スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CCL ロホス - サントス 

ロホス – サントス

諸説あったのですが、結局この試合、消化試合となってしまいました。
先週、アイランダーズに勝って、ひょっとしたらチャンスあるかも!?
と思ったのも束の間、規則上敗退が既に決まっていたのであります。
皆びっくり、小僧がっくり、オラシオさんは大怒り。


一応、第5節までで順位は

  1. サントス 9
  2. アイランダーズ 7
  3. タウロ 7
  4. ムニシパル 5


第6節でアイランダーズとタウロが引き分け、
ロホスがサントスに勝てば、サントス以外のチームが
皆勝ち点8で並ぶのでありました。


しかし。
なんだか良くわからない規則なのですが、勝ち点が同じ場合は:
1.勝ち点が同じチーム間の勝ち点が多い方
2.勝ち点が同じチーム間の得失点差の多い方
3.勝ち点が同じチーム間のアウェーゴールの多い方
という順番で勝者を決めるんだそうな。
これで決定しない場合は、
全試合での勝ち点、得失点差、アウェーゴールを比較、
更にこれでもまだ決着しない場合はくじ引き、なんだそうです。
何とまあわかりにくい規則だこと。


で、1~5節までの3チームの結果は:
アイランダーズ 2 – 1 タウロ
タウロ 2 – 1 ムニシパル
ムニシパル 2 – 2 アイランダーズ
ムニシパル 2 – 2 タウロ
アイランダーズ 0 – 1 ムニシパル


さて、サントスの係わらない試合の勝ち点は:
アイランダーズ 4(1勝1敗1分)
タウロ 4(1勝1敗1分)
ムニシパル5(1勝2敗1分)
で、第6節のタウロとアイランダーズが引き分けになって
(って、実際に引き分けになったわけなのですが)
ロホスがサントスに勝つと、勝ち点は皆同じで並びます。
ということを前提に以下、話を進めます。


両者間の得失点差。
この3チームの試合だけを抜き出すと
どこも皆、得失点差が0、になるんですよね。
第6節のアイランダーズとタウロが引き分けなら、やっぱり0のまま。
なのでこれでは決められず。


そして最後がアウェーゴール。
第5節まででカウントすると、この3チーム間の試合のアウェーゴールは
タウロ 3
アイランダーズ 2
ロホス 2
となっていて、タウロが一歩リード。
最終節がサントス戦のロホスはこれ以上アウェーゴールを増やせず。
アウェーゴール決める可能性あったの、アイランダーズだけ。
てえことはタウロも最終節ノーゴールでの引き分けか
勝つしかなかったはず、ってことかぁ。
でも実際には2-2の引き分けに終わって、アイランダーズが勝ちぬけ。
ロホスはまあ、どうあがいても負け落ちが決まっていたという次第。


ま、そりゃ、ホームで勝てなきゃ厳しいわよ。
というわけでやっとこさサントス戦に話が移ります。





ここのところの寒波の影響で無茶苦茶寒いグアテマラシティー、
その寒い夜にお寒いスタンド、と思ったら
いや、リーグ戦の時よりはお客さんいるかもね、
こんな寒いのにご苦労さん。
昨日ほどの強風は吹いてませんが(凍えたんだよね、昨日は)
もう既に15度切ってるくらいじゃないかな、気温は。
消化試合とは言え、サッカーの内容の方は
お寒くならなきゃいいけれど。


勝ち抜け決定で余裕のサントスがスタメンクラスではないのはともかく、
ロホスも結構スタメンがいなかったり。

ロホス
GK: モッタ
DF: ビデス、ポンシアーノ、セントゥリオン、ブランコ
MF: マロキン、チャロ、パンド、フレディ
FW: レギサモン、アセベド
DT: オラシオ・コルデーロ

えーと、サンティアゴ・テイラーは怪我、
クリスティアン・ノリエガが累積で出られず。
ボランチはとりあえずのマロキン、
最近好調のレギサモンはともかく、
え、アセベドおじさんですかぁ・・・・・・。





