スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終節 残りの試合 

最終節はどの試合も5月4日の11時から、よ~いドン!でスタートしております。
今日はとにかく大急ぎで書きますので、
出場選手なんかは後日追記いたします。


ペタパ 0 – 2 クレマ
5月4日11:00、フリオ・アルマンド・コバル競技場(サン・ミゲル・ペタパ)
主審:エルマル・ロダス


イーベルトン・パエスのドブレッテでクレマの勝ち。
実は、ペタパもゴールを決めたのですが、オフサイドの判定。
オフサイドじゃないんじゃないの?って感じのオフサイドでしたけどね・・・。


この試合、クレマは
グスタボ・カブレラ、ホセ・コントレラス、ルイス・ロドリゲスの3人が出ていません。
これについてはまた別途。


ペタパ
Ricardo Trigueños, Jairo Pérez, Milton Leal, Denis Chen, Raúl Gónzález, Engelbert Herrera (46' Vicente Rocella), Mynor Morales, Eduardo Barros, Liandro Pérez (57' Richard Schumidt), Édgar Meda (46' Estuardo Rivas), Selvin De León
DT: Alberto Salguero

クレマ
David Guerra, Iverton Paes, Erwin Morales, Álvaro Jiménez, Saúl De Mata, Elmer Ponciano, Luis Bradley, Rigoberto Gómez, Jairo Arreola (65' Fabian Muñoz), Tránsito Montepeque (75' Édgar Chinchilla), Dwight Pezzarossi
DT: Iván Sopegno

得点
30分パエス、41分パエス

警告
レアル、バーロス(以上ペタパ)、デ・マタ、モラレス、ブラッドレイ(以上クレマ)

退場
レアル(ペタパ)




シェラフ 0 – 0 マルケンセ
5月4日11:00、マリオ・カンポセコ競技場(ケツァルテナンゴ)
主審:カルロス・バトレス

お互い、「引き分けでいいよね」な試合だったようで。
どっちかと言うと、シェラフに得点機会があったようですが
マルケンセのGKロペスがファインプレーを見せてたようです。


シェラフ
Marvin Barros, Adulfo Contreras, Jhonny Girón, Javier Sinay, José López, Luis Swisher, Gildardo Reyes, Luis González, José Zacarías Antonio (89' D. Luther), Jonny Cubero (70' Julio Leiva), James Owuso (69' Mainor Ignacio López)
DT: Carlos Jurado

マルケンセ
Walter López, Yonni Flores, Israel Donis, Ricardo Gutiérrez, Henry Milián, Néstor Soria, Leonel Noriega, Jhonatan López (23' Carlos Asprilla), Riqui Murga (59' Kevin Quezada), Lucas Meoño (46' A. Hurtarte)
DT: Luiz Da Costa

得点・警告・退場
な~んにもなし。




スチテペケス 2 – 2 エレディア
5月4日11:00、カルロス・サラサール・イホ競技場(マサテナンゴ)
主審:フアン・マヌエル・パルマ

先制は5分、スチ。
でもこの試合に負けたら降格かもしれないエレディア、
とにかく必死で追いついたのが18分。
でもまたスチが24分にゴールを決めて2-1。
スチにはPKまであったりしたんだけれど
セルヒオ・モラレスの蹴ったボールをGKパピン・エストラダかな?
が必死に止めてしまう。


直接降格だけは何としても避けたいエレディア、
62分に必死の同点ゴール。
なのにバカタレのウワルド・ペレスが80分くらい?に退場になって
いやはやどうなるかね?と皆思ったみたいだけれど、
スチの方も立ち直れませんでした。


人間、やればできるんだ!って
涙と汗と感動にまみれた青春スポ根ドラマだったのがこの試合らしい。


スチテペケス
Cristian García, Freddy Santiago Taylor, Anderson Baptista Pasos, Wilson Lalín, Omar Villagrán (79' Florencio Martínez), Wilfred Velásquez, Sergio Morales, Edwin Villatoro, Andrés Rivera (57' Wilber Caal), Fernando Gallo (53' Milton Cabrera), Norton Grifitths
DT: Gabino Román

エレディア
Hilton Moreira, James McCarthy, Marcelo González (79' Kenny León), Luis Maseda, Jonathan Sandoval, Marlon Aguirre, Patrick Howell, Uwaldo Pérez, Manuel Soto (75' Irvin Alvarado), Juan De León, Jonny Brown
DT:Byron Pérez

