スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U-20W杯中米予選 グアテマラ - パナマ 

U-20W杯中米予選 グアテマラ – パナマ

この試合に先立って行われたエルサルバドルとベリーズの試合、
エルサルバドルが3-0で完勝!
なんでウチ、ベリーズに勝てなかったんでしょうね、ホント。
それにしてもエルサルバドル、最近はパナマをカモにしてますな。


さて、で、パナマにカモにされてるのがウチ。大丈夫か・・・。
立ち上がりはパナマが良かったけれど、
10分過ぎた頃から固さが取れてきたグアテマラ、
DFの裏を取るプレーで相手ゴールを脅かすけれど・・・、
あの~、線審のそこのアナタ。
オフサイドじゃないのもオフサイドって旗上げるの辞めて下さい!!
ちょっとイライラが溜まる試合展開。


今日は昼間ざーっと降ったけれど、試合開始時点では曇り。
やがて雨粒が落ちてきそうな、泣きそうな空模様ではあるけれど。


そして問題のシーン。
38分、エリア内でのファウル。
パナマがエリア内に蹴った高いボールのクロス、
グラマッホとパナマの誰かさんがぶつかって
ボールがゴールの方へ弾かれる。
このボールをダゴベルト・アレオラがポール際ジャンプするけど頭じゃ届かず、
クロスバーに当たってこぼれる。
こぼれたボールはパナマの選手の前に、
ウチの誰かがソイツにつっこんで、ボールをとりあえずクリアー。


主審はアレオラにレッドを出してPKを指示。
スローが何度か繰り返されてやっと理解できたけれど、
アレオラ、ジャンプした時に大きく両手を伸ばしていたのですね。
確かに、手にはちょっと触っているようではあるけれど、
でもハンドであれば、レッドにはならないだろー!
大体、アレオラの手をかすっただけじゃんか、とおじさんたち喧々諤々。


グアテマラベンチもかなり熱くなっていて、
ベンチの誰かさんと誰かさんが退場になったらしい。
気持ちはわかるけれど、落ち着け。
といいながら、私も落ち着けない。


喧々諤々している間に前半終了、0-1。





後半、雨が落ちてきてみたいですね、まだ小雨だけれど。
49分、15アローチェが入って10ゴメスが出る。
ゴメス、ケガした模様です。


50分、やったー、グアテマラのゴール!と思ったらオフサイドって・・・、
オフサイドじゃないっ!!!
うああああ!全然オフサイドじゃないってばぁあああ~。
パスが出た際にオフサイドじゃなかっただけのみならず、
その前にパナマの選手が触ってるのに・・・。ア、アリエナイ・・・・・・。


これに抗議して、監督のクラビオットまでもが退場。
気持ちはわかるけれど、まだ誰かベンチにいるんか?
ATがいるそうです。
不幸中の幸いは、こういう試合展開だと、
ウチ的に硬さが取れて気持ちが入るってことか・・・。


う~ん、いろいろと問題のある審判はフリオ・クルス(Crc)。
この前の試合もこの人だったなぁ。
にしても、パナマのファウルはなぜにカードが出なくて、
ウチのファウルじゃないプレーにもカードが出るのだね?
てか、パナマのファウルでグアテマラの選手にイエローって!?
さっきからパナマの5番、プランチャやら何やら、
危ないプレーばっかりしてて、今もウチの7ベニートにプランチャ、
それなのにベニートにイエロー。何を見とるんじゃ、コイツ。
さすがにこれでは選手達が可哀想。
こいつ、スリナム人審判よりひどいよな。すっかり審判不信の私。


フクップが入ってアギラールが出る。
20分くらいですか?あまりのことに、もう時計も出ておりません。
あ、出た。19分。


21分、またオフサイドって・・・。
おいおい、ウチのロングパスで前線に選手が張り付いていると
自動的に旗上げてるだろ、そこのオマエ。
雨が激しくなってきました。
パナマはすっかり受身に回ってるけれど、
時々カウンターで攻撃してくる。GKグラマッホのいいプレーがあったり。


少しリズムが落ちてきた27分、遂に同点ゴール!!!
自陣からのロングパス、
前にいた誰かが後ろへヘッド、
カヤッシュがセンターサークル近くで受け、
DFを置き去りにして独走、きっちり決めて1-1!!!
最初のロングパスはかなり前に選手がいて、
次のパスは短かかったからオフサイドにならなかったんだろうな、多分。
やったーーーーーー!!!