この試合、他のことをしながら見ていたので、
実は細かく追いかけてません。
でも結果から書けばPK4つの4-4というザル試合。
パンドのハットトリック付だけれど、その内2つはPKだからな。
ロホスのあと1点はレギサモンでありました。
サントスはアグスティン・エレーラがハットトリックですか。


まあでも75分にサントスのペラルタにゴール決められて、
あら、こりゃ負けかと思ったら、
最後の最後の94分、パンドが意地でゴールを決めて、ハイ、同点。
難しい位置から迷わずに左足で蹴っ飛ばしてサイドネットにぶち当たった、
お見事なゴールでした。
このゴールでパンドはMOMゲット。


最後にふさわしい?無秩序で、見てる分には楽しい試合でしたね・・・、
本当はもっとぴしっとした試合をして欲しかったんだけれど。
お互いにスタメンじゃないからこうなるのかもな、
ロホスは相変わらずのDFザル(マロキン~!!!)で、
いやはやまったく、この先どうなるんでしょ?な試合でした。


ま、ご苦労さん。
これでリーグに専念して、来シーズンこそはリベンジをヨロシクですよ、オラシオさん。


*タグ/ムニシパル(クラブ)

コメント

お出かけですか

円高で大変だとは思いますが、せっかくなので楽しんできてくださいね~。
私のほうも後ろ手後ろ手に回ってますが、ともかくここだけはコメントを!と思って。

そうかぁ、そう言えばコンカカフの規定ってそんなんでしたっけね。
ややこしくてちっとも覚えられません。
どうして勝ち点の次は素直に得失点差にしないんでしょうね?
んで、私が勘違いしていた点も、monjablancaさんの説明でよくわかりました。
もっとも、わかってなかったんで、ムニシパルが勝てばいいんでないの?
と思って応援しながら見ていたおかげで、けっこう楽しめましたけど(笑。

まあ結果としては残念でしたが、サントスとの一戦目とかいい試合してましたし、
グアテマラばかりでなくいろんなチームがじわじわとでも強くなっていって、
来年また来年と頑張ってくれればと思います。
メキシコとしては追い上げられる側だからあんまり嬉しくはないけど(笑、
でもそれでうかうかしてられんぞ、ってことで今のグダグダ沼から抜け出してくれたらなあ。
コンカカフかコンメボルか、ってことももっとしっかり考えるきっかけになってくれたら
もっと嬉しいですしね。

すっかり亀レスですが

>亀さん

応援してもらったのにねぇ~、どうも今年のロホスはツメが甘いです。
補強に失敗してるので、
元々、今年は望み薄だとは思いましたけれど。

それにしても、ややこしいルールですね、この大会。
直接対決が総合成績より優先されるのは
リーガ・エスパニョーラなんかもそうなんですが
個人的には、順位表を見ればわかる、ってルールにしてほしいですねぇ。
じゃないと、あっちも引っくり返し、
こっちも引っくり返さないと、誰が勝つのかわかんない。
4チームのリーグ戦となると、勝ち点が同じになる可能性って
多いですものねぇ。

メキシコは何だかんだ言っても、
ちゃんと勝ち上がっているから大したもの・・・、と言うか
MLSのクラブがどこも今シーズンは今ひとつでしたね。
ヒューストンくらいでしたか、
らしさを見せていたのは。

モントリオールとかアイランダーズとか、
思いがけないところがいい試合を見せて、
そういう意味ではおもしろい大会になったとは思いますが
グアテマラってホント、国際大会で勝てない国だよな、
っての、改めて認識致しました。

メキシコがコンメボル、
そうなったら嬉しい(!)ですけれど
ありえないでしょうねぇ~。
そうして相変わらずのコウモリ生活が続くんじゃありませんか。
大変なのは選手たちですよね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/536-250ec260

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。