スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入替戦 USAC - エレディア (1st. leg) 

USAC – エレディア
主審:カルロス・バトレス

実は小僧、今日はサッカーの練習の日だったのですが、
練習場に行ったら、
「コーチが試合を見に行った」とかで練習はお休み。
練習の時間と試合の時間がちょうど重なっていたのですね。


大切な練習を放ったらかしにしても
応援にかけつけないといけないくらい大切なこの試合。
見たわけではないのですが(一部ラジオで聞いてましたが)、
3-2でUSACの勝ち。


試合内容は、USACが試合を支配し、
何度も得点チャンスがありながら、ゴールを決め切れなかったシーンが多々、
だったそうです。


最初の得点は4分でエレディア。
フランキ・ゴンカルベスが相手DFのミスをついて得点。
でもこのゴールで目が覚めたU、
8分に同点に追いついたとか。得点はルベン・エスキベル。


その後も57分にエスキベルが、
63分にはエルナン・トーレスが追加点を決めて3-1。
ところが終了間際の93分にマヌエル・ソトがゴールを決めて
3-2で試合は終了。


エレディア、かなり悪かったようですが、
そういう相手にホームで決めきれないUもちょっと悲しい。


セカンドレグは6月1日日曜日、
サン・ホセではなくて、モラレスのデル・モンテ・スタジアムで行われます。
・・・・・・モラレスなら、エレディアのファンも少ないだろうし、いいかも。
泣いても笑っても、これが最後のチャンス。
とにかく頑張れ"U"!


*タグ/USAC(クラブ) エレディア(クラブ)

コメント

USAC、ひとまず勝利おめでとう。

ちなみにアウェイゴールルールは適用されるのですかね?

その通り、

>SHEさん

アウェーゴールルール、適用されます。
なのでセカンドレグ、1-0でエレディアが勝ったら、
エレディアの残留決定です。

攻めて攻めて、でも攻めきれないという、
フラストレーションのたまる試合だったみたいで、
もう一つ言うなら、エレディアの守備はザルよりひどかった模様。

入替戦で勝って上に上がるって、やっぱり難しいんですよね、
なんだかんだ言っても。

まあでも残り1試合。
チャレンジする立場の方が、精神的には楽だと思うし、
悔いのないようにプレーしてほしいですね、何よりも。

ありがとうございます。

どうもUSACはゲームを支配しながら決めきれない
というチームのようですね。

こういう短期決戦って攻めて点の取れないスペインタイプより
守って1点で勝つイタリアタイプのほうが強いんですよねぇ。
まぁエレディアの守備はイタリアと違って酷いようですが。

明日このサイトを除いたときに勝っていますように・・・(祈)。

ご祈願ありがとうございます(笑

>SHEさん

お陰様でやっとこさながら勝てたかも。

Usac、何だかんだと言っても、
2部では一番得点力のあるクラブだったような記憶が。
ゴールゲッターが決まっていなくて、
トーレス、カミアニ、カタラン、ファルファン、その他数人、
皆がそれぞれに数得点しているんですよね。

でも、おっしゃる通り、こういうシリーズは守れるチームの方が強いですよね、
Uの守備も悪くはないとは思うんだけれど、
カウンターでやられることが多いようです。

いやでも、心臓に悪い試合ばかりでしたね、ここのところ。
来シーズンはどうなるかな・・・。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/391-1db90c05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。