スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9節 その他の試合 

マルケンセ 1 – 0 シナバフル

これってひょっとしてナントカクラシコじゃないのかな?
メキシコとの国境に隣接するお隣県の県都にあるクラブ同士の対戦だから、
クラシコ・デ・フロンテーラとかどう??


前半からシナバフルが飛ばしてたみたいです。
だけどやがてマルケンセが主導権を取るようになり、
0-0で前半終了。


後半はマルケンセの選手交代がぴたりとはまって、
途中から入ったフランシスコ・アギラールがこぼれ球をシュート、
これが決まって1-0になったのが75分。


その後も両者にチャンスがありながら、
それぞれにFWがはずしてしまってどーにもならず。
ま、それでもどーにかこーにかマルケンセ勝利、
さりげなく最下位脱出もしてみたり。





サカパ 2 – 2 スチテペケス

前半は2-0でサカパがリード。
得点はいずれもヘラルド・モリーナ、
モリーナってSBしてる20歳の若手で、どちらもヘッドで決めた模様。
クレマ戦でも決めてませんでしたっけね。ゴソゴソ(調査中の音)。
あ、そうそう、前節のクレマ戦、
サカパの最初のゴールを決めたのがモリーナでした。
ひょっとしてブレイクするかっ!
と思ったら76分に負傷退場しちゃった模様。
ただし、もう交代枠使い切った後だったので、
これ以降サカパは10人で試合続行。


さて、スチの反撃は61分、カルロス・カスティーヨのミドル炸裂、
と途中出場のアンドレス・リベラが83分に同点ゴールを決めて、
スチ、追いつく。


前半はサカパがカンペキな試合展開だったようだけれど、
後半になってグダグダ、
グダグダに乗じてスチが追いついたけれど、
スチ、最下位に転落したのでありました。





エレディア 2 – 0 シェラフ

シェラフはFWのジョニー・クベロとアビダン・ソリスが不在、
代わりに出たのはナッチョ・ロペスとルイス・レイエス、
しかしサスライのペペグリーヨの代わりを務めるには
ちと荷が重すぎやしないかね、やっぱり。


てなわけで手堅いFWを持ってるエレディアが先制、
27分、シェラフのクリアーミスをリナーレスがヘディング、
これはポストに当たって跳ね返り、今度は足で「入れよっ!」とキック。
入りました。


後半は59分にマリオ・カステヤーノスが追加点を上げ、
シリロ・ロペスは退場になっちまって、
内弁慶のシェラフにはいいところがありませんでしたとさ。





第9節、折り返し地点の順位です。
  1. ロホス 16
  2. クレマ 15
  3. サカパ 14
  4. シェラフ 13
  5. エレディア 11
  6. ハラパ 11
  7. ペタパ 11
  8. シナバフル 10
  9. マルケンセ 10
  10. スチテペケス 9

ロホスが首位、1点差でクレマ。

続いて得点王。
  1. アドリアン・アペラニス(クレマ) 7
    ファビアン・ムニョス(サカパ) 7
  2. ガストン・リナーレス(エレディア) 6
  3. フェルナンド・ペラルタ(ペタパ) 5
  4. イスラエル・シルバ(ハラパ) 4
    ジョニー・クベロ(シェラフ) 4
    マリオ・アセベド(ロホス) 4


やっとグアテマラ人が入ってきた!と思ったらアセベドおじさんか・・・。
まったく最近の若い者は(ブツブツ・・・


3ゴールには最近好調のエドウィン・ビヤトロ、
サカパ期待のSBヘラルド・モリーナなんかがいるんだけれど。
急募!イキのいいゴールゲッター。


*タグ/マルケンセ(クラブ) シナバフル(クラブ) サカパ(クラブ) スチテペケス(クラブ) エレディア(クラブ) シェラフ(クラブ)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/506-d9b2afd3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。