スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W杯予選 グアテマラ - アメリカ 

グアテマラ - アメリカ
8月20日20:00 マテオ・フローレス競技場(グアテマラシティー)
主審: John Wijngaarde (スリナム)


遂にやって来ました、アメリカ戦。
W杯予選もグループとなりこれからがいよいよ本番。緊張するよなぁ~。
とは言ってもグアテマラ、アメリカ相手には
ここ20年間勝ちがないんだそうで、
いきなりそんな相手とやるのは厳しいわけですが、
遅かれ早かれ対戦する相手なら、さっさと済ませてしまいましょ。


んなわけで、スタメンです。

グアテマラ
GK: 1トリゲーニョ
DF: 6タボ、14ロドリゲス、4フローレス、5ガヤルド
MF: 15トンプソン、11パンド、7ロコ、10フレディ、16モーヨ
FW: 9ペスカド(c)
DT: プリミ・マラディアガ

アメリカ
GK: 1ハワード
DF: 6チェルンドロ、5オニェウー、3ボカネグラ(c)、15ピアース
MF: 4マストロエニ、10ドノヴァン、12ブラッドリー、7ルイス
FW: 8デンプシー、11チン
DT: ボブ・ブラッドリー





今日も午後からものすご~く暗くなって、嵐の予感。
空模様か、それとも試合模様か・・・と思ったら
天気の方はさほど荒れることもなく、雨が通り過ぎて行きました。
だとすると、嵐は試合の方か、はたまた観客の方か・・・。


ほぼ満員のマテオ・フローレス。
観客席は真っ白で試合前からすごい盛り上がり。
スタンドも白のホームユニ着用してる人がほとんどかも。
個人的には青ユニの方が好きなんだけれどな。
ま、どっちでもいいですよ、勝ってくれるなら。


おお、アメリカ応援の人たちもいるっ!!!
こんな「危ない」試合にやってくるとは、勇気あるかも。
ほら、確か禁止されていたはずの花火を持ち込んでる人たちがいる。
大丈夫なのか、ここの警備。


さて試合。
両者いささかナーヴァスな立ち上がりで、ファウルが多い。
4分くらいにやっとウチらしい攻撃が一つ、
ただしフレディのクロスはノーコンだったけれど。


うーむむむ、中盤で少しボールは持てるけれど
アメリカも出足良し。あと手も良く出てるか?
相手ボールになると、速攻で来るのでヒヤヒヤ。
グアテマラはサイドから崩したいけれど、
相手の出足が良いのでいい感じでボールが繋がらないんだよね・・・。
でも人もボールも良く動く、いい試合ではあります。


16分、サイドでフレディとボールを競ったチェルンドロ、
相手ボールと言われてボールを叩きつけてイエロー。
この審判さん、ちょっと厳しくない?


右サイド、ロコがスピードを生かして裏に抜けるプレーが時々。
24分、グアテマラがボールを回して縦に入ったボールがロコへ、
ロコのクロスに少し届かないペスカド。
も少し動けやぁ~、ペスカド。


26分、デンプシーとパンドにイエロー。
パンドが後ろから軽くポン、とやったところに
むっとしたデンプシーがバシッとはたいてうずくまるパンドだったんですがね・・・、
ま、仕方ないかな。やっぱりこういうところに厳しいかもこの審判。
さっき誰かがモーヨのシャツを引っ張ったのは取らなかったのに。
33分にはマストロエニがペスカドに足引っ掛けてイエロー。


前半も終わり近くなってきて、いい感じでボールが回るようになってくる。
まあそれでも、相手ゴールは遠いかもな・・・、
おまけに、いい感じになってくると守備がおろそかになるのも怖いところ。
ほら、チンがフリーでエリア手前からシュート!!
ほんの少しだけゴールの上を通っていってほっ。


39分、フレディが左サイドから大きなクロス、
ロコがヘッドしたボール、ピアースが大きく開いた右腕でクリアー。
PKでしょ!PK!! PK~!!!!!!!


これまで流すのかっ、審判っ!!!
プリミが無茶苦茶怒っていて、第4審判が怖がってる?
この審判団、スリナムとジャマイカの人たちらしいです。
これがPKじゃなきゃ、一体何がPKなのよ?


その後もフレディが縦にいいボールを入れるけれど、
やっぱりどうもツメが詰まらないのがウチらしいかもねぇ・・・、
ペスカドがしっかりマークされているんだから、
もっと皆でどんどんシュート撃っていけばいいのに。


なんとびっくりなことに、グアテマラが押し込んだまま前半終了。
はあ、後半修正してくるだろうしな。大丈夫か、ウチ。





49分。右サイドをロコが上がり、ペスカド、フレディと繋いで
フレディが折り返し、モーヨが飛び込むものの、ちっ。
相手DFに上手く体を入れられてしまった。
いやいやしかし、ひょっとして、まだウチペース?


