スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CCL アイランダーズ - ロホス 

CCL プエルトリコ・アイランダーズ – ロホス


グアテマラ時間で18時開始。
急いで買い物をすませて帰宅したら、ちょうどコイントスしてるところでした。
あ~、間に合った。キャプテンはポンシアーノか。
ホンジュラスやらグアテマラの北部は大雨で、
今日予定されていたマラトンとサプリッサの試合は延期されたようですが、
プエルトリコは雨降ってないのね。吉と出るのか凶と出るのか。


ロホス
GK : ペネド
DF : テイラー、ノリエガ、セントゥリオン、ビデス
MF : ポンシアーノ、ゲバラ、パンド、チャロ
FW : レギサモン、アセベド
DT : オラシオ・コルデーロ





アイランダーズはオレンジに白のストッキング、
ロホスは青・青・青のユニ。
序盤はロホスの方がちょっと勢い良いかなぁ、
でもボールをしっかり回しきれないのは相変わらず。


アイランダーズのスタジアムゴール裏はゴールに近くて見やすそう、
でもバックスタンドは一部駐車場ですか?
1/4くらいのところ、スタンドがなくて、車が止まってるなぁ、
車に乗ったまま観戦できますよ!ってシートだったり?


相変わらず・・・、ロホスの攻撃はゆっくりのんびり、
一方のアイランダーズ、カウンター速っ!
ボールを回す時はそんなに怖くないけれど、
でもロホスのボール回しも全然怖くないわな。


この試合、ローカルとESPN2で放送してて、
とりあえずESPN2で見てます。
ESPN2、フランシスコ・パロモと解説の誰か、
ロホスはファンからとっても愛されている選手がいるけれど、
いい加減新しい選手を入れないとね、って言われてたり。
あはは、それ、誰も走らないから言われてるのよね?
走ってるのはパンドくらいかもな、というわけで
ま、その通りです。
アセベド、プラタ、ゲバラ、ルアノ、チャロ、ポンシアーノ、
そろそろここらに代わる人を見つけてこないとねぇ~、
フレディもパンドももう30歳越えてるわけだし。
おじさんたちのロホス、いい加減生まれ変わってくれ。頼む。


USLは先週末試合がなかったんだそうで、
元気溢れるアイランダーズ。
一方のロホス、最近はやることなすことちぐはぐになってきてて、
ホント、大丈夫なんでしょうか。
どうしても前線にボールを運べないロホス、
いや、でもアイランダーズもそうかな・・・、
でもクロスがいいところに飛んでるような。


25分、レギサモンが倒されたふりしてFKゲット。
位置は半月ちょっと手前の絶好の場所。
なかなか並ばないカベにチャロが歩み寄って
セントゥリオンに一言二言。
でも蹴るのはパンドで、低くていいボールだったんだけれど、
残念、GKが横に倒れて止める。


29分にはエリアの角ちょっと手前でアイランダーズがFKゲット。
左に入れたクロス、アイランダーズの2人が高く飛んで、
どっちかがヘッドで当てて、あちゃー!!
と思ったがはずれて行った。良かった・・・。
にしてもこの2人、チームメイト同士でごっつんこしてるんですが・・・。


31分、む、テイラーが足を傷めた模様。
右脚かなぁ、筋肉を傷めたような雰囲気。
にしても・・・、このスタジアム、タンカがないのかっ!?
ドクターとチャロに肩を貸してもらって出てゆくテイラー。
テイラーに代わって23ブランコが入る。


41分、相手のクリアーをパンドが半月手前で2タッチでシュート、
ちょっとびっくりしたGKだけど体に当てて落とし、
詰めてきたレギサモンが押し込もうとするけれど、
GKが止める。ちえぇ~、でもいい攻撃だった。
そうそう、そういう意外性がないと。


さっき頭をごっつんこした内の1人、アリエッタかな、
また流血しているなぁ、
審判に出ろって言われてすごい怒っているけれど、
頭ぶっつけたの君じゃん。
頭を包帯でぐるぐる巻にしています。


44分、またしても左サイドを破られてクロス、
ゾンビじゃなくてジョンビが合わせたボール、
ポールのわずかに外。あ、は、は・・・・。
ジョンビってYombyって書くカメルーン人。
スペイン語風だとジョンビだけれど、
オリジナルは多分ヨンビィ。
0-0のまま前半終了。





後半になって、鉦やらサイレンやらの音が聞こえ出す。
賑やかな応援やなぁ~、
試合が退屈なので、ESPN2の解説は
グアテマラ代表と監督の話になってたり。放っといてくれ・・・。
まあでも、このロホスの出来上がりを見れば、
グアテマラ代表が良くないのもわかるわなぁ、
ロホスって代表の選手も多くて、
しかもグアテマラ代表に一番近いサッカーをするわけだから。


アイランダーズも今日はあまり迫力ありませんな。
引き分けでも勝ち抜き決定だからって、軽く流しているのかね。
55分、アリエッタが右サイドから思いっきりミドル、
ペネドがうまく反応して弾いてくれたが・・・。危うい。


うーむ、すごいなぁ、アイランダーズの選手のファウルで
レギサモンが倒されて、ついでにヤツも一緒に倒れて、
つまりロホスにFKなんだけれど、ものすごいブーイング。
今のは遠目にも明らかだったと思うけれどなぁ、
まあでも、ブーがものすごく合っていて、迫力あるブーイング。


55分くらいから、一方的に攻められる時間帯が続く。
ロホスはそろそろ焦りもあるし、辛い。
相手のシュートが枠に飛ばないのが不幸中の幸い。
頑張れ、耐え忍ぶんだぁ~!!


