スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親善試合 チリ - グアテマラ 

チリ – グアテマラ

マラディアガになって4戦目はチリでのチリ戦。
エルサルバドル戦、パナマ戦と不甲斐ない試合を披露しちゃった代表たち、
もう既に「W杯は無理だね」ってな声も聞こえてきたり。
ダメだと言われると思いがけず活躍しちゃうウチの代表たち、
ひょっとしたりなんかすることもあったりしないこともないかもですよ?


グアテマラ時間では17時からというこの試合、
前半は帰宅途中、ラジオでちらりと聞いただけですが、
15分くらいかな?ラジオをつけた時点で既に1-0でチリがリード。
1分にセットプレーから決められた模様。


買い物をして車に戻るともう2-0。おいおいおい~。
またしてもセットプレーからアレクシス・サンチェスに決められた模様。
で、家に着いたら前半終了間際でした。


で、ハーフタイムに前半のプレーちらりと見ましたが、
得点以外にもチリの惜しいシュートあり(トリゲーニョがうまいこと弾いた)、
タボ・カブレラのもうちょっとでオウンゴールあり
(何したかったんだろね、カブレラは?と解説のおじさんが言ってた)、
一方グアテマラは相変わらずたま~のシュートは枠に飛ばず、
何一ついいところのない前半・・・だった模様。
いや、ひどい模様ですな。


グアテマラのスタメンは
GK: トリゲーニョ、
DF: 6カブレラ、3ノリエガ、4フローレス、5ガヤルド、
MF: 15トンプソン、11パンド、10 コントレラス、12アビラ、19ロコ、
FW: 20ペスカド


後半開始と共に、アビラに代わって9バンピーロ・トリゲーロス、
コントレラスに代わって8チャロ、
トリゲーニョに代わって22モリーナが入っております。


にしても、雨がスゴイとは聞いていましたが、
もっのすごく水浸しのピッチ。
小僧曰く「ペタパのピッチよりひどい」とか。
でも、ペタパのピッチはすぐ芝がはげるけれど、
ここは芝がちゃんとささってまっせ。


どちらにしても、ボールが跳ねれば水しぶき、
人が走ればすってんころりん。
サッカーにならないけれど、
こんなピッチで公式試合することだってあるわけで、
プレーしにくいのはお互い様。
お互い様なんだけれど、チリの方が動きがいいんだよなぁ~、
この違いはなんなんでしょ。


おまけに、また雨が激しくなってきた模様・・・。
チリの選手は皆長袖、でウチの選手は皆半袖。
寒いんと違うかなぁ~、どうして長袖用意しないんでしょうね?
オリンピック予選の時もそうだったし・・・。


53分、チリが左から右へサイドチェンジ、
こら~DF、どこにおるんじゃ~!!
モリーナが飛び出して、何とか防ぐけれどキャッチできず。
危ない一瞬でしたが、誰かがとにかくクリアーする。


それにしてもビエルサの怒鳴り声が良く聞こえるなぁ~。
容姿ともどもすごい迫力。


57分、エリア手前からウチの間接FK。
パンドがチャロに出し、チャロからパンド、
ちょっとドリブルして左足でシュート!ってのはクロスバーを叩いて外へ。


59分、パスをつないで最後、パンドがDFラインの裏へ飛び出す。
GKが飛び出してきたところへ緩くシュート。
これはいいプレーだったけれど、シュートはポストの外を通過。
うん、こんなプレーが続くといいんだけれどなぁ。


62分、前半2ゴールを決め、
後半交代で引っ込んだアレクシス・サンチェスが映ってる。
足をちょっと引きずってる?けど、余裕でファンと握手してたり。チクショー。


この辺り、もう結構皆足がもつれてきたようで、
試合はいささか膠着状態。
どちらもシュートあり、だけど得点なし。


70分、チリのカウンター。
前線にいたウンベルト・スアソにロングボールが出る。
まったくどうでもいいんですけれど、両チームのFW、
ウンベルトって名前、珍しい。


で、そのスアソのところへ
トンプソンが思いっきり滑り込んでボールをクリアー。
トンプソンはボールに行ってはいるけれど、
勢い余って接触してスアソ転倒。
その後パンドにも足を蹴られて?足を傷めた模様、その後交代です。
親善試合なんだから、チリとしてはこういうのは辞めてほしいかも、
でも、このままおめおめと帰れないウチの事情もあるんだよ、
ごめん、許して。


