スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第17節 その他4試合 

この週末はいろいろと出歩いていたこともあって、
サッカーはほけーーっと見ておりました。
でも何だかいろいろあった第17節。


ハラパ 1 – 2 ペタパ
4月26日20:00、ラス・フローレス競技場(ハラパ)
主審:フアン・カルロス・ゲーラ


代表GKがあっちとこっちのゴールマウスにいます。
どちらもなかなかいいプレーを見せておりましたよ、実際。


ハラパ、13分にチャコンのオリンピックゴールで先制。
オリンピックゴールって、CKが直接入るあれですが、
ニアポスト付近には人だかりができていたんで
カメラでは良く見えなかったけれど
ニアポストの際に入ったボール、トリゲーニョスがハンブルした?か何かで
ゴールの中に入っちゃったみたいです。


その後はペタパも盛り返し、エディ・カブレラのファウルで
PKもあったんだけれど、これはモリーナが上手く止めた。
でも遂には43分、そのPKを失敗したエドゥアルド・バーロスが
ミドルを決めて同点。


後半は完全にハラパペースで進むんだけれど、
いや、すごいよ、トリゲーニョ止めまくり、ハラパがっくり。
オマケにアペラニスのどひょ~んなシュートミスもあったり。
てか、アペラニスに何やら迷いが見えるような気がするのは気のせいかな・・・。
この試合はデデーがいなくて、アペラニスは結構大変そうではあったけれど。


んなわけで同点で終わりそうだった89分、
ペタパのカウンターでエストゥアルド・リバスが右サイドから見事なミドル。


開幕戦は最下位だったペタパが、ここまでやるとはねぇ~。
決勝シリーズ進出が決定しております。
一方のハラパは、また7位に落ちたのかな。
最終節はロホスと対戦。


ハラパ
Luis Pedro Molina, Edy Cabrera, Nicolás López, Carlos Castrillo, Carlos Gallrdo, Juan Manuel Orellana (74’ Donovan Vásquez), Julián Chacón, Josué Castro (64’ Erwin Godoy), Jean Jonathan Márquez, Adrian Apellaniz, Juan José Castillo
DT: Julio Gonzáez


ペタパ
Ricardo Trigueño Foster, Jairo Pérez, William Castillo (46’ Richard Schmidt), Milton Leal, Dennis Chen, Engelver Herrera, Mynor Morales, Raúl González, Eduardo Barros (63’ Lisandro Pérez), Selvin De León, Vicente Rocella (55’ Estuardo Rivas)
DT: Alberto Salguero

得点 13分チャコン(1-0)、43分バーロス(1-1)、89分リバス(1-2)

警告
カブレラ、カスティーヨ、オレヤナ、チャコン、カストリーヨ(以上ハラパ)、レアル、モラレス、シュミット、リバス、ペレス(以上ペタパ)




マルケンセ 2 – 0 スチテペケス
4月26日12:00、マルケンセ・デ・ラ・エンセナーダ競技場(サン・マルコス)
主審:ワルテル・ロペス

こちらはマルケンセが徹頭徹尾支配して勝った試合。
特に中盤は一方的にマルケンセだったようで、
どした、スチ。元気ないぞ。


マルケンセ
Walter López, Israel Donis, Yoni Flores, Ricardo Gutiérrez, Néstor Soria, Leonel Noriega, Francisco Aguilar (88’ K Morales), Hipólito Fuentes (59’ Jonathan López), Lucas Meoño, Carlos Asprilla (74’ Álvaro Hurtarte), Jorge Estrada
DT: Luiz Da Costa

スチテペケス
Cristian García, Wilson Lalín, Omar Villagran (46’ Wilber Caal), Fredy Santiago Taylor, Anderson Pasos, WIlfred Velásquez, Fabricio Benítez, Andrés Rivera (46’ Milton Cabrera), Sergio Morales, Edwin Villatoro (64’ Florencio Martínez), Fernando Gallos
DT: Gabino Román

得点
6分ドニス(1-0)、21分エストラダ(2-0)

警告
ドニス、フエンテス、アギラール、モラレス(以上マルケンセ)、ベニテス、モラレス、カアル(以上スチテペケス)




エレディア 0 – 2 ロホス
4月27日11:00、フリアン・テスクン競技場(ペテン県サン・ホセ)
主審:フレディ・カンポス

オラシオ・コルデーロが監督に就任して初試合のロホス。
パンドが復帰、プラタも先発。
ここんとこずーーーーーっと2ボランチで来てたロホスですが
ゲバラはこの前レッドもらってるし、トンプソンは累積ですか?
で、この試合はチチョ・マロキンがワンボランチ?
いや、チャロ・ロメロもボランチしてたのかもしれないけれど。


DFは、今年初めに踵を手術したチノ・ルアノが戦列復帰。
チノ・ベニテスは一度も使わんかったような気がするのは
同じチノ同士のライバル意識なんでしょうか?


