スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅まきながら第11節 

うーむ。W杯予選敗退ほぼ確実、の影響でしょうか。
先週のリーグ戦、見なかった試合のこと、すっかり忘れてました(呆)
てなわけで、もう第12節始まってるんだけれど、
今更のように第11節のまとめ、なんてのがあったりします。


ペタパ 1 – 0 マルケンセ

中盤密集の試合、てかどちらも中盤から前に進まない、
てな試合だった模様。


そこで後半、ペタパはも少し攻撃的に布陣を取り、
相手ゴールに襲い掛かる。
マルケンセ、この試合のGKは若手のマヌエル・ソサ。
今シーズン、若手GKに結構チャンスがあって、
ベテラン受難の年だったりするのかも。


マルケンセはトリゲーニョが苦手なはずの空中戦を仕掛けたけれど、
トリゲーニョ、最近好調なんだよね。
という訳で不発。


試合が動くのは65分になってから。
途中交代で入ったアルバロ・ウルタルテ、
リバスからのパスを受けて思いっきりのロングシュート、
これがずばりと決まってペタパ勝利。お見事。


Prensa Libreの記事





ハラパ 1 – 1 スチ

始まったと思う間もなく35秒にハラパが先制。
デデーの蹴ったCKにカスティーヨがヘッドで合わせたもの。
これでハラパはわーーーっと盛り上がるんだが、
なかなか追加点を奪えずイライラ。


しかし48分。ラファエル・ゴンサレスのファウルで
ハラパがPKをゲット。
蹴るのは最近補強したばかりのリサンドロ・モヤノ。
ところがところが、モヤノ、これを失敗してしまう。
うーーん、何故にデデーが蹴らなかったのだろう。


息を吹き返したスチ、59分にFKをラリンが決めて同点。
その後はもうぐちょぐちょのピッチで
まともなサッカーになりませんでしたとさ。


Prensa Libreの記事





シナバフル 2 – 1 サカパ

小雨の中の試合。
首位を行くサカパとは言え、
前節でレッドを受けたムニョスがこの試合に出られず、
厳しくなりそう・・・というのは試合前から言われていたのではありますが。


でもって活躍したのがノルマン・マルティン。
って、シナバフルのGKだったり。
あ、てえことはサカパがやっぱり優勢にコトを進めていたのかね。


しかし先制はシナ。
40分、グスタボ・ベタンクールがFKを直接決めて、
1-0で前半終了。


後半もサカパは攻勢をかけ、
50分にはリチャード・デ・レオンのゴールで同点に。
しかし54分、ワルテル・エストラダがハイボールに競り勝ってシュート、
これが決勝点となってシナバフル勝利。


Prensa Libreの記事





第11節終了時点での順位。
  1. シェラフ 19
  2. サカパ 17
  3. クレマ 17
  4. ロホス 16
  5. シナバフル 16
  6. エレディア 15
  7. ペタパ 14
  8. ハラパ 12
  9. スチテペケス 11
  10. マルケンセ 10

どのチームも調子が出きらない今シーズン、
今度はシェラフが1位です。
さて、来週は誰だ。

*タグ/ペタパ(クラブ) マルケンセ(クラブ) ハラパ(クラブ) スチテペケス(クラブ) シナバフル(クラブ) サカパ(クラブ)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/531-471125eb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。