スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開幕前夜 

18日、アメリカ合衆国代表ご一行様が
空路グアテマラ入りしたのはいいんだけれど、
この人たち、一般の人たちが使うターミナルではなくて
反対側の空軍基地から入国したのだとか。
これって、大統領とか賓客用のVIP待遇。むか。


まあもちろん、一般客でごった返すターミナルでは
刺されたり撃たれたりするかもしれませんからね???


そんなVIP代表のご一行はこんなメンバーです。

GK Brad Guzan Aston Villa (Eng)
GK Tim Howard Everton (Eng)
DF Carlos Bocanegra Rennes (Fra)
DF Steve Cherundolo Hannover 96 (Ger)
DF Jay DeMerit Watford (Eng)
DF Frankie Hejduk Columbus Crew
DF Oguchi Onyewu Standard de Lieje (Bel)
DF Heath Pearce Hansa Rostock (Ger)
MF Damarcus Beasley Glasgow Rangers (Sco)
MF Michael Bradley Heerenveen (Ned)
MF Maurice Edu Tronto
MF Sacha Kljestan Chivas USA
MF Eddie Lewis Derby County (Eng)
MF Pablo Mastroeni Colorado Rapids
FW Brian Ching Houston Dynamo
FW Clint Dempsey Fulham (Eng)
FW Landon Donovan Los Angeles Galaxy
FW Eddie Johnson Fulham (Eng)

う~む、やっぱり手強い。
黄金杯の頃とあまり変わってないですよね、この顔ぶれ。
ウチに付け入るスキがあるとすれば、
アメリカさんは海外でプレーする選手が多いので
連携とかチームプレーがまだまだだといいなぁ(希望的観測)。


中盤薄めでパワーサッカーをしてくるアメリカと
中盤の人材が豊富でここを支配して有利に進めたいグアテマラ。
グアテマラホームなので、ボール支配はグアテマラかなぁと思うのですが
ボールを支配してうまく相手を崩せるのか、
それともボール持たされていいようにやられちゃうのか、
ああ、見るのが怖い(笑。


アメリカ代表は今日は第6区のセメントス・プログレッソ・スタジアムで練習した模様。
グアテマラシティーを銃弾じゃなくて縦断して行く感じで、
なんでまたそんな遠いところで?という気もするのですが、
ここの場合は余り選択の余地がないので仕方ないかもな・・・。
加えて久しぶりの土砂降りの雨も降ったりして、
さて、調整できたんでしょうかね?


一方のグアテマラ代表、18日には当地で合宿中のホンジュラス代表と
練習試合をしてみたりなんかしています。
結果は1-1の引き分け。
ウチの得点はパンド、ホンジュラスはダビッド・スアソ。
まあ内容がどうだったのかよくわからないので何とも言えないけれど
GKが活躍した試合だったという話。それって、かなり心配かも・・・。


も一つ心配なのは、アブネル・トリゲーロスがこの試合でケガをしたって、えっ!?
なんでも相手の選手の蹴りをまともに食らったみたいで、
アメリカ戦は出られないかも???最近調子が良かっただけに残念・・・・・・。
他の皆で頑張ってくれやぁ。


そう言えば、このグアテマラ-アメリカ戦、
FIFAが「ハイリスクな試合」と宣言してくれたそうです。
Prensa Libre / Juego Guatemala - Estados Unidos, catalogado de alto riesgo

「ハイリスク」ってのは、暴動とかが起こる可能性ありってことなんでしょうが、
グアテマラでやる試合で暴動が起きるとしたら、
グアテマラが負ける場合ですよね?
そんな、実力が全く上の相手とやって負けて、暴動になるかいな。
もっとも、代表がヘナチョコ試合してしまったらそうなるかも、だけれど。


この試合のチケット、発売の翌日には24,974席のほとんどが売れてしまったとかで
ダフ屋さんに回った分があったとしてもかなりの観客が見込まれております。
実際以前にはマテオ・フローレスで死者を出したこともあったし・・・。
そう言えば、ホンジュラスはテグシガルパのティブルシオ・カリアス、
FIFAから使用禁止のお達しが下りましたよねぇ。
なのでホームの試合はサン・ペドロ・スーラでやることになるらしいですが、
ホンジュラスのサッカー協会が猛反発してたような記憶が。


あと、ハイリスク試合とされているのはリカルド・サプリッサで行われる
コスタリカ-エルサルバドル。
これは以前おもしろい記事を読んだなぁ、そう言えば。
この試合のエルサルバドルサポへのチケットの割り当てが少なかったの、
「エルサルバドルのマラ(ストリートギャング)が入国するのを防ぐため」
とかいう説明がされて、サルバドレーニョスが怒ったという話。
いかにもティコらしい話で、
ワザと荒れる試合にしたいんか・・・てな気がしますが、
その後エルサルバドルへの割り当てを増やして
何とか穏便にすませてもらったのではなかったか・・・。
この試合、ケントンさんのコスタリカ代表監督としての初試合となるわけですが、
どんなデビュー戦になりますやら。


話はグアテマラに戻りまして、
マテオ・フローレスは20日15時開場(試合開始は20時)となっております。
スタジアム付近は厳戒な警戒態勢が取られるそうなので
迂闊に近づかない方が良いかも。
というか、帰宅の時間は道路が混むかもな・・・、
さっさと帰ることにしよ。


そうしてしっかりと試合に備える我が家だったりするのでありました。
雨が降らないといいけれど。


*タグ/グアテマラ代表 アメリカ代表


【関連記事】

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/469-358820c4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。