スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2節 残りの3試合 

第2節、サカパとシナバフルの対戦は、
大雨によるサカパ地方の被害を鑑みて、
8月17日に行われることが決まっています。
というわけで、残る3試合。


エレディア 2 – 2クレマ

16分、ルイス・ブラッドレイが肘打ちでレッドをもらい、
クレマはそれ以降ずーっと10人でプレー。
数的有利のあったエレディア、
33分にはセルビン・デ・レオンが右サイドからシュート、
ゲーラが弾くものの、ガストン・リナーレスが決めて先制。


50分にはマリオ・カステヤーノスが追加点を決めて、
この試合はエレディアの勝ちか~という雰囲気が漂いはじめた74分。
トリゲーロスの後足でのシュートをパターソンが弾き、
詰めてきたハイロ・アレオラがボールを掻っ攫ってシュートで1点目。


続いて79分、これはアレオラのクロスだったかな、
エレディアGKのパターソンが届かず、
ファーポストに詰めたアペラニス坊が決めて同点。


アレオラ、アペラニスと、交代で入った選手だったんですよね。
それがツボにはまって同点に追いついちゃいました、クレマ。





マルケンセ 1 – 2 ペタパ

主力がかなり抜けて、今シーズンはダメだろ、って言われてたペタパが
唯一2連勝していたりするのはこれいかに。
と言っても、2試合とも決勝点はPKだったりするんだけれど。


先制はマルケンセで23分にセサル・アレグリアが、
ペタパは43分にフェルナンド・ペラルタが決めて1-1で同点。


52分、ペタパの選手がドリブルで上がってきて
エリアに入ったところでGKのマルティネスが滑り込みの足払い。
ファウルを取られてPK、ペラルタが決めてこれが決勝点となりました。


ペタパの新戦力ペラルタは34歳のあルゼンチン人。
2試合で3得点、この内2得点はPKだったりするんだけれど、
それでも得点王は得点王。どこまで行けるか。





スチテペケス 1 – 1 ハラパ

開始早々スチが右サイドからクロス、
モリーナのはじいたボールをDFが後ろ向きにクリアーするシーンもあったり、
スチ、出足はなかなか良いような感じではあったのですが。


43分、ハラパの攻撃。
左サイドからフアン・ホセ・カスティーヨがクロス、
ファーポストにいたアンデルソン・パソスが
何を思ったか自分ちのゴールに絶妙のナイスシュート!でハラパ先制。
かあいそ、クリスティアン・ガルシア。
相手からよりも味方からシュート受けてる方が多かったりして?
この2試合で3つ目のOGを受けております。


63分、ロドリゴ・デ・レオンが短いパス、
ノートン・グリフィスが右脚を振り抜いて1-1の同点。


その後、ハラパのモンテロッソがレッドをもらい、
スチは猛攻に次ぐ猛攻、だけどハラパが何とか持ちこたえて同点で終了。
スチ的にはフラストレーションのたまる試合だったかも。


*タグ/エレディア(クラブ) コムニカシオーネス(クラブ) マルケンセ(クラブ) ペタパ(クラブ) スチテペケス(クラブ) ハラパ(クラブ)

【関連記事】

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/453-e3cec7d0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。