スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小僧、チャロに遭遇する 

土曜日と言えば小僧のサッカー。
先週からは新シーズンが始まっております。


私はいつも朝小僧を捨てて置いて一旦家に戻り、
試合の開始時刻頃に再び現場に赴く、というスケジュールです。
カテキズムを受けている間、ぼーーーっと待ってるのもヒマだしね。


さて、そんな土曜日。
そろそろ試合に向うか~、と愛車に乗って家を出た私に小僧から電話が。
「ママ、紙とペンを持ってきて!」
「は、はあ~???」
頼むから要点言ってくれ。
私ゃ携帯片手にしながら運転し続けられるほど器用じゃないんだ。
「チャロがいる、チャロがぁああああ!!!」


ナルホド。
あ、チャロって、ロホスのチャロことゴンサロ・ロメロ。
でも、紙とペンって言ったってねぇ、
いや、でもこの時のために常備しているのが油性マーカー。
そんなわけで現場に直行、
小僧はアンダーシャツにサインをもらって、
写真も一緒に撮らしてもらえて、
話も一杯して、大満足。
あ、書き忘れてましたが、
小僧、この日は遅い時間の試合に当たっていて
しばらく待ち時間があったのですね。
そんなわけでチャロ、小僧チームの子たちにもみくちゃにされておりました。



そしてこれが証拠写真。
息子さんの試合を見に来たんだそうです。
もちろん息子さんはロホスのカンテラ。


アイランダーズとの試合に行っていたロホス、
プエルトリコに行っていて
帰国したのが昨夜22時なんだそうで、
疲れていると思うんですが、
嫌な顔しないで子供達の相手もしてくれれば、
大人たちの相手までしていました。
大変だよね、有名人は。


チャロと話をした小僧情報は次のようなもの:
「ロホスは今日は午前中はお休み、
 午後から練習なんだって」
「チャロはマリアーノ・ガルベス大学で
 バケーションコースでサッカーを教えてるんだよ」。
バケーションコースって、
今ちょうど学校の1年が終わって来年1月までの長い休暇なのですが、
この期間、各種いろいろのバケーションコースってのがあります。
サッカーなんかももちろんあり。
しかしチャロ、大学で子供相手に教えてるんですかね・・・?
イマイチよくわからん。


そんなこんなで大興奮だった小僧、
試合の方は審判の不可解なジャッジも手伝って2-3で負けてしまったのですが、
小僧は1アシスト。
今シーズンからはMFをやってる小僧、
チャロはいい刺激になったかも。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/532-a3d09f2b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。