スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第17節 クレマ - マラカテコ 

クレマ 1 – 0 マラカテコ
4月27日11:00、国立マテオ・フローレス競技場(グアテマラシティー)
主審:カルロス・バトレス

今日は早朝から出かけていて、帰ってきたのが11:40。
11時からはこの試合とエレディア×ロホスがあるんですが、
テレビでやってたのはこちらの方でした。
ロホスが新監督になったばかりで、
なんかスタメンも結構変わったようで、ロホスの試合の方が見たかった(小僧も)けれど
さすがにテレビ局もこの暑い時期に暑いペテンまで
10時間もかけて行くのはイヤなんだろうな・・・。


仕方なく?テレビではクレマ×マラカテコを見て、
ラジオでエレディア×ロホス戦を聞くという変則スタイル。
耳がロホスで目がクレマなので、
脳みそがついていけてない部分もありますが、ご容赦。


さて、帰ってきた時点では既に1-0でクレマが勝っていて、
マラカテコは折角PKをもらったのに、失敗したばかりだったようです。


首位と最下位の対決で、クレマホームだし、
なんか先が思いやられるよなぁ~、って感じだったんですが。

今日のクレマは
GK: 1ダビッド・ゲーラ
DF: 5エルウィン・モラレス、8イーベルトン・パエス、4リカルド・ロドリゲス
MF: 22リゴベルト・ゴメス、11ホセ・コントレラス、9ファビアン・ムニョス、19アブネル・トリゲーロス、18タボ・カブレラ
FW: 29ハイロ・アレオラ、7ロロ・フォンセカ
かな。

DFはモラレスが左寄り、カンチェ・ロドリゲスが右寄り、
中盤はチューラ・ゴメスがボランチ、コントレラスが下がり気味、
ムニョスとアレオラが左サイドをうろうろ、
トリゲーロスとタボが右サイドをうろうろ。
なので、ワントップつってもいいかも。


マラカテコの選手は全然わからん。ごめん。
でも、背番号見難いんだも~ん。
GKはウーゴ・アリータです。


全体的にクレマが試合を支配して、
マラカテコはロングボールのカウンターで何とかしようとするんだけれど
ボールが長すぎたり、オフサイドだったりして、なかなかうまくいかない。
マラカテコは右サイドで攻撃を仕掛けていることが多いかなぁ。


クレマも攻撃を仕掛ける割には、FWまでボールが届いてないよな~。
そうこうするうちに前半終了。





ゴールシーンのリプレーが出てきたハーフタイム。
ゴールの前にも、右サイドのタボがたたーっと上がってクロス、
ムニョスのナイスシュートをアリータがナイスセーブしてたりとか、
またしてもタボが右サイドからクロス気味に入れたボールが、
つつつーっとGKの前を通過し、ポストに当たって跳ね返ったりとか、
タボが頑張ってたようです。


で、得点はやっぱりタボ・カブレラ。
22分、ムニョスのCK、どんぴしゃタボの頭に落ちてきました。
思いっきりヘッドして、楽々先制点~。


このままでは降格が決定しちゃうマラカテコも
シュートはちゃんとしていたりして、案外競り合った内容だったようです。
それにしても、PK失敗は痛いよなぁ~。





53分、クレマの攻撃。
左サイドを誰?アレオラかな?が上がってきて思いっきりミドル、
クロスバーに当たって下に落ち、
ムニョスが拾ってシュートしたのは目の前のDFに当たってそれちゃうう。


その直後にもトリゲーロスが右サイドをたたた~っと上がって、
マラカテコの誰かと競る。
この子がうまく体を入れて、手を目一杯伸ばしてボールをキープ、
トリゲーロス、後ろから反対側に回り、相手につかみかかると、
相手ともつれ合って倒れ、応援にやってきたマラカテコの誰かに踏まれる。
トリゲーロス、痛そーだけれど、ファウルはない、ない。立ちな、ってば。


