スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2節 サカパ - シナバフル 

サカパ 6 – 0 シナバフル

サカパ県下の大雨被害のため、延期されていた第2節のやり残し試合ですが、
結果を見てびっくり。
シナバフル、今まで無敗だったのにいきなりどうした~。と思ったら。


実は8月分のお給料が未払い&
アウェーの試合に行く時、ちゃんと面倒を見てくれない、
てな不満が選手達の間にあったらしい。


という訳で、3日の練習、選手達、ストライキでした。
シナバフルって、熱狂的なファンを持ってて、
ホームの試合は常に満員で、かなりの収入もあるのに一体どうしたんでしょ?
ま、その日は5日に未払いの給料を支払う、ってことで決着、
4日は通常通りの練習が行われたのでした。


そして5日。ちゃんと給料は支払われたのですが。
ところがどっこい、クラブは監督のマルロン・イバン・レオンに対して
「クラブへの敬意が足りない」
としてQ10,000の罰金を、
選手に対しては「1日余計に休暇を取った(無断欠勤てことかい)」として
お給料15%カット。
うわ~、いやらしいっ!!
フロントによれば、これはクラブの内規に則ったものだという話だけれど、
元々はお給料の遅配が原因じゃん。


というわけで、監督・選手たちはもちろん反発、
サカパとの試合に行かない、と発表したのでありました。


一方クラブ側も一歩も後に引かず。
チノ・イバンはこれに無茶苦茶怒ったらしく、
クラブ側の誰かと殴り合いになるところを、
危うく誰かに仲裁されたらしいのだけれど・・・、
クラブはチノ・イバンの更迭を決定した模様。
ああ~、チノ・イバンって、クレマにいた時も同じような問題で
クビになってませんでしたかね?
実はクラブじゃなくて、チノ・イバンが貧乏神ならぬ
貧乏監督だったとか・・・・・・。


さて、これで選手の間にも動揺が走り、
一部の選手はサカパ戦に出場することを決定、
まあでもこの試合を戦ったのは、基本的にはU-20の選手達だったらしい。





そんなわけでサカパにとってはすごい楽な試合だったようで、
1点目は6分、エリア手前のFKをファビアン・ムニョスが直接決めたもの、
2点目は26分、右サイドからのエリック・ビヤトロのクロスを受けて
オスカル・エルナンデスが胸トラップ、落ちてくるボールをボレーシュート、
うん、これはなかなか見事なシュートでした。
3点目は41分、PKでまたしてもファビアン・ムニョス、
4点目48分、ヒルマル・ペレス、右サイドから持ち込んでシュート、
5点目は56分またしてもエリック・ビヤトロのクロス、
アラン・アラナが飛び込んでヘッド~!いや神の手か・・・、
6点目は89分、左からのパスに真ん中にいたムニョスが合わせてゴール。


ムニョスはマルケンセ戦に続いてのハットトリックで、
得点王争いのトップ。
弱いものいじめ、って気がしないでもないが・・・。


ついでにサカパは得失点差もトップになって、
勝ち点ではクレマに1点差の2位につけています。
一方のシナバフルは8位転落。
勝っていれば2位だったのに・・・・・・。


試合の結果よりも、シナバフルの行方が気になる試合ではあったようです。


*タグ/サカパ(クラブ) シナバフル(クラブ)

【関連記事】

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/484-918f2cc2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。