スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷちニュース No.94 

violetキューバ戦に向けて

「1人少ない相手に勝てないなんて!!!」
という声がグアテマラ中から聞こえてきております。
でもマトゥラナさんって、ああいうかっちりしたサッカーが得意ですよねぇ。
そういう意味では、すっかり術中に嵌ってしまったのかも。
トリニダード、守備がきっちりしてて、カウンターがはまってましたね。


そういう反省点を次の試合に生かしましょう。
次のキューバ戦、パンドは累積で出られません。
パンドがいないのは痛い、
いやでも、トリニダード戦に限って言えば
いなくても余り変りはなかったような。じゃ、ま、いいか。


代わりに招集されたのがマルビン・アビラ。はあ~?
ボランチの位置のパンドの代わりは、多分チャロ。
トンプソンだけは止めて欲しい。まだマイノル・モラレスの方がいい。


とにかくすかっと勝ってくれやぁ~、キューバ戦。
アウェーだけれど、大丈夫かな・・・。


violetフットサル代表帰国

ブラジルでのW杯に参加していたフットサルのグアテマラ代表、
11日に帰国しましたが、
空港は歓迎の人々でごった返したそうです。
・・・実は小僧も行きたがっていたんですけれど。


さてこの1次リーグの総評がFIFAのサイトに出ておりました。
Lo que dejó la primera fase

世間のびっくりは
B組のパラグアイがポルトガルを押さえて2次リーグに進出したことと
D組のイラン。
イランは初戦のスペイン戦、最初はリードしてたんですよねぇ、
最終的には3-3の引き分けになってしまったけれど。


で、C組にはグアテマラについての一言コメントも。
「嬉しいびっくりはグアテマラ。
 2勝した後の最終戦は、もう少しで
 アルビセレステ(=アルゼンチン)の頭痛の種となるところであった。」


そしてGKのカルロス・メリダが優秀選手として取り上げられています。
実際、すごい活躍してたからねぇ、攻守に渡り。


フットサルっていうのは、空中戦がないし、接触戦もあまりないので、
小柄な選手でも活躍できる余地のある競技なんだそうです。
そのせいなのかな、11人制サッカーでも足技のうまい国が
この大会に多いような気が。
グアテマラも小柄な選手の多い国ですが、
それでも他の国と対等にやれる、ってのが嬉しいですねぇ~。


これで国内リーグもプロ化するかも。
人気が出そうな競技ではあります。


violetウィリー・シムス、スチへ

アメリカ生まれのグアテマラ人FWで
マイアミFC所属のウィリー・シムス、
スチ入りが決定しました。


シムス、過去にはプエルトリコ・アイランダーズ、
ニューイングランド・レヴォルーションなどに所属、
だけどグアテマラでプレーするのは初。


ちなみにスチ、シムスの他に
ホンジュラス人のルイス・ロダスの加入も決まっております。
どうにも調子の出ないスチ、さてこれで立て直せるか。


*タグ/グアテマラ代表 フットサル・グアテマラ代表 スチテペケス(クラブ) ウィリー・シムス(選手)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/522-e9e39a27

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。