スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7節 シェラフ - クレマ 

シェラフ – クレマ

すみません、この試合土曜日の夜だったんですけれど
昨夜はくたびれてて、試合は見て一応まとめた後、
手入れをしようと思ってたんですが寝てしまいました・・・。
というわけで、遅まきながらアップします。


シェラフはおニューのユニでイメージチェンジ。
シェラフカラーの赤・白・青はそのままで、
ホームユニが赤ベースなのもそのままだけれど
ポロシャツ風なえり付。
ボタンの代わりに太めのゴムで襟元を結ぶようになってて
なかなかオシャレなユニなんだけれど、
シェラフのユニって、どんなに変っても常に女の子らしいんだよなぁ。
ごっついおじさんたちにはちょっと似合わない・・・?


さて、今シーズン唯一負けなし、&ホームで圧倒的に強いシェラフと
前節のクラシコでいやな敗戦をしたクレマの対戦。
今節最大の注目カードであったりします。


シェラフ
GK : クレー
DF : ヒロン、カンチェ、コントレラス
MF : モラレス、シリロ・ロペス、フィゲロア、エスタクイ、グティエレス
FW : ソリス、クベロ
DT : ガブリエル・カスティーヨ

クレマ
GK : アルバレス
DF : ポンシアーノ、パエス、ヒメネス、ガヤルド
MF : ブラッドリー、マルケス、ソト、プラド
FW : アペラニス、ロロ
DT : フリオ・セサル・ゴンサレス
ガト・ゲーラは前節のレッドでこの試合には不在。
前節で脆さを見せたクレマのDF、
てかクレマは得点も多いけれど失点も多いんだよね。
そのせいかどうかは知らないけれど、
カストリーヨに代えてエルメル・ポンシアーノが先発。





シェラフは底がヒロン、カンチェ・ロドリゲスがアペラニス、
アドゥルフォ・コントレラスがロロ・フォンセカをマークかな。
攻撃のクレマと守備のシェラフ、なんだけれど
立ち上がりはシェラフの方が押し気味。
この顔合わせだと、中盤を支配できた方が良さそうな気がするけれど、
クレマはブラッドリーがいささかベテラン、
マルケスはまあ代表でもプレーするからいいとして、
プラドは今シーズンから出始めた選手、
マヌエル・ソトに至ってはこの試合が初先発。
で、対面にカルロス・フィゲロアなんかがいたりしてね・・・。
いきなりの本番で大丈夫なんでしょうか、マヌエル君。


15分、シェラフの攻撃。
センターサークルの中からロングボールで前線へ、
フィゲロアが裏へ飛び出してゴール!
と思ったら、GKのアルバレスが飛び出してクリアー。


18分には左サイドからのクロスにクベロかな?が
合わせようとして滑りこみ、わずかに届かず空滑り込みなんだけれど、
アルバレス、落ち着いてキャッチ。
うん、このアルバレスもなかなかいいGKだよねぇ、
将来が楽しみ。


25分、カンチェ・ロドリゲスがソトの足にスライディング。
ソトは痛がってて、カードだろ!と思うんだけれど・・・、
ファウルすら取らないのよね、ワルテル・ロペス。
この辺りからクレマもボールを持って攻めるようになってきて、
中盤での攻防が続く。


28分、その中盤でこぼれたボール、
マルケスがスライディングしながらロングボールを前線へ、
ソト、わずかに届かずにDFがクリアー。


30分にもマルケスが中盤からロングボールでソトへ、
ソト、触るんだけれどボールをコントロールできず。


36分、中盤でロロが相手ボールを奪い、アペラニスへ、
アペラニス、うまいことマークを2人交わすんだけれど、
最後のシュートはクロスバーの上空を通過。
ここのところ、シェラフのDFは大忙し。


39分からシェラフが3回ばかり相手エリア内にやって来るけど
シュートは外れたりアルバレスがしっかりキャッチしたり。
シェラフで相手を切り崩しているのはフィゲロアかなぁ、
裏を取るのもうまいし、速さもあって、
思いがけないところにひょっこりいてびっくり。


さて43分。クレマのCK、左サイドだとソトが蹴ります。
カンチェとパエスが絡み合ってて、なかなかCKできない。
怒ったロペス、カンチェにだけイエロー。
ま、さっきのラフプレーもあるからいいことにしておこう。


