スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷちニュース No.96 

violetさ迷えるグアテマラ代表

キューバ戦から帰国した翌日、マラディアガの更迭が発表されています。
まあ、いた仕方のないところか。
見てて思ったのですが、マラディアガって選手の資質に合わせた、
いいチームを作り上げることはできる監督さんですよね。
でも、そのチームが機能しない時に、それを修正できない。
ビハインドを背負った状態で、状況を打開するような戦略や選手起用ができない。


そんな感じがしました。


選手をゆっくり育てていける、クラブの監督の方が向いているかも。
まあ今回は時間もなかったしね・・・、
そんな中で、調子の出ない選手達を引っ張って、
ここまでやって来てくれただけでも有難いと思うのは私だけなのかしらん。


violetさて後任、

まだ決まりません。
11月に行われるアメリカ戦はユース代表の監督さんがやるそうです。
それって、「もう捨てました」ってことですか?
ま、このタイミングで監督辞めるっての、
そういう意味なんだから仕方ないか。


一番近いと言われているのがベンハミン・エドゥアルド・モンテロッソ。
グアテマラ人。現役時代はロホスでプレー、
引退後はいろんなクラブの監督してみたり、
代表監督もしていたり。


1998年12月~2000年1月までが代表監督だった機関で、
この間の成績は23試合6勝10敗7分。
最近はずーーーっと浪人してたと思いますが、ま、そんな人です。
監督としての手腕は、私はお目にかかったことがないので何とも言えないですが。


他の候補だったエンソ・トロセーロ(Arg)は高額なギャラを要求してきたのでボツ、
もう1人、エベル・ウーゴ・アルメイダ(Par)は現在パラグアイのオリンピアの監督してて
「ちょっと手が離せない」状態なんだとか。


なんだ。消去法で決めてるんか。


現在モンテロッソとは条件を詰めているところだそうで、
それで合意に至れば契約、
そうじゃなきゃ他の誰かを探すことになりそう。
他の誰か、って言われてもねぇ~、はて、誰がいるんだか。


violetちょっと関係ないけれど

W杯予選のホンジュラス – メキシコ戦、
カルロス・バトレスが笛を吹くことに決まったんだそうです。
かあいそ、バトレス。貧乏くじ引いたな。


そしてなぜか聞こえてくるメキシコ方面のブーイング・・・。
他の連盟(多分CONMEBOLのことだろうなぁ)の審判を要請するとかしないとか、
おいこら、それは失礼でしょ!
てか、何焦ってるんだよ!?
最終的にはそんな醜態をさらすようなまねはしないだろうと思うわけですが、
この神経過敏ぶりにはちょっとびっくりです。


まあ確かにCONCACAFの審判のレベルは問題あるかも。
でも、昨日のUCLのアトレティコ対リバプール、
あの審判、てかあの線審もすごかった、ですよねぇ。
ヨーロッパの審判、確かに全体の質は高いですけれど
それでも誤審がないわけでもないんだし。
CONCACAFは審判の研修増やしてほしいけれど、
多分CCLが研修代わりでもあるんだろうなぁ、
こういう大会が増えると、審判のレベルも高くなっていく、はず。
・・・・・・プレーレベルはどうなんだよ、って気もするが。


violet一方、フットサルW杯

W杯はブラジルとスペインの決勝、2-2で引き分けて
PKの結果ブラジルが優勝をさらってしまいましたが、
確かにブラジルは凄かった。
ブラジルだけで2チームできるじゃん!てな選手層の厚さ、
最優秀選手に選ばれたファルカンの華麗なるプレー。
いやぁ、目の保養になりましたねぇ、全く。


さて、ここからが本題。
FIFAのサイトにこの大会のベストゴールってのがアップされてて
一般ネット投票により順位をつけることになってました。
その中に、グアテマラのラファ・ゴンサレスのゴールが(嬉!!


