スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8節 スチテペケス - ロホス 

スチテペケス – ロホス

この試合、生で見て、レポ書いて、
アップしたつもりだったんですが、
今、クレマとサカパの試合アップして振り返って見てみたら
してなかったですね・・・・・・。
書いた後外出して、すっかり忘れてしまったのか・・・ははは。
いや、はははじゃなくて、
気づかずにこの記事消してしまうところだったよ、危ない危ない。
さて、以下、昨日書いたレポです。





この試合の前、スチではいささかゴタゴタが。
詳細は別途にしますが、GKのクリスティアン・ガルシア、
スチを辞めてしまいまいた。行き先はアウロラという話。


もう一人、フリオ・モンテロッソ、こちらはお母さんが病気だとかで
やはり辞めております。


そんなわけで、ちょっぴり顔ぶれが変っている今日のスチ。
ロホスはペネドが軽い怪我、それ以外の選手もCCL用に今日はお休み。

スチテペケス
GK : モラレス
DF : ラリン、メルガル、カブレラ、ガスリア
MF : ベラスケス、ベニテス、カスティーヨ、モラレス
FW : デ・レオン(61’ リベラ)、ガロ
DT : フリオ・セサル・アントゥネス

ロホス
GK : モッタ
DF : ブランコ、ポンシアーノ、セントゥリオン、ビデス
MF : オルティス(73’ ノリエガ)、チャロ、アルビスーリス
FW : レギサモン、モッタ(84’ アビラ)、ビヤトロ(77’ アセベド)
DT : オラシオ・コルデーロ





コスタスールはあちらこちらで川が決壊して、洪水状態。
今日のマサテナンゴ、11時現在は雨降ってないけれど、
ピッチはすでにぐじゅぐじゅなんだとか。
陽が出てるから湿度も相当なものだろうなぁ。
まあでも、昨日のハラパのピッチよりは遥かにマシだわな・・・。


序盤は両者が拮抗。ちょっと動きそうだったのが15分。
スチの攻撃、ラリンが自陣からロングボールで一気に前線へ、
右サイド、ロホスのマークが誰もいない・・・んだよね。
デ・レオンかなぁ、左へ折り返してガロがシュート!
モッタ、上に飛んでボールを弾く。


一方のロホスは19分、レギサモンがエリアでボールを受け、
ゴールラインぎりぎりでクロス、
ビヤトロ、GKの目の前だったんだけれど・・・。ふかしてしまう。


でも20分、今度こそはと決めるビヤトロ。
エリア付近でビデスが左からクロス、これが大きくてヘッドに飛んだモッタは届かず、
でもその後ろにいたレギサモンが折り返しのクロス、
ビヤトロ、軽く合わせてゴーーーール。0-1。


23分にはスチのカルロス・チャト・カスティーヨが見事なミドル。
モッタがジャンプしてうまくとめるけれど、
最近のチャト・カスティーヨ、いいミドルをバンバン撃ってて、
対戦相手としては気を抜けないって感じだよねぇ~。


スチ、モンテロッソの代わりに入ったと思われるホスエ・ガルシア、
スピードのある選手で、左サイドで頑張ってる。
他の選手を追い越して上に上って行く姿がたびたび。
右サイドのミルトン・カブレラはタッチライン際じゃなくて、
中に切れ込んでいくタイプで、切り込むまではいいけれど
その後のパスがつながらない。
ロホスの左サイドのDFが空くのは、
カブレラが右サイドをあまりつかわないせいなのかも?


42分、セントゥリオンがスチの選手と交錯して怪我をした模様。
「けっ、暑いのにサッカーやるのかい」
てなぶすっとした顔して(って地顔か)、ノリエガがウォーミングアップ開始。


44分、ロホス、ビヤトロが右サイドを上がりクロス、
ラリンが何とか触ってボールを外に出すけれど、
危うくOGになるところ・・・。


何とか凌いで0-1のまま前半終了。





後半、立ち上がりから両者ガンガン飛ばしてます。
そしてスチは47分、
右サイドからのデ・レオンのクロスにガロがヘッドで高く合わせて同点。
マークはセントゥリオンかな、後ろで飛んでも届きませんって。


56分、再びスチ、右サイドから左へクロス、
折り返してのクロスにガロが軽く合わせてゴーーーール!と思われたけれど、オフサイド。
スローで見ると、胸がちょっと鳩胸ですか?
うーーーん、一体どこまでオフサイドって言うのか、びみょーだよなぁ、こういうの。


今日のロホスは4-3-3で中盤が薄いんせいかなぁ、
結構押し込まれていたりして。
DFもいつもと勝手が違ってやりにくそうだし。
で、スチ、そこをついてうまく攻撃を仕掛けること度々。
アルビスーリス、もちっと守備してやれやぁ~。


一方FWが3枚もいれば、もちろん攻撃は行け行けどんどん。
最後の詰めが甘くなければ、結構得点してたとは思うけれど。


両者撃ちあいの、ドキドキハラハラの展開になってきた。
ちょっと激しいファウルもあるけれど、
今日の主審のガミガミ・パルマ、なぜかいつもと違ってカードが少ない。
パルマ、今シーズンはこの試合が初登場らしいけれど、
すっかり人間が丸くなった?
いやパルマが丸くなっても、選手が傷ついたらあきませんがな。
ほらほらセントゥリオンがガロをパ~ンチ!これも流すのか・・・。


73分、ロホスはノリエガを入れてオルティスが出る。
ちょっと中盤押されてるし、
重いピッチで、おじさん組はそろそろ疲れも見えてます。
でも、マロキンでもレオンでもなく、
ノリエガをボランチに入れるわけなんですね、オラシオさん・・・。


81分、スチの攻撃、右サイドから左のモラレスにいいパスが通る。
フリーでいたモラレス、撃つと見せかけて折り返しのクロス、
そこにはガロがいてスチ、追加点!と思ったら・・・、イレギュラーした?
かすりもせずにガロだけがゴールの中へ。
あああ~、スチ、絶好のチャンスだったのに。


86分、モラレスと途中から入ったリベラがパス交換しながらどんどん上がり、
最後にリベラがクロスを入れる。
そのボール、セントゥリオンの伸ばした手に当たってPK!
と思ったら・・・・・・。あらら~、これも流すのかいパルマさん。
スタンドからは大ブーイング。


その数分後、今までガロをボコボコ殴っていたセントゥリオン、
ピッチに倒れてて運ばれて行く。
何が起こったのか映らなかったんだけれど・・・、
とりあえずノリエガが下がってCBで凌ぐロホス、
凌ぎきって1-1で試合終了。


*タグ/スチテペケス(クラブ) ムニシパル(クラブ) 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/497-64819c6d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。