やっと蹴ったCK、ガヤルドがヘッドしたボールはファーポスト側へ、
アペラニスが飛び込んでヘッド、クレーが右手で何とか触り、
シリロ・ロペスがクリアーするけれど、ラインを割った後でした。
今日はキャプテンのシリロ、があがあ抗議するけれど、
割ってました、てば。


46分には左サイドからのクロスにフィゲロアが合わせるけれど、
アルバレスが左手一つで弾き飛ばす。シェラフ、無念。
前半は0-1で終了。





後半、シェラフはソリスを下げて18ナッチョ・ロペス・カンポーヨ。
ハイボールで攻めよう、って言うんだろうか。


48分、左サイドからのクレマのクロス、
シェラフDFがヘッドしたボールは後ろへ飛んでロロのところへ。
いきなりのことに心の準備ができていなかったロロ、
とにかく足を出すけれど、ボールは明後日の方向へ。どしたカピタン。


13分、シェラフDFがクリアーしようとしたボールが、
ポロリとこぼれて側にいたアペラニスが拾う。
アペラニスのシュートはクレーが弾き、
弾いたボールはロロが拾って決める手はずだったんだけれど
軽くあわせたボール、何とかクレーが手を伸ばして弾き出す。
カピタ~ン・・・。


にしても、シェラフの守備もどうしてしまったんでありましょうか。


59分、シェラフ2人目の交代。
グッティことリカルド・グティエレスが下がってミゲル・フェルナンデス。
ボランチを1枚切って、攻撃を厚くするってことかい。


クレマは66分に初の交代。
マルケスが下がってチューラ・ゴメス。
チューラは怪我から復帰して初の公式戦。
先週はメキシコまで行ってサントスとの親善試合でもプレーしていたようだけれど。
マルケスよりはチューラの方が守備的で、つまり守備固めとも言う。


その交代直後の67分、
右サイドからプラドがクロス、
アペラニスが落としてチューラ・ゴメスが拾って後ろへちょんと出し、
回り込んできたアペラニスがクレーの左隅に決めて0-2。
シェラフは苦しくなってきたな・・・。
それにしても、なんでここにいるチューラ・ゴメス!
FWしろって言われてきたのかしらん???


70分にはクレマ、ソトを下げてバンピーロ・トリゲーロス。
ソト、今までプレーしたことはあったと思うけれど、
これが初スタメンだったのかな、左サイドに入っていたけれど
最初の内は足が地についていなくて、連続ファウルでヒヤヒヤ。
スピードのある選手で、
相手DFの裏をいい感じに取ったシーンが何度か。
後はボールコントロールを頑張ってくれたまえ。


74分、ボールをクリアーしようとしたフラッコ・ヒメネス、
ずるっとすべって倒れる。
ボールはGKがキャッチしたけれど、ヒメネス、落ちた時に左手を傷めた模様。
クレマはロロを下げてモンテペケを入れる用意をしていたんだけれど、
ちょっとたんま。
でもヒメネスは大したことなかったようで、
間もなくモンテペケが入ってきました。


78分、クレマ、深いところからロングボール、
右サイドにいたアペラニス、カンチェに走り勝って低いボールでシュート!
クレーの伸ばした手の先を通過して
ポスト際のサイドネットにぽてっと当たるゴールで0-3。
アペラニス、ハットトリックかぁ~。
シェラフ相手にハットトリックって、ちょっとすごい。


85分。エリア内でのパエスのハンドを取られて、シェラフにPK。
今日ここまで、ものすごくいいプレーを見せてたアルバレスだけれど、
さてさて。ま、3点あってこの時間だから、気楽にやろう。
蹴るのは流離いのペペ・グリーヨ、ジョニー・クベロ。
アルバレス、方向は当てたものの、
ボールは手の上を越えてゴールで1-3。
でもスタジアムは勝ったかのような大騒ぎで、花火がバチバチモクモク。


91分、クレマのカウンターからの速攻、
左サイドをモンテペケがたたたーっと駆け上がってシュート。
これで決まったら格好いいんだけれど・・・、大きすぎ。

で、結局試合は1-3でクレマの圧勝で終了。
こんな一方的な展開になるとは思わなかったけれど
シェラフは攻撃もだけれど守備を少し見直した方が良いかも。


*タグ/シェラフ(クラブ) ムニシパル(クラブ)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/487-2825c939

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。