FC2ブログ

ぷちニュース No.51 

violet閉幕シーズンも残り6試合、

準々決勝の4試合と決勝2試合を残すのみとなりました。
準決勝のカードは
ロホス – ペタパ
クレマ – スチテペケス

ミッドウィークにファーストレグ、
週末にセカンドレグって予定になっております。


それにしても準々決勝の4試合、
どれもこれも審判に不思議なジャッジがあって、
ゴールを取り消されたり、PKになったり、レッドになったり、
敗退した方にしてみれば、すっきりしないかもしれない。


マルケンセはセカンドレグ、ゴールを取り消されてるし、
シェラフはファーストレグ、ハンドじゃないのにハンドの判定とかね。
ま、そういうのも含めてサッカーと言っちゃえばそれまでだけれど
やっぱり割り切れない感じは残るのであります。


準決勝、決勝の審判団にもちょっぴし注目かな。


violetそのシェラフは敗退が決定した途端、

フリオ・セサル・ゴンサレスの監督就任を発表したらしい。
フリオ・ゴンサレスって、ハラパの監督のゴンサレス。
え、ハラパってCCLもあるのに、ゴンサレスいなくなるのかい?


violetで、ハラパには

カルロス・フラードが監督就任。ずる・・・・・・
なんだ、ハラパとシェラフで監督交換しただけか。


それにしても、何だかとっても不思議な監督交代。
どうも最初に決まったのはゴンサレスのシェラフ監督就任らしく、
そこでハラパがフラードに打診してOKもらったっぽい。
どちらもウルグアイ人でどちらも優勝経験ありな監督さんです。


シェラフもハラパも監督交換でいい結果が出るといいけれど。


violetさて、そのハラパが欲しがっているというコントレラスは

「まだクレマとの関係も清算しきれてないし、大きな声じゃ言えないけれど。
ロホスから話があるみたいなんだよね。
でもMLSのクラブからもオファーがあるって言うし・・・。
MLSへ行けるなら、オレのキャリアにとっては、そりゃものすごいことさ」。

ハラパのハの字も出てきませんな。
個人的には最近ラテンアメリカ人口が急増しているMLSに挑戦してほしいですねぇ。
あまりMLS向きな選手とは思わないけれど、
そこを足がかりにして、他の国へ行けるくらいに成長してほしいなぁ。


ロホスもいいかもだけれど、既に中盤は人余り状況だと思われるし。
ロホスはそれよかパッパちゃん使ってやってくれよぉ~。


violetいきなり話は飛びますが

本日、3部(セグンダ・ディビシォン)の閉幕チャンピオンが決定。
3部と4部は決勝戦を1試合だけやるみたいなんですが、
チアントラがカアボンに3-0で勝って優勝してます。


えーとですね、チアントラって、
メキシコとの国境にあるウエウエテナンゴ県にある市です。
で、カアボンはアルタ・ベラパス県。
3部らしく、なかなか地方情緒に溢れた決勝だったようですね?


さて、で、2部への昇格決定戦は次の組み合わせ。
ペニャロール・ラ・メシーヤ – カアボン
アウロラ – チアントラ

ペニャロールは開幕チャンピオン、アウロラは準チャンピオン。
ペニャロールもウエウエテナンゴ県のチームっぽいですね。
ラ・メシーヤというのはメキシコとの国境の町だったりします。


さて、この2つの組み合わせで対戦して、
勝った2チームはそのあま昇格決定、
負けた2チームは2部のチームとプレーオフで勝てば昇格。
この対戦相手はグアスタトーヤとヌエバ・コンセプシォンが既に決定。


violet一方、2部の優勝決定戦は

本日試合が行われましたが、詳細が不明なのでここに書きます。
コアテペケとUSACによる閉幕チャンピオン決定戦、コアテペケ先勝。


コアテペケって、ケツァルテナンゴ県ではありますが、
太平洋に近い低地に位置しておりまして、暑いです。
この試合気温37度って中でやったとか。


でもって、この試合もちょっと波乱に満ちてたらしく、
前半、USACはPK取られたらしい。
でもこのPKはGKのカルバハルが止めた!えらいっ!!


