スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W杯予選 第2ラウンドの試合いろいろ 

セントルシア戦の前に、
ウィークデイに行われた予選の3試合、簡単にまとめておきます。


アンティグア・バーブーダ 3 – 4 キューバ
6月18日セント・ジョンズ、サー・ヴィヴィアン・リチャーズ・クリケット・スタジアム


荒天で順延になっていたこの試合。
アンティグア・バーブーダが先制してキューバが追いついて、
またアンティグア・バーブーダが得点して
またキューバが追いついて、
今度はキューバがリードしたと思ったら
アンティグア・バーブーダも同点に追いついて、
最後にキューバが85分に得点したら
アンティグア・バーブーダにはも一度同点に追いつくことができませんでした。

・・・いや、あと5分くらいあったら同点になってたんと違うか。
とりあえず、キューバ、アウェーで勝っています。

ATG
1 James Molvin, 3 Dave Carr (46’ Tyio Simon), 4 Marc Joseph, 5 Garfield Gonsalves, 6 Justine Cochrane, 7 Gayson Gregory, 8 Teran Williams, 11 Kerry Skepple (62’ Randolph Burton), 12 Brian Samuel, 13 Lennox Julian (76’ Troy Mellanson), 16 Peter Byers
DT: Derrick Edwards (Atg)

CUB
1 Dany Quintero, 2 Silvio Minoso, 3 Jeniel Marquez, 5 Jorge Luis Clavelo, 8 Yoel Colome, 10 Roberto Linares (77’ 18 Reinier Alcantara), 11 Jensy Munoz (46’ 19 Leonel Duarte), 14 Jaime Colome, 15 Kanier Dranguet, 9 Reisandry Fernandez, 16 Cervantes, 17 Pedro Faife (88’ 6 Lazaro Alfonso)
DT: Reinhold Franz (Ger)

得点
9分 ウィリアムズ (Atg)
10分 コロメ (Cub)
13 分 スケップル (Atg)
22分 リナーレス (Cub)
74分 コロメ (Cub)
80分 サイモン (Atg)
85分 ドゥアルテ (Cub)

FIFAのサイト、記事データ





バハマ 0 – 6 ジャマイカ
(二試合合計:0–13でジャマイカがGL進出)
6月18日グリーンフィールド-トレローニー、トレローニー多目的スタジアム


バハマ、ホームでもノーゴールのままだったか・・・。
ファーストレグでほぼ決まっていた試合でしたが、
ジャマイカ、それでも手を抜かなかったってことですね。
ウチも見習えるかな・・・。
とりあえず観客は10500人とか。結構入ったみたいです。


BAH
1 Dwayne Whylly, 5 Happy Hall, 6 Connor Sheehan (46’ Vaughn Bethel), 7 Lesly St. Fleur, 8 Shemond Thompson, 10 Demont Mitchell, 11 Cameron Hepple (92’ 9 Denair Mitchell), 15 Daron Beneby, 16 Kyle Williams, 17 Gavin Christie, 18 Nesley Jean
DT: Neider Dos Santos (Bra)

JAM
1 Donovan Ricketts, 4 Jermaine Taylor, 5 Ian Goodison, 7 Evan Taylor (46’ 10 Richard Langley), 9 Andrew Williams (59’ 16 Omar Daley), 11 Luton Shelton, 12 Demar Phillips, 14 Tyrone Marshall, 15 Ricardo Gardner (46’ 2 Obrian Woodbine), 17 Rodolph Austin, 18 Deon Burton
DT: Rene Simoes (Bra)

得点
29分 バートン(Jam)
35分 シェルトン(Jam)
37分 シェルトン(PK)(Jam)
39分 マーシャル(Jam)
42分 シェルトン(Jam)
55分 バートン(Jam)


FIFAのデータ





カナダ 4 – 1 セントヴィンセント・グレナディーン
(二試合合計:7-1でカナダがGL進出)
6月20日モントリオール サプート・スタジアム


ファーストレグが0-3だったカナダ、
この試合も余裕見せてくれますよね・・・。
スポーツニュースをちらりと見ていたら中島君のアシストがあったようでしたが。

CAN
18 Pat Onstad, 2 Adrian Cann, 3 Mike Klulowski (46’ 11 Jim Brennan), 5 Adrian Serioux, 6 Julian De Guzman (67’ 15 Patrice Bernier), 7 Paul Stalteri, 9 Tomasz Radzinski, 10 Ali Gerba, 12 Issey Nakajima-Farran (82’ 8 Marcel De Jong), 13 Atiba Hutchinson, 14 Dwayne De Rosario
DT: Dale Mitchell (Can)

VIN
18 Winslow McDowald, 2 Roy Richards, 3 Cornelius Huggins, 6 Wesley Charles, 7 Darren Francis, 9 Marlon James, 10 Shandel Samuel (64’ 12 Alwyn Guy), 11 Kendall Velox, 13 Cornelius Stewart (79’ 5 Oscar Nero), 16 Darren Hamlett (58’ 8 Richard Hayde), 17 George Emerald
DT: Stewart Hall (Eng)

得点
29分 デ・ロサリオ(Can)
38分 ゲルバ(Can)
50分 デ・ロサリオ(Can)
63分 ゲルバ(Can)
76分 ジェームズ(Vin)

FIFAのデータ





はい。以上3試合でした。
先にホンジュラスが勝ち抜いているので、
これでなぜかB組の3代表が揃ってしまいましたね。
残る1枠はメキシコとなるんでしょうが、多分。


今晩はウチの試合もありますが(テレビで放送あるのかしらん?)、
コスタリカとグレナダの試合も同じ時間にやるみたいです。
どっちも見たいんですけれど・・・・・・。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/411-d9658da5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。