スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第15節 第240回 クラシコ 

第240回 クラシコ


めでたく第240回を迎えた紅白大合戦じゃなくて
ロホスとクレマのクラシコです。
どんなに忙しくても、これは見逃せない。
という訳で見てました。


ちなみに、この試合、15節になります。
第14節はミッドウィークにあったので・・・、
レポも何もアップしないままですがご容赦。
13~15節の結果、まとめて別途アップいたします。多分。


16時からの試合で、試合終了と共に夕食の支度やら
何やら始めたら、レポが1日遅れになってしまいましたが、ご容赦。





ロホス
GK: ペネド
DF: ルアノ、ノリエガ、セントゥリオン、ブランコ
MF: ゲバラ、ポンシアーノ、ラミレス、ゴメス
FW: レギサモン、プラタ
DT: オラシオ・コルデーロ

クレマ
GK: アルバレス
DF: カストリーヨ、パエス、モラレス、ガヤルド
MF: ブラッドリー、ゴメス、ベニート、シアニ
FW: フォンセカ、アペラニス
DT: フリオ・セサル・ゴンサレス


序盤、どちらかと言うとクレマの方が硬いような気がしたけれど、
それでも10分くらいには落ち着いてきたか。
中盤で膠着する試合展開。こうなるとは思ったけれどさぁ~。


どちらも2ボランチの4-4-2という並び、
クレマは細かいパスを通そうとして、
相手のボランチや最終ラインでボールを奪われる。
ロホスはボールをサイドに預けると、
センターライン越えた辺りから
ぽんぽんぽんぽんと簡単にクロスを上げてくる。
で、クレマの最終ラインに跳ね返されるんだな、これがまた。
そんなわけで、20分頃まではクレマの方がいいサッカーしてるかも。


両チームの4人の攻撃的MFの内、
2人がU-20相当、1人がU-23で、
そうじゃないのはパンドだけ。ってのも、クラシコにしては珍しい。
ロホスのU-20はマイノル・ゴメス、
U-20のW杯予選に出ていたよなぁ、この子。
あの時は所属チームなし、ってかZona 18のゴメス君で、
どこのクラブに行くのかなぁと思ったら、ロホスでしたか。
中盤でなかなかいいパスを出しています、相変わらず。
しかしま、こうやっておじさん達の間で見ると貧弱だねぇ、
とっても華奢で小柄に見えるよ、ゴメス君。


クレマのU-20のジミー・ベニートはここ最近スタメン、
U-23のマルコ・トゥーリオ・シアニと共に
速さを生かして前線にボールを運ぶ役。
ただし、クレマのMFは少し下がりすぎで前線と距離があるような・・・。
そこをこの2人の速さを生かして埋めようよいうつもり?
まあ何とか相手の最終ラインにまでは到達しているもんな。


20分を過ぎた頃から、クレマ自陣でのファウルが続く。
ゴールまでは少し距離あるところだけれどね・・・、
そんなわけでロホス何本もFKあるんだけれど
どれ一つとしてチャンスにもならず。おいおい~。


33分には右サイドでシアニがボールを奪い、
セントゥリオンのチェックにも負けずに前線にボールを出す、
裏を取ったアペラニスが右サイドを走りあがり、左へクロス!
長いペネドがかろうじて手で触り、コースが少し代わる。
なわけでロロ合わせきれず。
クレマの絶好のチャンスが消えるものの、やっとこさ攻撃らしい攻撃。


その後はどちらもセットプレーから相手ゴールを脅かす程度で、
相手DFを崩せきれないまま、前半終了。





後半開始。ロホスはチャロを入れてマイノル・ゴメスがアウト。
この調子じゃあ、U-20規定(U-20の選手を500分プレーさせる)は
守れないかもよ、オラシオさん?
それよりもこの試合に勝ちたいってことなのかも。
中盤がスカスカだったロホスとしては、納得できる交代ではあります。


はあ、何だか両チームとも相手へのチェックが激しくなったな。
そういう時って、いいドリブラーとか速さのある選手がいる方がおトクとか?


50分、中央から右サイドにいたアペラニスへ、
アペラニスがロロにクロス、どんぴしゃのクロスにあわせたロロのヘッドは
ゴールの枠の角に当たって跳ね返る。
そのボールを拾おうとしたシアニは、滑り込んだらパンドに頭蹴られてしまい。
いや、わざとじゃありませんけれど、ちょっと痛そう。


チームとしての攻撃が一応機能しているクレマ、
チューラ・ゴメスが思いがけぬところに上がってきて
相手のマークをものともせずにシュートしたのは大きくはずれましたが・・・。
結論から書くと、このチューラ、何本かシュートありましたが
どれも大きくはずしていました。
最近、スチのカルロス・カスティーヨがバンバン攻撃を決めていて、
ボランチの選手がゴールを狙うケース、
以前より増えたような気がする。気のせいかしらん??


65分、パンドのクロスに合わせたプラタのヘッドは
ファーポストの外を通過。
ロホス初の攻撃らしい攻撃、と言うべきか、
やっぱりパンドとプラタ、役者が違うって言うべきか。


その後もお互いに攻撃しあいながらも相手DFに跳ね返され続け。
ロホスは65分にレギサモンに代えてアセベド、
クレマは72分にシアニに代えてトリゲーロスを入れる。
今日のシアニはキレキレで、いいプレーがいくつもあったんだが。
トリゲーロスやマルケスを抑えてスタメンになってるだけあるわ。
代えるならベニートだろっ、とテレビのおじさんたち、
でもベニート、U-20だし、まだU-20規定満たしてないクレマだし。
そんなわけでトリゲーロスです。


膠着したまま時間が経過、見応えはあるんだけれど・・・、
80分、チノ・ルアノが負傷したようで、ビデスが代わりに入る。
ルアノ、右膝にアイシング。大したことないといいけどね。


87分、バンピーロ・トリゲーロスがロホスエリアのライン上で
一人をかわし、中に切り込もうとしたところで
チャロがトリゲーロスの足を踏んづける。
ファウル・・・と思ったら、主審はトリゲーロスのシミュレーションを取る。
うううう~ん。スローで見る限り、きっちり踏んでいるようだけど。


まあでも折角のクラシコ、せめぎ合いと言うべきか、
攻めあぐね合いというべきか、ふがいなさ過ぎ合いというべきか、
こんな試合がPKで決まっちゃ興ざめだよな。


てなわけで、0-0のまま試合終了。
なんともはや。


*タグ/ムニシパル(クラブ) コムニカシオーネス(クラブ)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/539-f9dec75b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。