フレディとロコ、ポジションチェンジすればいいのになぁ~、
でもロコは左足使えないから、だからチェンジできないのか(爆


51分。ガヤルドがハイボールに完全に勝ったのに、
相手を押したとしてファウルを取られる。
全然押してないんですけれど?
そのすぐ後にも全然オフサイドじゃないのがオフサイドって・・・。
ちょっと大丈夫か、審判さん。


グアテマラの中盤は確かにすごくいいかも、
プレーキなのは実はキャプテンのペスカドかな。
ん、ま、FWってウチのウィークポイントですからね、
いっそのこと、0トップでもいいんじゃないかと思う今日この頃。


56分、エリア右角に入り込んだところから蹴りこんだロコのシュートは
わずかに外。う~ん、いい加減、誰か決めてくれ。
その直後、アメリカのラインの裏に出たボールをロコが拾ったところで、
審判がプレーを止める。
ファウルって・・・、ちょっと前のアメリカのファウルかぁ?
だったら、そのまま流してくれよっ(怒
絶好のチャンスだったのに。
と書いていたらトンプソンのミドル。これもはずれた・・・。


今までのところ、ものすごく一方的にウチが攻めてる
何だか全然見たこともないような試合展開。
でも得点がないのはいつものことか。


59分、チェルンドロがフレディの足を手で掴んで倒して2枚目イエロー。
これでウチが数的有利。


60分、カブレラとルイスかな?が頭をぶつけてごっつんこ。
で、えっ、カブレラにレッド!??なんで????
この審判の判断の基準が全然わからん。
タボ、確かに相手の頭を直撃したけれど、
ボールに行ったのであって、ワザとのプレーじゃないだろうが。
試合を壊すなぁ~、審判っ!!!


そこらでわいわい揉めている頃に、
アメリカは2ヘイジュックが入ってデンプシーが下がり、
頭の痛いルイスも下がって17ビーズリー。
ウチは12マルケスが入ってトンプソンが下がる。
おおおおお。初めて見るものが出てきた。
選手交代の時に使う、背番号表示用電光掲示板。
グアテマラ初ではないだろか。


続いてフレディも下がって、2カストリーヨが入る。
大丈夫かなぁ。


今度は16モーヨにイエロー。67分。
なんで?これもさっぱりわからん。
わからんけれど、とにかく、落ち着いてくれ~、
じゃないと誰もピッチにいなくなりそう。


その直後のドノヴァンのFK、誰かがヘッドしたけれど
トリゲーニョが弾き出す。


そしてその直後の68分、CKからボカネグラがヘッドを決めて0-1。
ウチのDFがたくさんいる中、ボカネグラ1人がフリーで空を飛ぶ。
審判の妙なジャッジ続きでイライラしてたこともあって、
集中力も切れてしまったかもな。あああ、これは嵐だ・・・。
審判さん、無事にスリナムに帰れないかもよ?


73分、CKから、カンチェ・ロドリゲスがヒールキック、
フリーのフローレスのシュートは枠を超えて行く。
あああ~、どんなにシュートたくさん撃ったって、
枠の中に入らなきゃダメなんだってばっ!


73分、やたらとかっかと熱くなってるモーヨに代わってパッパが入る。
再びアメリカのプレスが厳しくなってきた、
つまりウチのボール回しがゆっくりになって来たってことか。


76分、マストロエニに代わって13モーリス・エドゥー。
マストロエニ、今日はかなりくたびれているように見えるかも。


80分、パッパのボール、相手に当たってコースがそれ、
ハワードが体を倒して止めるんだけれど、
詰めてきたペスカドの足が顔に当たってボールがこぼれる。
このボールをロコが蹴りこんでゴール・・・、ファウルか、やっぱり。
でも、そう、諦めちゃいけないっ!
その後、怒ってペスカドの手を叩いたハワードにイエロー。
場内アナウンスが率先してSí, se puede! Sí, se puede!と音頭取り。


うーむむむ、もう時間がないよぅ~、頼む、誰か決めて。
アメリカはもう後ろに引きこもっているから、
攻めあぐねて、結局ボールを奪われて、って感じになってきた。


それでも・・・、シュート撃とうよっ!
エリア手前でいくらボール回ししてたって、何にもならないでしょっ!!
そして撃ったパッパのボールは大きくはずれる。
でも、そう、撃たなきゃ。
ライン裏に出るボールが無くなったのが辛いなぁ、動けっ、ペスカド!!


