スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第11節 クレマ - エレディア 

クレマ – エレディア


マテオ・フローレスはガラガラ~。
それでも出だしからお互いに激しい試合でしたが、
激しすぎていきなりトリゲーロスが削られていたが・・・。
クレマの方がいささかカタチになっているかな、
エレディアは自陣からのカウンターだけれど、
オフサイドになってみたり、
誰もいないところに放り上げてみたり。
一か八かのサッカーかい。


あ。両チームのメンバーはこんなです。

クレマ
GK: アルバレス
DF: カストリーヨ、ヒメネス、エンリケス、ガヤルド
MF: ブラッドリー、マルケス、ベニート、トリゲーロス
FW: アペラニス、ロロ
DT: フリオ・セサル・ゴンサレス

エレディア
GK: モレイラ
DF: パディーヤ、ペレス、アギーレ、サンドバル
MF: フアン・デ・レオン、セルビン・デ・レオン、セボジータ、アリアサ
FW: カステヤーノス、リナーレス
DT: フアン・カルロス・エリアス


それに・・・。エレディアのDF。ひどくないかい。
特に左SBのウワルド・ペレス、恐ろしいプレーが多くないかね?
ミスパスの連続&相手にボールを奪われて自らピンチを招く。
エレディはGKのヒルトン・モレイラが好調だし、
今のところきっちり体の正面で止めてはいるが、大丈夫かい。


そんな13分、エレディアが先制。
放り込みサッカーで大丈夫かこいつら、と思ってたら
取りあえずCKをゲット、
ファーポスト側にいたリナーレスの元にポトリと落ちたボール、
クレマDFがどうしても蹴り出すことができず、
リナーレス、シュート!!
サイドネットに突き刺さるゴールでありました。あらあら。


15分、今度はクレマのゴール、トリゲーロス。
えー、見逃した。何があったんだ。
左サイドでボールを受けて、持ち上がってシュート!!
おお、切れているじゃん、トリゲーロス。
ロロも飛び込んだけれど、トリゲーロスのゴールってことか。
あっという間に1-1。


23分、続いてアペラニス。
右サイドからのスローイン、
ロロがヘッドで後ろに飛ばし、DFがヘッドしたけれど
ボールは上に上がっただけ、
アペラニス、DFに張り付かれたまま、落ちてくるボールを回し蹴り~!!!
こんな無理っぽい体勢からでもシュートできるのは、やっぱりアペラニス。
良く足が上がるよなぁ~、バレエでもやってるんと違うか。


こうなってくると、俄然元気になるのが若手の多いクレマ。
トリゲーロスが続いてゴーーール、と思ったらこれはオフサイド。


エレディアって、まぢで守備がザル?
中盤はまだ悪くないと思うけれど、
DFが相手の攻撃を止めきれずにズルズルズル。
で、開いた穴を利用されてしまう、みたいな。


そんなわけでエレディア選手交代、
31分、元々背中を痛めていたアリアサが下がってジーン・ホウエル、
36分、セルビン・デ・レオンが下がってジレノ・カルバッロ。
カルバッロ、どうしてスタメンじゃなかったんでしょね?
とテレビの解説。


この交代で攻撃を厚くしたエレディア、
勢い良く開いてゴールに襲い掛かるが・・・、
今日のクレマ、今のところ守備の破綻はありません。
加えて今日は結構中盤が守備を頑張っているんだよね。
なわけで、撃てるシュートはミドルレンジ、
GKのアルバレス、1つスゴイのを止めてみたり。
なかなかおもしろい攻防で、前半終了。





後半開始。
クレマはマルケスを下げてチューラ・ゴメス。
守備を重視しよう、ってことなんでしょうが、
守備を重視し始めた途端に失点するのがクレマのパターンだからな・・・。


そして52分、カルバッロがボールを持っていたところに
トリゲーロスが寄せて行き肘打ち。
肘打ちというよりは腕全体で押そうとしたのかも、だけれど
カルバッロ、額が少し切れてるね・・・、
んなわけでトリゲーロス、レッド。退場です。
んんんー、トリゲーロス、切れる切れる!