その投票、もう締め切られたのですが、
ラファ・ゴンサレスのゴールが堂々の1位に輝いたのであります。
確かに華麗なフェイントを使ったゴラッソ~なんだけれど、
これはきっとグアテマラの組織票だと思う(笑。
こちらで見られます。
FIFA - Goal of the Tournament



順位は次の通り。

  1. ラファ・ゴンサレス(登録名はホセ・ゴンサレス)(GUA)
    10月7日中国戦
  2. マルセロ(ESP)
    10 月5日チェコ戦
  3. Fathi Alkhoga (LBY)
    10月1日ウルグアイ戦
  4. イクラー・マカエフ(UKR)
    10月12日イラン戦
  5. ミゾ(EGY)
    10月5日中国戦
  6. タオ・ゼン(CHN)
    10月9日ウクライナ戦
  7. セルギー・チェポルニウク
    10月5日アルゼンチン戦
  8. アドリアーノ・フォリャ(ITA)
    10月16日スペイン戦
  9. シュマッハー(Bra)
    10月4日ロシア戦
  10. ディミトリ・プルディンコフ(RUS)
    10月8日日本戦


おめでと~、ラファ。

*タグ/グアテマラ代表 プリミ親分 ラファエル・ゴンサレス(選手)

コメント

あら

ホンジュラス-メキシコ戦、バトレスさんですか。
そのニュースさえ見落としてたので自信はないんですが、
メキシコ側からのブーイングって、外野じゃなくて関係者からですか?
よその連盟から、なんて発言が出るあたり、そんな感じですね……。
つい先日のサントス対タウロのときも、テレビのおじさんたちは
バトレスなら安心できるし、とか言ってて、メキシコでの評判は悪くないと思うんだけどなあ。
ただまあスーペルリーガのときのNE対アトランテでちょっと揉めましたよね。
あの大会はバトレスさんどころじゃないひどい審判だらけで、
ただ、バトレスさんはそれでぴりぴりしてたメキシコの最後の試合で
不可解なレッド乱発だったので、いっそうの批判を浴びてしまって、
そのイメージが残ってる人もいるのかもしれないけど……。
でもそのあとでもCCLで何度もメキシコチーム(アトランテ含む)の審判してますしねえ。
ま、このホンジュラス戦が大山場になっちゃってメキシコがピリピリしてるのは確かだろうとは思いますけど。

コンカカフでメキシコ以外で大事な試合任せられる、となるとバトレスさんくらいだろ、
と私なら思うんですが、貧乏くじと言われると、それはそうかもね。
どの方面から見ても平穏無事に終わるとは思えない試合だし。
なんか最近つくづくコンカカフの試合には嫌気が差してしまいますね。

どちらが勝っても

>亀さん

揉めそうな試合ではありますよね。
なので、引き分けでいいじゃん・・・!とか思うのですが、
ダメ???

「よその連盟から」って言ってるのが誰なのかは知りません、
単なる「そうだったらいいのにねぇ」みたいな話なのかもしれませんが
テレビのスポーツニュースで小耳に挟んだセリフで、
お?と思わずにはいられなかったんですよねぇ。

予選って本大会より必死な試合が多いですから、
こういう大切な試合を吹く審判は本当に大変だと思います。
いいジャッジをしてほしいですけどねぇ、バトレス。

そう言えば、先日2010年W杯の審判候補38人が発表されてましたね。
CONCACAFからはアルチュンディア、ロドリゲス(以上Mex)、バトレス(Gua)、アギラール(Slv)とアメリカの誰だったか、名前の思い出せないあの人。
カリブの人は1人もいませんでした。

審判の育成もものすごく大切だと思うのですが、
プレースピードが速くなっている昨今、
22人の選手と1個のボールのプレーを
3人の審判だけで裁ききれない部分もあるのかもしれません。
まあでも、ホンジュラスとメキシコの試合、
どうなることやら、見たいような、恐ろしいような。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/530-8691e907

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。