いや、それにしても、ゴールが入りませんな、ウチ。
ちっとはチャンスもあるけれど、枠に飛んだのってあったかね?
枠に飛ばなきゃ入るわけもないのであって、
勝てるわけもまったくないのであったりします。


76分にはチリの綺麗なプレー。
マーク・ゴンサレスからでしたかね?パスが出て、
チリの21番、エリアに軽やかに切り込み、ふわっとソンブレロ。
クロスバーの上に当たってくれたから良かったけれど、危ない危ない。


79分、ウチの攻撃。ヨタヨタもつれながらエリアに入り、
ペスカドかな??倒れながらヒールキック、
後ろにいたパンドが思いっきりシュート。
・・・・・・で、相変わらずの通りのホームラン。
ぺしぺし顔を叩いて悔しがるパンド、
気持ちはわかるが、まともなシュートしてくれ、頼むわ。


85分、トンプソンが出て、13カスティーヨが入る。
なんでこんな時間帯に交代なんでしょうね?


90分、グアテマラエリア内で、DFが開いてを手をかけて倒したっぽい。
でもPKを取らずに2-0のままさっさと試合終了~。


えーと、私が見ていた限りでは、
とにかくパンドが動き回っていたのが印象的でした。
交代でパンドが上がって、チャロが下がり目、
この2人でちょっとポジションチェンジしてみたり、
ふーん、こういう使い方を考えてたのかぁ~、とちらりと思いました。


にしても、選手交代といい、試合振りといい、
とっても消化不良な感じです。
チリ相手にセットプレーからの2失点てのは
さほど悪くなかったかも、ですが、
どうやって相手を崩すんだよ~、ってのが全然ないですな。
故に得点もなし。ペスカドは何してたんだか・・・。


いやいや、不安だけが募って行く試合内容でした。
セントルシアと試合するのがLAになったのは幸いだったかも。
こんな重いピッチで、速さと体力のありそうな相手とやったら
とてもじゃないけれど敵わない気がする。


まあでも初戦は14日、グアテマラシティーでやるわけで、
最近やたらと雨降りだしね。
さてさて大丈夫なんだろーか・・・・・・・・。


*タグ/グアテマラ代表

コメント

前半は文字どおり見せ場ゼロでしたが、
後半は持ち直しましたね。あまり鮮明な映像では
なかったので推測でしかありませんが、どうも
前半にグアテマラが攻めたサイド、後半はチリが
攻めたサイドのピッチは水がだいぶ溜っており、
パスが止まってしまう場面が度々見られたので
それがなくなった後半はそれなりの戦いが
できたのではないでしょうか。

失点はともにセットプレーからですが、ちょっと
あっさりやられ過ぎましたね。

問題は攻撃ですよねぇ。ペスカドは病み上がりで
最近はずっとフィニッシュに専念するので特に
悪かったとは思いませんが、彼へまともなパスが
入らない。コントレラスはまるで重馬場が苦手な競走馬、
空気のように消えておりました。

もっといい状態で試合が見たかったですけど、本番が
必ずしも好天候、好ピッチでできるわけではないですからね。

そんななかパンドのフィジカル、スキルの高さはこの相手でも
引けを取りませんでした。しっかり能力を出せれば外せない
選手だと改めて認識(でも出せないんだよなぁ・・・)。

あらら、こちらも

ちょっと厳しい展開でしたか?
でもピッチの状態、それに失点も少ないし、同じとは言えないけど……。

ウンベルトって名前、珍しいですか?
友人(メキシコ人)にもいるので、そんなふうに思いませんでした。
っと~、え、スアソ、怪我しちゃったの?
チリ代表も困るでしょうけど、ウチのモンテレイも困るんですが~(笑。
スアソってよく怪我するしな~、調子いいときのほうが少ないんでないか。

ま、ともかくも、お互い暗澹とした気分なわけでしょうか……。
いやいや、こういうときこそやってくれる!
……とグアテマラ代表にならお気楽に期待しちゃうんですけど……???

