
これ、鳩を形づくっているわけなのですが、
平和のシンボルとして使われています、ここでは。


もっとも、ここ中米のパンディエーロス、
実はどのパンディーヤに属しているのかを表すサインって手で行います。
道で対抗するグループにあったりすると
(どうしてわかるのか、私にはわからないけれど)
両手でそのサインをして見せる。
妙な感じに指を曲げるポーズでして、練習が必要です。
私にはできません、てかできてもしたくありません。


そんなわけで、写真の手のポーズも、
平和のマークというよりは、
パンディーヤポーズに近い感じの人もいるよなぁ、
「クビ締めたろかっ!」に見えるのは多分に私が考えすぎなんだが・・・。


話が逸れましたが、
元パンディエーロの社会復帰を図るプログラムの
シンボルとして使われているのが、この鳩マーク。
このDesafío Joven(デサフィオ・ホーベン、ヤング・チャレンジ)というプログラム、
Usaidの支援を受けて行われているそうですが、
その中のUno por Uno(ウノ・ポル・ウノ、一人ひとり)という活動に
ロロが関わり出したのが3ヶ月前。
毎週木曜日の会合に出て、
彼らの相談にのったり、励ましたりしているんだとか。


現在このプログラムに参加している元パンディエーロは120人。
もちろん、元パンディエーロにとって、
社会復帰の道はたやすくないはず。
「父親が麻薬の売人だったんで、
 子供の頃からいろんな人がやって来てやるのを見てたんだよね。
 兄弟2人もパンディエーロだし、
 これ以外に何もできることがないと思ってた。
 だけど、このプログラムに参加して、人生が変わったよ。
 クラックも止めたし、マラ18も抜けたし」
と語るのは21歳の女性。14歳からパンディーヤグループの
マラ18のメンバーだったそうです。


「母親が恋人と一緒に出て行ったんで、
 オレは子供の頃から祖父母に育てられてきたんだ。
 11歳の時に親戚に酒を飲まされたんだよな、
 その頃からバトス・ロコスってグループに関わり出した。
 オレが夜楽しんでいる間、家族には辛い思いをさせたな。
 義兄がオレを教会に近づけてくれたんだ、
 大変だったけれど、少しずつ自分を変えるようになった。
 でも、それが実現できたのはこのプログラムのお陰だ。
 オレの夢はサッカーをすること、
 1部リーグのチームで練習するようになりたいと思ってるよ」
と言うのは別の元パンディエーロ。


そんな彼らのために、当然のごとくあるのですよ、サッカーチーム。
デサフィオFC(チャレンジFCってところですかね)って名前で、
ロロももちろん参加しているのだそうです(選手としてではないだろうけれど)。
現在ロロは他のサッカー選手たちにも声をかけていて、
来年からは、他の選手たちもこのプログラムに参加するよになるかも。
プラタとかアセベドとかチャロとか、
そういう大人の選手たちが関わってくれると嬉しいですねぇ。
サッカー選手以外でもいろんな人が参加しているようですが、
前教育相のマリア・デル・カルメン・アセーニャさんが参加しているそうで、
これには私、唸りました。この人さすがだわ、やっぱり。
口だけじゃない政治家っての、なかなかいないですもん。


最後にロロのコメントを。
「うん、これは素敵なプログラムだよ、
 俺の人生を築き上げてくれるのが彼らだね。
 皆、戦おうという意志をもっている。
 もっともっと必要とされていることもあるって感じるね、
 ここにいる彼らより酷い目にあっている人たちもいるわけだし」

「今まで分かち合うことのできた280人の人たち全てに
 とてつもなく大きな愛情を感じている。
 皆、俺の兄弟姉妹のようなもんさ。
 彼らを見ていると、グアテマラはもっと良くなると信じられる」


好きでパンディーヤになる人はほとんどいなくて
環境がそうさせるケースがほとんどと聞いています。
ロロが携わっているチームから、良い選手が育ってくれれば
それだけでもまた、パンディーヤから足を洗う人たちが増えてくれるかも・・・。
忙しい身なのに、それもグアテマラ人でもないのに、
こんな面倒くさいことに手を貸すなんて、すごい人だよなぁ~。
きっと周囲から慕われているのだろうな。
頑張れロロ。決勝はクレマを応援するぞっ(←流されやすい私)


*タグ/ロランド・フォンセカ(選手)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/552-63845ab5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。