得点
5分グリフィス(1-0)、18分デ・レオン(1-1)、24分ビヤトロ(2-1)、62分ホウエル(2-2)

警告
ガロ(スチ)、サンドバル、ホウエル(エレディア)

退場
72分ペレス(エレディア)




マラカテコ 1 – 1 サカパ
5月4日11:00、サンタ・ルシア競技場(マラカタン)
主審:ウーゴ・カスティーヨ


やっぱりケガ人の多いサカパ、プレーオフを見越して
メンバーを落として出かけたそうです。
ケガ人と言えばエリック・ガルシア、ホセ・フアレスに加えて
先週ケガしたエディ・オルティス。骨折だそうです。
それから、累積がエドウィン・ロサレス、エドウィン・エンリケスに
こないだヘッドでアドゥルフォ・コントレラスをKOしたアラン・アラナ。
アラナは2試合出場停止。
加えて、イエロー3枚もらってるエルメル・バディーヤ、エリック・ビヤトロ、
アレハンドロ・マウレイラ、ロルマン・サンドバルは
用心のために今日はお休み。


まあ、サカパとしはこの試合に勝ってマルケンセが負ければ、
プレーオフを免れるかも?だったんだけれど
こう潔く降格プレーオフ争いに参加するというのも、
なかなか気持ちの良いものですね?


まあでも、そういう相手にホームで勝てないマラカテコって・・・。
マラカテコって、昨シーズンは開幕・閉幕とも優勝して
LNFに昇格して来たクラブだったんだけれど
そのクラブにしてこの有様。


やっぱり1部のカベと言うのは、結構高いのかも・・・。


マラカテコ
Hugo Arita, Rafael González, Juan Castellanos, Marlon Aceituno (73' Elacio Gotay), Wilmer García, Daniel Linares, Herbert Grajeda, Joao Ferreira, Walter Gonzáez (57' Ramírez), Óscar Isaula, Walter Estrada (72' Morales)
DT: Paulo César Barros

サカパ
Óscar Martínez, Carlos Granados, Harold Barrios, Javier Melgar, Óscar Vásquez (56' Luis Méndez), José Herrera (80' Marvin Garrido), Erick Villatoro, Luis Ibarra, Gastón Fernández (46' Gastón Linares), Gerardo Molina, Selvin Motta
DT: Luis Ibarra

得点
88分ガリード(0-1)、90分フェレイラ(PK)(1-1)

警告
エストラダ、ゴンサレス(以上マラカテコ)、バスケス、エレーラ、メルガル(以上サカパ)




最終節まで、全日程終了です。
勝ち点 得点 失点
1 クレマ 35 10 5 3 36 18 18
2 ロホス 35 10 5 3 34 16 18
3 ペタパ 30 9 3 6 22 21 1
4 シェラフ 25 5 10 3 16 16 0
5 スチテペケス 25 6 7 5 21 25 -4
6 マルケンセ 24 6 6 6 24 19 5
7 サカパ 21 5 6 7 23 27 -4
8 ハラパ 21 5 6 7 17 22 -5
9 エレディア 13 2 7 9 18 29 -11
10 マラカテコ 12 3 3 12 10 28 -18

クレマとロホス、勝ち点一緒、得失点差も一緒、で
得点で順位が決まっています。
ハラパに6得点しても首位に立てなかったロホス。
あと1点だったんだけれどね・・・。


決勝シリーズ、準決勝の組み合わせと日程は既に決定。
マルケンセ – ペタパ
5月7日12時及び5月10日20時

スチテペケス – シェラフ
5月8日12:30及び5月11日11:00


通期の勝ち点は次の通り。
  1. ロホス 66
  2. クレマ 62
  3. シェラフ 50
  4. スチテペケス 49
  5. ハラパ 49
  6. ペタパ 49
  7. マルケンセ 48
  8. サカパ 45
  9. エレディア 32
  10. マラカテコ 32

エレディアとマラカテコは勝ち点が一緒ですが、
得失点差では圧倒的にエレディアが上。
というわけで、マラカテコ、降格決定。
エレディアとサカパが降格プレーオフに回ります。


個人成績などはまた改めて。


*タグ/ペタパ(クラブ) コムニカシオーネス(クラブ) シェラフ(クラブ) マルケンセ(クラブ) スチテペケス(クラブ) エレディア(クラブ) マラカテコ(クラブ) サカパ(クラブ)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/366-e790caf4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。