一方、熾烈な降格争いを続けるエレディア、
この期に及んで、いかにホームとは言え、ロホス相手は厳しいよね。
まあ、ライバルのマラカテコもクレマ相手だから
ちょうどいいといえばいいのかも・・・。


2点目の後は、エレディアも頑張ったようですが、
相変わらずペネドは止めまくり、
加えてポストやクロスバーまでペネドの見方だからな・・・。
最終節、エレディアはアウェーでスチテペケス、
マラカテコはホームでサカパと。
降格候補の下から4チームじゃないかな、これ。
最終節までもつれ込む降格争い、さて、どうなる。


エレディア
Jorge Estrada, Marcelo González, Vicente Maseda, Marlon Aguirre, Jonahthan Sandoval, Elton Brown (46’ Kenny León), Uwaldo Pérez, Jean Patrick Howell (40’ Manuel Soto), Juan De León, Jonny Brown (61’ Selvin Gudiel), Luis Bonilla
DT: Byron Pérez

ロホス
Jaime Penedo, Cristian Noriega, Selvyn Ponciano, German Ruano, Jaime Vides, Marwin Marroquín, Gonzalo Romero, Guillermo Ramírez (85’ Cristian Chaparro), Fredy García, Mario Rodríguez (65’ Renato Blanco), Juan Carlos Plata (66’ Mario Acevedo)
DT: Horacio Cordero

得点
13分ポンシアーノ(0-1)、54分ロドリゲス(0-2)

警告
デ・レオン(エレディア)、ガルシア、ビデス(以上ロホス)




サカパ 2 – 2 シェラフ
4月27日12:00、ダビッド・オルドーニェス・バルダーレス競技場(サカパ)
主審:ルベン・カステヤーノス


この試合、クレマの試合が終わった後、何気に見てました。
その時点では0-1。
40分にマリオ・ピニェイロが珍しくヘッドで決めたもの。
前半には、サカパがPKをもらったりしたんだけれど
な~んとモッタがPK失敗。
最近のモッタ、何だか今ひとつなんですけれど。


余談ですが、この17節、PKが3本あったのかな。
それがいずれも失敗に終わるという、非常に珍しい節となりました。


話は試合に戻りまして。
後半、49分にちびっこアラナがDFよりも高く飛んでヘッド。
これが決まって、サカパ同点、シェラフ動転。


ところが51分、レイエスが左サイドからえいやっ!と決めてまたリード。
この辺りまでは良かったんだけれど。


問題はFKから始まった。
89分、エリアのラインちょっと手前でサカパがFKをゲット。
これを蹴るのは、PK失敗してるモッタ。
カベをうまく越えてゴールの右隅に決まる見事なゴラッソで
再びサカパ同点、シェラフ動転。
にしてもモッタ、PK失敗しておきながら、
こんなすごいゴールを決められるのはちょっとすごい。


さて、ここからが問題のシーン。
サカパのアラナともう1人誰か、ボールを取りにゴールへ向う。
でも、シェラフのGK、バリオスがボールを抱えて話さない。
そこで、シェラフのDFとサカパの選手の間で言い合いとなり
シェラフのコントレラスがアラナの顔をぴしっとはたいた。
怒ったアラナ、コントレラスに頭突き。
コントレラスはでかいけれど、アラナはちびっこなので
このヘッドがちょうどコントレラスの頬に当たった模様。
コントレラス、倒れてそのまま意識を失う。


その右側ではシェラフの選手がサカパの選手を小突いていたりするんですが
コントレラスが倒れて意識がないのに気がつくと
シャツを脱いで扇ぎだす。
ドクターもやってきたけれど、コントレラスの意識は戻らず。


病院に運ぼうにも、なんだ。ここには救急車がスタンバってないのかい。
やむなく、コカコーラのワゴン車に乗せて病院へ。
まあ、病院が比較的近いのがせめてもの幸いか・・・。


そんなこんなでアラナにはレッド。
でも、本当ならバリオスやらコントレラスにもカードが出ていいはず・・・。
とりあえず、怒りのあまりピッチに入り込んできた
シェラフのフラド監督にはレッドが出てます。


この試合、サカパのロサレスとシェラフのフェルナンデスがレッドもらってたので
アラナにレッドでサカパは9人、
だけどシェラフもコントレラスがいなくなって
交代枠を使い果たしていたのでやっぱり9人。
なんだかねー。

この中断、10分ほど続いたんですが、
もう一刻も早く帰りたかった?主審、
4分ほど延長して試合終了の笛。おいおい~。


サカパ
Óscar Martínez, Elmer Padilla, Javier Melgar, Carlos Granados (46’ Allan Arana), Edwin Enríquez, Edwin Rosales, Edy Ortiz (69’ Javier Herrera), Alejandro Maureira, Xavier Danilo España, Gastón Linares (46’ Luis Ibarra), Selvin Motta
DT: Luis Ibarra