おや、そちらでも

>SHEさん

映像が鮮明ではなかったのですか。
ウチはまたしてもカナル7が放送してて、映像ノイズがひどいのです。
それでも確かに、一方の側に水が多い感じは致しました。

コントレラス、たくましくなってきたな、と思ったのですが、
さすがにこんな重馬場じゃなかった、ピッチでは無理か。
といいますか、エルサルバドル戦、パナマ戦でも
どうも今ひとつという雰囲気で、
こちらもちょっと試合を遠ざかっていた影響があるのかも?

こういう重馬場に強そうなのがアビラですが、
最近のアビラ、全然ダメですよね。
いいところが全くなしで、今回の遠征でも散々の評価でしたが、
まあ、チリ戦はフレディが入る予定だったわけだから、
ちょっとこれは可哀想だったかも?

パンドは私見直しちゃいましたよ~。
あんなにサボらず、走り回ってるパンドっていつ以来だろう。
おっしゃる通り「しっかり能力を出せれば」間違いなく中心となってくれる選手なんですけれどねぇ。

ポテンシャルはあって、足回りもいいのに、
シャシーに問題があって能力をフルに発揮できない車みたいなものですかね、パンドって。

チリの方は

>亀さん

若手中心のメンバーだったみたいです。
それであっさり2点も取られちゃね?
相手に地の利があるとは言え、ちょっと情けない感じ。
いや、失点よりも得点ができないことの方が問題大きいかもですが。

スアソ、あんなにごつそうなのにか弱いんですかね(笑。
ピッチも悪かったので、ケガは怖いですよね、
でももしケガしたらパンドのせいです。ごめんなさい~。

ウンベルト、やっぱりそんなにいないですよ~。
ってか、ラテンにはこの名前合わないというか、雰囲気が違うでしょ、って気がします。
ついでですが、ウンベルトって名前、愛称は何になるんでしょうね?

ま、暗澹とする気持ちになるんなら、
最初の内に「これ以上暗澹とはできない」というところまで行っておけば
後はどんな結果になろうとも心安らかにいられるかなと(笑。

なので、今が暗澹としているのは想定内。
セントルシア戦後も暗澹としているようだと、さすがにヤバイですが。

ま、何だかんだといってもメキシコは大丈夫でしょ~。
アルゼンチンとやるタイミングが悪かったですよね。
あの試合についてはウーゴのコメントを聞いてみたいものですが。

ちょい古い話題ですが

ウンベルト、気になったんでうちのダンナにも訊いてみましたけど、
メキシコでは割と普通の名前だという意見でした(当てにはなりませんが)。
ウンベルト・エーコとかって作家もいましたね、……ってあれはイタリア人か!?
で、ウンベルトの愛称は何?って訊いたら、ベトだって言うんです。
? じゃあアルベルトの愛称は? それもベト。
だそうです(・ω・)

ふむふむ、

>亀さん

でロベルトもベトで
リゴベルトもベトとかね・・・、
いや、それはどうでもいいんですが、
ウンベルト、
そんなに特別珍しい名前ではないですけれど、
そんなに普通にある名前ではないように思います。

元々はドイツ系なんですかね、この名前?
ウンベルトという表記が一般的だと思うんですが、
ウムベルトと書かれていたのを見た時にはちょっとうなりましたねぇ~。
「生むベルト」って、なんだかシュール。

スアソってごつい割に神経質のようだし、けっこう
派手に痛がる印象があるんですよね。

だからコントレラスじゃないけど泥を被るのを
嫌うサラブレッドのように最初から戦意喪失してたのかも(笑)。

サラブレッド~!

>SHEさん

そうか、コントレラスはサラブレッドだったのか。
どうりでやることがグアテマラ人離れしてるよなぁ、と思った・・・かも。

サラブレッドと言えば、現役の中で一番それっぽいのがリカルド・ヘレスでしょうかねぇ。
リカちゃんのパパも代表GKで、五輪にも行ってたんじゃなかったかなぁ。
リカちゃんはものすご~く責任感ありそうなタイプで、
サラブレッドというにはちょっと痛々しかったですが。

コントレラスなんかも、とっととキャプテンにでもして、
も少し責任負わせた方が良いのかも、ですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/399-bf9707a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。