でも、USAC、退場者も出して、後半ほぼずーっと1人少なかったらしい。
それでもうまく試合をコントロールして、0-0のまま試合終了!
と誰もが思った95分、コアテペケがゴールを決めちゃったらしいです。
USACとしてはちょっと嫌な敗戦ではありますが、
まだセカンドレグがある!1点差なんてどってことはないさっ!!


最後の試合は17日の土曜日・・・。
この日はちょっと用事があるので生では見られないのが悔しいなぁ。


まったくの余談ですが、コアテペケってスポンサーがコカコーラで
ユニも赤と白のツートンカラー。
Uはメインスポンサーがペプシで、ユニは青と白と赤。
ユニの色がスポンサーと関係あるかどうかは別としてですね、
コカコーラとペプシの対決っぽいのもなんだかおもしろい。


がんばれ、ペプシ~!!!


*タグ/ハラパ(クラブ) シェラフ(クラブ) フリオ・ゴンサレス親分 カルロス・フラード親分 ホセ・コントレラス(選手) チアントラ(クラブ) カアボン(クラブ) コアテペケ(クラブ) USAC(クラブ)

コメント

コントレラス、小さな体なのでメキシコ向きだとは思うけど
よりフィジカル的なMLSでは逆にあのテクニックと展開力が
重宝されるでしょうねぇ。ロホスがCONCACAF杯を敗退
したことですし、そうだロコもパッパも移籍しちゃえ~。

最近、ネットのFOXで週1試合MLS、USLを放送してるんですよ。
だから今度はマイアミFCでもいいぞぉロコ。

コカコーラ・ペプシ対決ですか。でも良かった、どちらかと言えば
私はペプシ派ですから(笑)、心置きなく応援できます(元々だけど)。

メキシコは

>SHEさん

レベルも高いですし、コントレラス向きですよね。
でも、まだ若いコントレラス、
タイプの違うところでやった方が、もっと成長できるんでないかなと。
MLSはいろんなところからの選手の寄せ集めで、案外おもしろいですし。

あはは、ロコもパッパもですか。
パッパは行けるなら武者修行に出かけてほしいですねぇ。
最近はベンチ入りもしてないパッパ、元気にしてるのかな。

それにしても、USLまで見られるのですか。
じゃあ、ロコちゃんには是非マイアミに復帰して頂かないとね?
ロホスの前線はやっぱりプラタとアセベドのおじさんコンビしかない!?

さて、我が家もペプシ派です。
てか、このあたりはコカコーラよりもペプシの方が強いんですよね。
明日はペプシも買いこんで応援しなければ(笑。

http://jp.ppchampionship.net/news/index.php?code=1203683737

MLSのルールをよく知らないのですが、このコラムを見ると
23歳以下であれば外国人枠が適用されないとのことなので
コントレラスは今年がチャンスじゃないですかね。

USL、プエルトリコ・アイランダーの試合を見られるのが密かに
楽しみなのですが、今年に限ってシムスもいないんですよねぇ。
でもリーグには亡命キューバ人とかガイアナ人とか何人かいて
見所は満載です。

ロホスはモンソンが帰ってきてからか、ルアノを使い出してまるで
以前のチームに逆戻りしちゃいましたね。プラタとアセベド、
なんだかんだ旧の鞘へ収まったということでしょうか。

シムスは

>SHEさん

現在、所属クラブなし。みたいです。
どこでどうしてどうなったのか、全然わからないんだけれど、
代表の合宿には招集されていて、それでいてブッチしたみたいです。
ケガしているとかいう話ですけれど・・・?
謎の多いやっちゃ。

コントレラス、そっか~、MLSならそちらでも見られますもんね。
どっちにしても、使ってもられるところに行ってほしいなぁ。

ロホスねぇ~、モンソンが監督就任した当初ってちょうどこんな感じでしたよね。
攻撃的なチームで勝ち続けたんだけれど、
いつの間にかうだうだなチームになって行ってしまって。
モンソン、今はアシスタントコーチしてますが、
同じ轍は踏まない・・・・・・ことを期待しよう。
とりあえず、ファンからは支持されているようですし。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/374-351ad415