同点ならグアテマラがプレーオフ、パナマは敗退。
なのでパナマは攻撃に出てくるだろうけれど・・・、流れはグアテマラ、
問題は審判。ほら、あの線審、またオフサイドって旗上げてるけれど
さすがに今度は主審は取らず。
だって、ほら、何人パナマ人が残ってるのよ。


実況もかなり熱すぎ。
エリア前のパナマのファウルだったのに、PK!!!って叫んでるし。
このFKは残念ながらポストの外へ。


おいおいおい~、この線審、ちょっとひどすぎね?
後ろにパナマ人2人いるってば・・・。どこに目ぇつけとんねん・・・。
てなオフサイドもありました。
人数少ないウチはロングでDFの裏を取りたいのに、
これを全部オフサイド取られては、リズムに乗れないよな。


46分、パナマのゴール。
右サイドからのクロスに簡単にヘッドで合わされてしまった・・・。
あああ~、最近こんな試合ばっかり見ている気が。1-2。


そして試合終了。
試合終了と共に、選手達が主審に襲い掛かったようだ。
こら、やめっ!!!
監督のクラビオット、テレビのインタに
「審判のことをどうこう言うのは好きじゃないけれど」
と言ったところで気がつき、慌ててそっちに駆けて行く。
もちろん、警備員がびっしり集まって審判団を守るんだけれど
この審判さんたち、マジで襲われるんじゃないかね、スタジアムの外で。


ピッチの真ん中からなかなか動けない審判団。
テレビの実況は「泥棒の名前はウーゴ・クルス」
とまで言ってるし。名誉毀損で訴えられるんじゃないかい。
盾に囲まれてやっとこ出て行く審判団。


その後インタを受けたFedefutのオスカル・アロヨ大親分、
ウーゴ・クルスについてどう思われますか、と聞かれて
「テレビにはコメントできない」だって。
そのセリフが全てを物語っておりますな。
そして「選手たちのことは誇りに思う」、
これはまったくその通り!


残念ながらCONCACAF予選には進めなかったけれど、
この試合の審判団のことはとりあえず置いておいて、
敗因はベリーズ戦で勝てなかったこと。
でも、こんな試合でも最後まで諦めずにプレーしてくれて、
私も久しぶりに熱くなりましたよ、テレビの前で。
この悔しさを、今後に生かしてくれよ、選手達。


グアテマラのオフサイドは12だったそうです。
どんなに少なく見積もってもこの半分はオフサイドじゃなかったですね。


ドロボー!!!


*タグ/U-20グアテマラ代表

コメント

うーむ、ひどい……

コスタリカならワルター・ケサダとかもいるのにねえ。
ケサダがすばらしい審判だとは言いませんが、この人よりマシだったかも?
しかも線審とセットで、となるともう手も足も出ないですよね……。
でもこういうのはホントにどんどん告発していかないと、いつまでも直らないし。
せめて、ビデオ検証してひどいとわかった審判は当分使わない、あるいは資格剥奪か一時停止処分とかね。
このU-20予選はメキシコじゃまったく話題になってませんが、もっと取り上げてほしいもんですね。
他人事じゃないですもん、今は対岸の火事でもいずれは我が身に降りかかってくることだし……。

ともかくグアテマラ選手の皆さんお疲れさまでした。
まだ若いんだから、ホントここで負けてないで、これを糧に成長してほしいもんです。

うーむむ、

>亀さん

ここまでものすごい審判はちょっと見たことなかったかも。
それもユースとは言え、W杯予選ですからねぇ。
ケサダは大人の試合とか吹きますけれど、
ユースの試合だったので、新しい人が起用されたのかも、
主審はともかく、あの線審は何とかしてほしかったですねぇ、さすがに。
コスタリカとニカラグアの審判団だったようで、
こういう大会の前に、審判もちょっと練習したらどうよ?
審判が大変なのもわかるんですけれどねぇ~。

それでも敗退したのはベリーズ戦で勝ちきれなかったこと、
この試合ではうまく修正をしながら試合を進められなかったこと。
メンタル的にちょっと弱いかなぁと思いましたが、
この敗戦をバネに次を目指してもらえるならば安い授業料だった、と言いたいです、
そ、ものすごく「言いたい」(笑。

カルロス・モラレスだったかなぁ、15歳の選手だそうで、
若手の今後は楽しみです。
ダリオ・ゴメスも初戦で見事なFKを決めてて、
どこかのクラブからお声がかかるかも、ですね。
メキシコはこれからですね、U-20。
健闘をお祈りしておりますです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/503-ba48dfc7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。