スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第12節 その他の試合 

第12節。そろそろ上位数チームは固まってきていますが、
相変わらず絶対的なチームのいない今シーズン。
さてさて、誰が優勝するでしょうね。


サカパ 1 – 0 シェラフ

1位と2位の対決はサカパに軍配。
ホームのサカパの方が序盤から積極的に攻めていったらしいけれど
決勝点は51分、ファビアン・ムニョスのCKに
エリック・ガルシアがフリーでヘッドで合わせたもの。
おいおいおい~、シェラフぅ~。
セットプレーで失点しちゃダメ、じゃん。


んなわけで、買ったじゃなくて勝ったサカパが
また順位を引っくり返したのでありました。





マルケンセ 2 – 1 エレディア

39分、サナブリアのクリアーミスをネストル・マルティネスが奪い、
右サイドから、エリアのライン付近で思いっきりぶんっ!
と蹴ったボール、サイドネットに突き刺さり、マルケンセが先制。


49分、今度はエレディア、自陣からのFKかな、
センターサークルを越えた付近でヘッドで落としたボール、
マリオ・カステヤーノスが受けるとDFを交わしてシュート、
これで1-1。


そして最後は68分。
右サイドをフランシスコ・アギラールがDF2枚を引き連れて上がりクロス、
エレディアのDF残り2枚と
マルケンセのリッキー・ネルソン・ムルガの3人が走りこみ、
ムルガが押し込みましたとさ。
これが決勝点となってマルケンセ勝利、最下位脱出。

余談ですが、エレディアのある北部ペテン県は
10月になって大雨による浸水被害が発生しており、
一時は空港のあるサンタ・エレナと
エレディアのあるサン・ホセを結ぶ道路、不通になってました。
仕方がないので、ペテン・イツァー湖を
ランチャで横切って移動していたという話ですけれどもね・・・、
皆さん、ワニには注意して下さい。





スチ – シナバフル


24分、エリア内でボールが落ち着かず、
一旦DFがクリアー、
しかし、これがファブリシオ・ベニテスの元にポトリ、
思いっきり蹴ったボール、グスタボ・ベタンクールに当たって
コースが変わりゴールに入っちゃう。
久しぶりに運もありそうなスチ。


62分、CKをシナDFがクリアーしたものの
カルロス・カスティーヨがボールを奪って
ヒールキックでセルヒオ・モラレスに出し、
モラレスがシュート~!!!はい、2-0です。


シナバフル、ロホス以外にはアウェーじゃ勝てないんだよね。
スチの方も、本当ならもっと点が入ってもいい試合だったという噂が。





第12節終了、全日程の2/3をを経過しております。
  1. サカパ 20
  2. クレマ 20
  3. ロホス 19
  4. シェラフ 19
  5. シナバフル 16
  6. エレディア 15
  7. スチテペケス 14
  8. ペタパ 14
  9. マルケンセ 13
  10. ハラパ 12

今節の首位はサカパ、最下位はハラパ。
まあでも上位4チームは決勝シリーズへの進出、
ほぼ確定、って感じがします。
それ以下はドングリの背比べ。
最下位争いの方がおもしろそうかも。


*タグ/サカパ(クラブ) シェラフ(クラブ) マルケンセ(クラブ) エレディア(クラブ) スチテペケス(クラブ) シナバフル(クラブ)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/535-1df67539

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。