60 分、8ロランド・ロペスにレッド。
ちょっと乱暴なスライディングだったかな、でも一発レッドは厳しいような。
折角なんとか踏ん張っていたのに、マラカテコ。
アリータに促されて、とぼとぼ出てゆくロペス。


62分、クレマの選手交代。21エドガル・コットが入ってムニョスが出る。
代えられるのが大嫌いなファビアン・ムニョス、すごく怒ってる。


この辺りで小僧がくたびれて眠り込んだので、ラジオを消して
テレビも音声が復活。はぁ、やっぱりこの方がいいわぁ・・・。


66分、マラカテコ、ブロディ・エストラダのシュート!
入る!と思った瞬間、ゲーラがジャンプして弾き出してしまいました。
頑張れ、マラカテコ!


68分、右サイド奥からマイナスのクロス、
走り込んできたゴメスが蹴る!けれど、シュートミス・・・。


クレマ、ずーーーっと試合を支配していて、
いい攻撃もたくさんあって、たくさんシュートもしてるのに、1-1。
嘘みたい。


71分、クレマが相手エリアの近くでファウル、
マラカテコボールのFKです。
DFがボールをちょーんと出してアリータに渡す。
アリータ、足で受けて手に取るんだけれど・・・・・・。
こらこら、そこはエリアの外だ。
アリータ、今日は大活躍してるんですけれどもね、
ちょっとアドレナリンが上がりすぎたかなぁ?
イエロー&FK。まあこのFK、何事もなく時間だけが過ぎて行きます。


73分、クレマ、トリゲーロスに代わって99マルコ・シアニ。
トリゲーロス、交代する前にイエローもらってて、
これで次の試合は出られません。
だけど、決勝シリーズにはちゃんと間に合う。
こういうのってどうよね?と解説のおじさんたち、カンカンガクガク。


74分、マラカテコの交代。
17ダニエル・リナーレスが下がって、27オマール・モラレス。
77分、今度はクレマの交代。
コントレラスに変わって16フアン・プラド。誰だ、こいつ。


人が代わっても、クレマの攻勢は全然変わりません。
これだけ攻めてて1点かよ・・・。


83分、マラカテコのFKで、タボがボールの前から下がらず、イエロー。
こいつも「カードのクリーニング」なんだそうで、
いや、もちろん首位のチームだからできるわけだけれどさ。
ハードなスライディングでイエローもらうよりは、罪がないとも言えるか・・・。


85分、クレマのゴール前から始まるカウンター。
クレマ3人、マラカテコ2人の数的有利もあってどんどこ上がるけれど、
最後のシュートは枠の外。
こんなサッカー続けてると、バルサみたいになるよ(TT)


87分、タボ・カブレラが9オスカル・イサウラに
後ろからのスライディングで2枚目イエロー。
わぁ~、さっきのイエロー、もらっとかなきゃ良かったよね。
これで、クリーニングどころか、1枚残っちゃったんじゃないんかい。
まあでも1試合の停止なら、決勝シリーズには出られるからいい、とか・・・?


ここからのマラカテコのFK、
今度はロロ・フォンセカがボールから下がらずにイエロー。
ここまでやられると、セコイよなぁ、という気がするんだけれど、
ロロはクリーニングじゃないそうです。まじ?
きれいな体だったのに、どうしたんだ。


90分、シアニが相手DFを交わしながら、
半月付近からジャストミートのシュート!
いいシュートだったけれど、アリータが倒れ込んで止める。
いや、シアニも切れてるけれど、アリータもすごい。


その後もシアニ、相手DFとにっこりお見合いしながら
涼しい顔してもう1人やってきたDFとの間を抜く、
華麗なプレーも披露。にゃ~、すごいね。


4分追加で試合終了。
マラカテコ的には、あのPK失敗が悔やんでも悔やみきれないところかな。
降格争いは最終節までもつれ込む模様。


*タグ/コムニカシオーネス(クラブ) マラカテコ(クラブ)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/360-b438b87e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。