それにしても、こんなに受けに回ったアメリカって始めてみるかも。
エリア内に固まって、とにかくクリアー。
カリブの小国かい、おまいさんたち。
黄金杯とかも自分ちでやってたし、アウェーに慣れていないとか?
それとも単なる練習不足かね??


90分。こら~、皆、上がれ~!
外れてもいいから、シュート撃ってっ。
その勇気がないウチの代表たち。0-1のまま試合終了。


グアテマラ代表、決して悪くなかったし、
審判のジャッジについても言いたいことはたくさんあるけれど、
押している時間に点が取れなかったのもまた事実で、
それが返す返すも悔やまれる。
最後もシュートする勇気なかったしね。


枠内に飛んだシュートはウチが6本、相手が3本、
アメリカは要領良すぎだろ。
ま、ウチ的には内容良かったので
やれる、っていう自信もついたのではないかしら。
今後の試合に期待します。


いやそれにしても。
嵐どころかハリケーンのようなジャッジだったな(ボソボソ)。


*タグ/グアテマラ代表 アメリカ代表

【関連記事】

コメント

どうもご無沙汰しています。

いやぁ見ましたよ、この試合。はっきりと勝てる
試合でしたね。そちらの気温や湿度はいかがなのでしょうか?
おっしゃるとおり、あれほど動けないアメリカは見たことが
ありませんね。試合を通してほとんどいいところが
ありませんでした。それだけに・・・もったいない。

審判に関しては序盤からやたら笛を吹くなぁと思ってましたが、
タボのプレーは危険とはいえ退場は納得いきませんね。
あれで一方的に押し込んでいた流れが完全に止まってしまいました。

あとロコやフレディのクロスもよくありませんでしたね。
ロコはヒットせずコロコロみたいな場面はよく見ますが、フレディ
までも・・・。ペスカドはポストプレーからの展開はさすがでしたが
ちょっと体が重たかったでしょうか。

悔やまれる敗戦ですが、アメリカ相手にこれだけやれるんだ、
という自信を持ってこれから戦ってほしいですね。

なんだか……

こちらはトンデモ審判に当たっちゃったみたいですね……v-16
グアテマラ、メキシコにも何十年ぶり?だったかで勝ってるし(しかも二回)、
この試合だってスコアはまあアレとしてもいい感じだったようだし、
徐々に結果を積み重ねていけそうな気がしますね。
うちサイトにまたリンク張らしてもらいました~v-415

お久しぶりですっ!

>SHEさん

ご覧になりました、この試合?
この時期、日中は暑いですが、昼頃から雲が出て
雨が降り出すようだと、気温ががくっと下がります。
この試合はそういう日の夜でしたから、
20度を切っていたかもしれないですね。
温度が低いので、湿度は気にならなかったはずで、
ピッチこそは湿っていたでしょうが、
(時々イレギュラーにはずんでましたよねぇ)
サッカーをするにはいい天気だったんじゃないでしょうか。

グアテマラも前半はアメリカ相手に恐る恐るって感じでしたけれど、
「大したことないじゃん!」って気がついた後半は
結構良かったんですけれどねぇ、
本当に勝てる試合だっただけに、結果は残念。

タボの頭ごっつんで一発レッドは痛かったです。
精々イエローだろ、と思ったんだけれど。
本当にそれまで押せ押せだったのに、
不思議なジャッジの連続で、
テレビの前で見てる私も、観客も、
おそらく選手たちも、
「????」ってなった時間に失点で、
その後は引きこもりのアメリカに為すすべもなかったって感じ。

ロコのクロスっていうか、フィニッシュは
大体いつもあんな感じで、
10本に2本か3本くらいしか
行ってほしいところへ行かないです。
フィニッシュがも少し良ければ
言うことないんだけれどなぁ、
でもあれだけ頭っから突っ込んでいってくれる選手は貴重です。

フレディは今ひとつでしたね、
クロスが入れにくそうだったので
いっそのこと右サイドから
ダイレクトに狙って欲しかったんですけど、
右サイドではロコが狂犬のように走り回ってたからな(笑
左サイドからの崩しがもう少し欲しかったのは事実です。

ペスカドは、あれだけしっかりマークされてたら
ちょっと無理ですよねぇ、
2列目3列目が飛び込んでくれないと。
得点をするアイディアに欠けてる感じで、
いや、でも最後の方の、
カンチェのヒールキックにフローレスが飛び込んだプレーは良かったですよね、
あれが決まってたらなぁ・・・(遠い目)