62分、相手エリアでのスローイン、
誰かに触って落ちて、ポンシアーノの元にポトリ。
シュートしろぉおおおおっ!!!
シュートする前に相手にクリアーされてしまいました。ちっ。
だれか、反射神経をもっと良くする練習してくれや・・・。


65分、エリア内。
レギサモンに相手DFがかぶさってるだけでもファウルだが、
オマケにボールに手で触ってるやんけっ!!
審判~!!!誰か知らないけれど、トリニダード人だそうです。ぬう。


65分、ゲバラに代わってアビラが入る。
もう規律などはどうでも良い、ということですかな、オラシオさん。


66分、アイランダーズのジョンビがゴールにまっしぐら~、
後ろから追いすがるノリエガ、何とかかんとか腕を使って相手を倒す。
なわけで、相手にFKです。半月の中。
このプレーはレッドだろーーーっ!と解説の人たち、
ごもっともなんだけれど、出さないで、お願い。
だって、さっき、奴等のハンド取らなかったじゃんっ!!!
ジョンビが倒れて、今度はちゃんと運び込まれるタンカ。


ここでアイランダーズの選手交代、13が入って15が出る。
選手交代の後でノリエガにイエロー。
おやおや、ずっと考えていたのかな、この主審。
ま、でも、イエローならいいよ、ありがとう。
ただし、ノリエガはサントス戦プレーできないそうです。


70分、やっとカベが出来上がった。
アリエッタの蹴ったボールはカベに当たって大きく外へ。
いや、ありがとう。


74分、左サイドを上がったレギサモン、
相手DFを交わして、も1人交わしてシュート!!!!
っと思ったら空振り~。
あはは、ごめん、でも笑った。
でもボールは失わなかった、頑張るレギサモン。


でもやっぱり交代か。74分、レギサモンが出てフレディ。
そのフレディの蹴ったCKはサイドネット直撃。
こらぁ~、フレディっ!らしいところ見せてくれよっ。


84分、左サイドでFKゲット。
相手のファウルにカードをしつこく要求したポンシアーノにイエロー。
こらこら。一旦クレームした後、くるっと背を向けた審判の背中で
ぱんぱんぱんって手を叩いてまでカードを要求、
そりゃ、審判だってむっとするがな。
キャプテンだってのに、エネルギー使うところを間違えとるよ。


しかし85分、ロホスのゴール!!
エリア手前に上がったハイボール、
アビラとアイランダーズのDF2~3枚が飛び上がる。
ボールはDFの背中に当たってゴール側に落ち、
アセベドが盗んで慎重にシュート!にゃったあああ~!!!
ゆっくりお祝いして、歩いて戻る選手達。
キックオフまでに1分が経過。


ロホス相手なんてちょろいちょろい、引き分けで十分、
と思ってたアイランダーズ(多分)、計算が狂う。
ここで選手交代、2番が出て23番が入る。
さて、守りきれるか、ロホス。いつもゲームが動くの終盤だしな。
それにアイランダーズ、ホームではずーーーっと負けてないチームなんだし。
プエルトリコ、怒涛の攻撃、ペネド大活躍。
特にクリアーしたボールを誰かが思いっきりミドルで蹴ったボール、
入ったかと思ったけれど、ペネドが横っ飛びでジャストミート・パンチング。
いやもうホントにサン・ペネド。


89分、FKかな、人口密度の高いエリア内、
クロスボールを手に当てて落とし、
地面に倒れこんでキャッチしたペネドを
アイランダーズの誰かが蹴っ飛ばした。
ケンカだ、ケンカだーーー!!
いや、ちょっと揉み合っただけでした。
勝ってるんだから、深入りしちゃいけないロホス。
で、審判、カードは?
いや、それより気になるのは、ペネド、倒れてるんですが・・・。
時間稼ぎならいいけど。
ちょっと前にも肩打ったみたいだし。
取りあえず大丈夫だった模様、そしてカードは1枚も出ず。


そんなハラハラドキドキの終盤、
ロホス、何とかかんとか逃げ切りに成功。
0-1でロホスの勝利。良かった。





これで5試合を終了、D組は
  1. サントス 9
  2. アイランダーズ 7
  3. タウロ 7
  4. ロホス 5

最終戦はタウロ - アイランダーズ、ロホス – サントス。
にしても何故、同時開始じゃないんでしょうねぇ、
それどころか、日付まで違うじゃん。


29日に行われるタウロとアイランダーズの試合、
どちらかが勝てばロホスにチャンスはなく、
その時点で30日のサントス戦は消化試合になります。
引き分けに終わってくれれば、チャンスあり。
もう勝ち抜きを決めてるサントスは
グアテマラくんだりにやってくるのは控え選手だろうし、
それに勝たせて頂ければ、得失点差でロホスが勝ち抜き。
タウロとアイランダーズが引き分けって可能性の方が少ないけれど・・・、
ま、でも、クビの皮2枚くらい繋がっておりますな、ロホスの場合。


とにかく後は、悔いのない試合をして頂戴。お願い。


*タグ/ムニシパル(クラブ)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/529-49784786

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。