FC2ブログ

準決勝 ロホス - シナバフル 

準決勝セカンドレグ ロホス –シナバフル

またしても同じ時間に裏でクレマとシェラフの試合してるんですが
我が家がナマで見るのはこちらです。


ファーストレグは1-2でロホスが勝ち、
ロホス、かなり有利ではありますが、
引っくり返せないほどでもないしねぇ。
好試合を期待。


ロホス
GK: ペネド
DF: ビデス、ポンシアーノ、セントゥリオン、テイラー
MF: ゲバラ、オルティス、ロメロ、ビヤトロ
FW: レギサモン、アセベド

プラタやパンドも怪我から復帰しているようですが、
スタメンは累積だったポンシアーノが復帰したくらいで後は一緒。
うまく行ったチームはいじくらない、ってことですかね。

シナバフル
GK: マルティン
DF: ハビエル・ゴンサレス、メディーナ、トーレス、マティアス・ゴンサレス
MF: アランディ、ベタンクール、ルイス、ロアイサ
FW: エストラダ、フェルナンデス

謎の累積で出られなかったハビエル・スルド・ゴンサレスが復帰。
それ以外ではプリエゴに代わってロアイサが入ってます。





首都は晴天ではありますが、気温はそれほど上がらず。
日の当たるところは暑く、日陰はちょっと寒い、
洋服の選択が難しい今日この頃。


最初のシュートはシナバフル、
3分、ロランド・ロアイサが25m程のところ、
右サイドから内に切り込み左足でシュート、
ペネド、飛びつくもののキャッチできず、
落としたボールが転がって・・・、あ、でも、ペネドがやっぱり押さえました。


その直後には右サイド、レギサモンがタッチライン際を走りあがりクロス、
ビヤトロが合わせるけれども大きく外れて何事も起こらず。


最初のゴールは8分、メディーナがレギサモンを倒した後のロホスのFK。
右深めの位置からの大きなクロス、
レギサモンが頭で落としたボールを
クリアーしようとしたマティアス・ゴンサレス、
思わず自分ちのゴールに流し込んでしまう。
30cmほど外だったら、外れてたんだけれどねぇ・・・。
そんなわけで、1-0です。
総合で3-1、ますます苦しくなるシナバフル。


20分、シナのCKにメディーナが合わせるけれど
ペネドがきちんと反応してパンチングで外へ。


21分、シナバフルのロアイサが縦に抜け出し、
エリアのライン右側ギリギリに走りこむ、
ペネドが飛び出してきてスライディングぅ・・・。


PKだろ、これ。
と思ったんだが、主審はCKを指示。
リプレーで見ると、ペネド、ボールに触ってなくて、
ロアイサの脚に触ってるから、ファウルだよねぇ、
しかも、ボールにも触ってないからCKもないはずだが・・・。
シナにとっては痛いよなぁ。
線審に抗議したマティアス・ゴンサレスにイエロー。
ゴンサレス、今日は厄日か。


この後、試合のテンポが落ちてきたかな・・・、
ポゼッションはシナバフル、
シュートもあるけれど、まあ、ね、なかなか決まりません。
攻めているというより、攻めさせられている。
ロホスは余裕の試合展開。


う~む、テレビでも
「ロホスの試合はつまらないねぇ」
「だから誰も見に来ないんだよねぇ」
うん、これ、納得。
この試合、バックスタンドはインチャを中心に半分くらい埋まっているけれど
ロホス、自分たちで仕掛けるでもなく、
ただひたすら相手の攻撃に合わせ、攻撃は速攻のみ。
「マルケンセとシェラフの試合みたいなの見たいね」
う~ん、これも全く同感。
私が見た先週の試合、今シーズンのベスト試合です。


退屈なまま前半終了。





後半開始早々、立て続けにシナの絶好のチャンスが続くけれど、
ロホスDFが体を張って何とかボールを弾き出す。
8分にはアセベドのベタンクールへの肘打ちがあったけれど
カスティーヨ、イエロー出さないんだよなぁ、
アセベドは1枚貰ってるから、イエローだったら退場だったんだけれど。


いやしかし、こんなロホスでも
ゴール前に人の山造れば、ゴール決めるのは大変だよなぁ、
その割にはエリア内まで簡単に切り込まれてるのは作戦なんでしょうか?


57分、ロホス、カウンターからゴール。
これでこのシリーズは完全に決着がついたかな。


左サイドから緒明日が出て、チャロがエリア内に切り込んでDFをかわす、
マルティンが前に出てきたところでソンブレロ、
ファーポストにいたアセベドがヘッドで決めて
今度こそ本当にロホスのゴール。2-0です。
それにしても、ベタンクールへの肘打ち、
カード出なくてラッキーだったね、アセベド。
個人的にはあーゆーラフプレーはきっちり取って欲しいけれど。


裏の試合の方が盛り上がってるみたいなんだが・・・、
我が家はやっぱりこちらの退屈な試合の方を見続けるのであります。


ロホスは55分からパンド、ロコ、プラタと
怪我上がりの3人のリハビリを開始。
一方のシナバフルは70分になってやっとロアイサに代えてパラシオス。
結果は見えているとは言え、諦めずに頑張りましょう。


72分、右サイドからシナバフルのFK、
エリアの真ん中に届いたボールはパンドがクリアーするけれど
当たり損ねてグレゴリー・ルイスの前へ、
ルイス、蹴っ飛ばすけれど、一枚上手のペネド、
これもしっかり反応して片手で弾き出す。
今日は大当たりのペネド。


75分、くじけないシナバフル、やっとゴール。
CKにマティアス・ゴンサレスがヘッドで合わせて2-1。
今日は一応2ゴールのゴンサレス、
あっちにもこっちにも、いろいろと忙しいヤツだなぁ。


その後・・・、シナバフルの選手達もそろそろ疲れてきて、
ますます見所のない試合に。
いや、パンドとかロコとか、リハビリ選手たちの
あまりのノーコンぶりが見所と言えば言えるかも。
するりとDFラインの裏を抜けるまではいいけれど、
1対1になってあそこまで大きくはずせるものなのかね、
と感心するくらいの大ノーコン。


80分も過ぎるとシナは思いっきりのミドル攻撃、
それもいいミドルが続くんだけれど、
ペネドがどれも止めてしまう。
ファーストレグもこの試合も、ペネドの活躍がなかったら
どうなってたんでしょうね?
という訳で、テレビでもMOMはペネドだよね、とおじさん達。
グアテマラではMOMとかないんだけれど、公式には。


試合は2-1で終了、
しかし、ここまでやって来たシナバフルには拍手を送りたいですね。
一方のロホス、こんな生ぬるい試合で、決勝は大丈夫なんでしょうか。
ボールの支配率はロホスが40%、シナが60%、
シュートはロホス5本、シナが15本、
CKはロホス1本、シナ11本。
うーーーーむむむ、心配ですな。


*タグ/ムニシパル(クラブ) シナバフル(クラブ)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/548-eba80a48