良かったのはパンドかな。
ただ、もう少しミドルを撃つのかと思ったら、
1本しかなくて、いい位置で持っても回してましたね。
どっちみちパンドのミドルはホームランになっちゃうので、
得点には結びつかないかもだけれど。

返す返すも悔しい敗戦でしたが、
次に繋がってくれればいいなぁ、と
ちょっと希望も持てる試合でもありました。

いやあ、

>亀さん

あらゆる意味ですごい審判でした。
もしどこかの試合で見ることがあったら、注目してみてくださいな。
ま、ひょっとしたら、この試合だけだったのかもだけどね・・・。

で、きっと出るんじゃないかなと思った話題が2つ、やっぱり出てきてます。

http://www.selecciondeguatemala.net/2008/08/manipulaciones-de-austin-jack-warne.html
ジャック・ワーナーが仕組んだ審判団という話。

試合の後、プリミも怒ってたんですよねぇ。
「ハイリスクな試合、ってんだったら、もっとちゃんとした審判よこしやがれ、べらんめぇ!」

いやいやプリミさん、CONCACAFが審判決めた後で、
FIFAがHR(ハイリスク)指定してくれたんですよ、
審判団の名前見て、
「こりゃヤバイ」って思ったんじゃないすか・・・?

どうしたらあんなにひどい誤審ができるんだろう?
A級ライセンスは8年前に取得したそうですが、
こんなひどい笛吹いて、没収にならないのかな?


そしてもう1つ。
http://www.selecciondeguatemala.net/2008/08/gustavo-cabrera-villano-o-heroe.html
前回の予選のトリニダード戦、
タボがケガして外に出ている間に逆転されたんですよねぇ。
悪夢のような試合。
今回も、タボのプレーが引き金となって、
あの悪夢が繰り返され、
こうして歴史は繰り返すんでしょうかね・・・?


この試合、グアテマラが良かったというよりは、
アメリカが精彩を欠いていたという方が正しいですね。
でもそれでも勝てないグアテマラってどうよ?
予選本番はもう、良く勝とうが悪く勝とうが、
勝つことが大切なわけで、
ホームで負けてちゃダメでしょっ!
ま、でも、次の試合に向けて、
気持ちを切り替えてやるしかないですよねぇ。

あ~

主審の名前まで見てなかったんですが、この人かぁ。
スーペルリーガで何度かお目にかかってますわ。
いや、私はもうコンカカフの審判団には、ごく一部を除いて期待なんかとっくに捨ててますけどね(笑。
安心できるのはメキシコの数人とバトレスさん、
USAにもマシなのいるかなあ、でもあそこにはそもそも不信感あるから(笑。
あと、先日のうちの予選吹いたエルサルバドル人も悪くなかったです、まあおおむね。
絶対誤審のない審判はどこにもいないとしても、
スコアに直接響いてくる誤審はやっぱり痛いですよねえ。
メキシコメディアでも出てましたよ、グアテマラが怒ってるって。
スーペルリーガごときなら、そこだけで終わるけど、
W杯予選は何より大事なW杯に影響してくるんだからそれじゃ済みませんよね。
メキシコ国内でも最近またもや審判の質が問題視されてますが、
ホント、ちょっと何とかしてほしいのはやっぱりコンカカフ国際試合です。
実はうちも、このあと続くW杯予選の主審が、
やっぱりスーペルリーガでひどい審判やってくれた人なんですよね……。
ちょい不安、だけど言ってもしょうがないし、
ホント、とにかくやるしかないですよね……。

スーペルリーガでも

>亀さん

吹いてましたか、この人。
じゃあやっぱり、一応、カリブを代表する審判なわけだ。
それとも単にワーナーのお友だちなのか(すっかり不信感)

中米地区だと、ウチのバトレス、
エルサルバドルのホエル・アギラール・チカス、
コスタリカのワルテル・ケサダ、
パナマのロベルト・モレーノ
って辺りが国際試合を良く吹いてますよね。
チカス、モレーノは合格点(って偉そう?)

誤審はある程度は仕方ないですけど、
でもやっぱり、程度の問題だなぁと(笑。
この試合は、審判のジャッジが
結果に影響を与えちゃいましたからね、
やっぱり悔しいぞ(笑

ま、これだけ騒いでおけば、
この先は審判さんも少し気をつけてくれるんじゃないか(笑、とか
いやいや、審判も大変だ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/470-381c4b78

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。