58分、両チーム選手交代。
エレディアはSBのウワルド・ペレスを下げてジョニー・ブラウン、
クレマは右MFのジミー・ベニートを下げてイーベルトン・パエス。
エレディアは攻撃強化、クレマは守備強化だけれど・・・、
いや、その、ゴンサレスさん、守備の人を増やせば守備は良くなるんですか?
最近のクレマはそれで失敗しているような気がするんだけれど・・・、
とりあえずパエスは中盤に入ってます。
後半開始早々とその後と2度ばかり
アペラニスがいいチャンスをミスったのが結構痛いかも・・・。


と思ったら62分。
時間を稼ぎつつゆーーーっくりボールを回すクレマ。
ボールを受けたアペラニス、右サイドで様子を伺う。
DFに体勢を崩されながらも持ち上がってクロス、
するっと飛び出したロロが合わせてクレマ追加点。
ほら、完全にザルだよなぁ~、エレディアDF。3-1。


攻撃するしかなくなちゃったエレディア、
なわけで怒涛の攻撃です。
てか、クレマは余裕で守ってればいい、はず。
他方、たまーにクレマの前線にボールが出ると
イコール クレマのチャンスだったりして。
アペラニスとロロの2人で何とかしてしまう辺り、
いやぁ~、エレディア、だめじゃん!
ロロのシュートは入った!と思ったらヒルトンちゃんがナイスセーブ。


68分、ゴンサレス、カストリーヨとガヤルドに
「もう上がらんでええで~」と指示したらしい。
2点リードしてるし、実際ロロとアペラニスで何とかできそうだし、
これで後20分ちょい、乗り切ればええでーーーってことか。
ロロとアペラニスも後ろ目に下がってきています。


エレディア、ボールを持って回す。と思ったら失った。
ほら、アペラニスの一人カウンター。相手DFは2枚いるんだが・・・、
アペラニス、至近距離からボールをGKにぶち当てて、カウンター終了。
もちっと工夫せえ~。
いや、それにしても、ほら、エレディアのDF・・・、


エレディア、ボールは持つけれど攻めあぐね。
攻めあぐねて、アペラニスがボールを持ったらファウルで止める。
トップにポツンと残るアペラニスにDF2枚ついているから、
クレマサイドにはエレディアの攻撃陣が8人、
クレマの守備陣が8人。数的には一緒なのであったりする。


79分、クレマ最後の交代は疲れの見えるロロが下がって
マルコ・トゥーリオ・シアニ。


ゴール前に来たボールはとにかく弾き返すクレマDF、
DFがクリアーしきれずにボトリと落ちたボール、
マリオ・カステヤーノスがシュートミス。ああ・・・。


87分、今度こそエレディアの得点。
左サイドからのクロス、リナーレスがヒメネスに競り勝って後ろへヘッド、
落ちたボールをブラウンが押し込む。
ほら、いつものクレマになってきた。
こらガヤルド、ちゃんとマークしないと・・・。
んなことだから代表も・・・(ブツブツ


そして88分、なんと同点~!!!
再び左サイド、セボジータ・エスパーニャかな?から大きなパス、
リナーレスが落としたボール、
後ろにいたカステヤーノスが思いっきりのミドル、
これが決まっちゃうからわかんないものだよなぁ、世の中(え?)


そして最後の最後は92分。
クレマサイドからのFK、
シアニが蹴った大きな大きなボール、
地面にバウンドしてポストに当たって跳ね返る。
ボールは外に出るんだけれど、倒れている選手が一人。
ヒメネスをマークしていたハウエルかなぁ、お互いに殴り合いになって
ヒメネスが殴り勝ったらしい。主審は見て見ぬふり。


こうしていろいろと激しかったこの試合は終了したのでした。
エレディア、勝ったような喜びよう。
やっぱりホームでは勝てないのね、クレマは。
お祓いしてもらった方が良いかもよ~。


*タグ/コムニカシオーネス(クラブ) エレディア(クラブ)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/528-831b4829

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。