シェラフ
Marvin Barrios, Adulfo Contreras, Jhony Girón, José López, Edgar Herrera, Luis Swisher, Miguel Fernández, Mario Piñeyro (44’ Luis Reyes), Danny Luter (78’ Antony Rodríguez), James Owuso (71’ Óscar Hernández), Jhonny Cubero
DT: Carlos Jurado

得点
40分ピニェイロ(0-1)、49分アラナ(1-1)、51分レイエス(1-2)、89分モッタ(2-2)

警告
ロサレス、エンリケス、サンドバル(以上サカパ)、ヒロン、スイシェル、エレーラ、オウソ、フェルナンデス(以上シェラフ)

退場
ロサレス(サカパ)、72分フェルナンデス(シェラフ)、98分アラナ(サカパ)




第17節までの順位。最終節を残すのみとなりました。
勝ち点 得点 失点
1 クレマ 32 9 5 3 34 18 16
2 ロホス 32 9 5 3 28 16 12
3 ペタパ 30 9 3 5 22 19 3
4 シェラフ 24 5 9 3 16 16 0
5 スチテペケス 24 6 6 5 19 23 -4
6 マルケンセ 23 6 5 6 24 19 5
7 ハラパ 21 5 6 6 17 16 1
8 サカパ 20 5 5 7 22 26 -4
9 エレディア 12 2 6 9 16 27 -11
10 マラカテコ 11 3 2 12 9 27 -18


通期の勝ち点は次の通り。
  1. ロホス 63
  2. クレマ 57
  3. ハラパ 49
  4. ペタパ 49
  5. シェラフ 49
  6. スチテペケス 48
  7. マルケンセ 47
  8. サカパ 44
  9. エレディア 31
  10. マラカテコ 31


なお、開幕、閉幕&通期の順位表を作りました。
LNF順位表
やっぱりこういうのはExcelがいいんだよね・・・。


得点王ランキング。

  1. フレディ・ガルシア(ロホス) 12
  2. ホルヘ・エストラダ(マルケンセ) 9
  3. カルロス・アスプリーヤ(マルケンセ) 8
    アドリアン・アペラニス(ハラパ) 8
  4. ロランド・フォンセカ(クレマ) 7
    フェルナンド・ガロ(スチ) 7
  5. ジョニー・ブラウン(エレディア) 6
    セルヒオ・モラレス(スチ) 6
    エドガル・メダ(ペタパ) 6





守護神ランキング。

  1. ハイメ・ペネド(ロホス) 0.64 (被ゴール数/試合数:8/12.33)
  2. ダビッド・ゲーラ(クレマ) 0.80 (12/15)
  3. マルビン・バリオス(シェラフ) 0.94 (16/17)
    ルイス・ペドロ・モリーナ(ハラパ) 0.94 (16/17)


*タグ/ハラパ(クラブ) ペタパ(クラブ) マルケンセ(クラブ) スチテペケス(クラブ) エレディア(クラブ) ムニシパル(クラブ) サカパ(クラブ) シェラフ(クラブ)

コメント

あらら?

順位表、アクセス権限がありませんって出ちゃいました……。

トリゲーニョも頑張ってるようで、嬉しいですねえ。
昨日整理してた2005年の黄金杯で、ペネドがパナマ代表として名前出てて、
そうそう、このときもけっこうインパクトあったよなあ、などと懐かしく思い出したり。

>サカパ同点、シェラフ動転。
のフレーズがステキです(笑。
にしても、意識を失ったコントレラス、大丈夫だったんでしょうか?
ゴールが決まったあとGKがボールを離さないで喧嘩になるっての、
メキシコでも最近もありましたけど、何なんですかね?
そんなことしたって何の足しにもならんだろうに……。

あああ、

ごめんなさい~。
寝ぼけてて、編集サイトの方をリンクしてました。
実はプラグインのところからもリンクつけたんですが、
そちらはちゃんと正しいアドレスを入れてて、
でもって本文には書き忘れてましたね・・・。
寝ぼけてたのがアリアリ~。

トリゲーニョ、いい時はいいんだけれど、
ダメな時はダメダメになっちゃうのが欠点。
でも、このシーズンはペタパ躍進の立役者の1人となってて、
ペタパに拾ってもらって良かったね、本当に・・・。
ペネドかぁ、あの頃は若かったですもんね~。
最近は大人になりました(笑

これも書き忘れてましたが、アドゥルフォ・コントレラス、
その後回復しております。
中程度の脳震盪だったようですが、
内出血してるようなので、復帰までには数日かかるかも、という話。

まあねぇ~、勝ってた試合、最後で同点にされりゃ、
そりゃむかつくだろうけれどさ。
で、シェラフボールになるんだから、渡したくないかもだけれどさ。
いや、実際動転してたんだと思うんだけれど(笑

多分、冷静に考えれば、皆、
馬鹿げたことしてるよなぁ~と自覚するんだろうけれど、
試合だとテンションが高くなっちゃいますもんね。
ま、これに懲りたら、素直にボールくらい渡してやってちょ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/361-0580a5a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。