スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第16節 その他の試合 

シェラフ 0 – 3 クレマ
4月19日20:00、マリオ・カンポセコ競技場(ケツァルテナンゴ)
主審:カルロス・バトレス


いや~、クレマ、絶好調。
このまま、閉幕シーズン優勝しちゃうんじゃないかな。
っていうくらい、勢いが出てきました。


何と言っても先制点はその勢いのお陰でしょう。
43分、シェラフDFがうまくクリアーできなかったボール、 ペッサロッシがなんとか左足で蹴っ飛ばす。
このボール、クロスバーを直撃して、下に落ちたところをバリオスがキャッチ。
だけど線審はゴールの合図。


納得いかない私もテレビの人たちも、リプレーでじっくり見るんだけれど
そしたら、あらま~、ほんとだ。
下に落ちた時、線を割ってるわ。そこから前に跳ね返ってたんだな・・・。
いや、えらいよ線審。


シェラフも必死に反撃するんだけれど、
やっぱり攻撃が迫力不足な感じ・・・。
でもって64分にはコントレラスのクロスに
イーベルトン・パエスのストライクなヘッドで
クレマが追加点、
止めの一撃は90分にファビアン・ムニョス。
フェルナンデスかな?に競り勝ってゴールを決め、0-3。


どっちのホームで試合しとるんじゃ、これ・・・。


シェラフ
Marvin Barrios, Javier Sinay, Jhonny Girón, Adulfo Contreras, Julio Estacuy, José López (46’ Óscar Hernández), Luis Swisher, Mario Piñeyro (65’ José Zacarías Antonio), Miguel Fernández, Minor Ignacio López (60’ Loco Leiva), Jonny Cubero
DT: Carlos Jurado


クレマ
David Guerra, Iverton Paes, Luis Rodríguez, Erwin Morales, Gustavo Cabrera, Saúl De Mata, Rigoberto Gómez, Ábner Trigueros (59’ Tránsito Montepeque), José Contreras (82’ Fabián Muñoz), Rolando Fonseca (76’ Tránsito Montepeque), Dwight Pezzarossi
DT: Iván Sopegno

得点 43分ペッサロッシ(0-1)、64分パエス(0-2)、90分ムニョス(0-3)

警告
ロペス(以上シェラフ)、ペッサロッシ、モンテペケ、トリゲーロス、ムニョス(以上クレマ)

退場
81分フリオ・エスタクイ(シェラフ)



ペタパ 3 – 0 マラカテコ
4月19日20:00、フリオ・アルマンド・コバル競技場(サン・ミゲル・ペタパ)
主審:ダビッド・エスパーニャ

8分、いきなりペタパ先制。
右サイドからメダのFK、思いっきりサイドネットに突き刺さるゴラッソ~。


次いで17分にはエレーラ、今度は左サイドからの思いっきりロング。
25mくらい?まあいいや、とにかく、蹴ったら入った、やっぱりゴラッソ~。


マラカテコ、勝たないと降格しちゃうよ?なんですが、
なんか一方的にペタパが攻めまくった試合だった模様。
右サイドからのパスを受けて、ヘッドであわせたロセラが決めて0-3。


あいあいあい、マラカテコ・・・・・・。


ペタパ
Ricardo Trigueño Foster, Estuardo Rivas, Denis Chen, Mynor Morales, Jairo Pérez, Raúl González, Selvin De León (46’ Vicente Rocella), William Castillo, Eduardo Barros, Engelvert Herrera, Édgar Meda (29’ Lizandro Pérez)
DT: Alberto Salguero

マラカテコ
Julio Hernández, Rolando López, Juan Blanco, Juan Castellanos, Joao Ferreira, Horacio González, Óscar Isaula, Meylin Soto (67’ M Ramírez), Wilmer García, Herbert Grajeda, Edson Castañeda (39’ Walter Estrada)
DT: Paulo César Barros

得点
8分メダ(1-0)、17分エレーラ(2-0)、73分ロセラ(3-0)

警告
バーロス、ゴンサレス(以上ペタパ)、フェレイラ、ソト、ガルシア、ロペス、カスタニェーダ、エストラダ(以上マラカテコ)




ハラパ 2 – 2 エレディア
4月19日20:00、ラス・フローレス競技場(ハラパ)
主審:ウーゴ・カスティーヨ

この試合、放送あるかな?と思ったらありませんでした。
別途書きますが、ハラパ、どうやらLatitudとの提携関係を解消した模様です。


で、試合の方は。
19分、カストリーヨがセンターラインから前線へボールを送る。
カスティーヨが抜け出してボールを受け、GKも交わしてシュートで1-0。
クリアーしようと滑り込んできたエレディアのDFもゴールイン~。


でもここでおめおめと負けてペテンに帰れないエレディアが頑張る。
44分、ジョニー・ブラウンからの縦パスを受けて、
エルトン・ブラウンがドリブルで上がり、ロペスも交わしてシュート!で同点。
何だよロペス、デクノボーか、お前は。
とりあえず、前半は1-1で終了。


50分、センターサークル付近からエレディアのロングパス、
DFが気づかないうちに抜け出していたジョニー・ブラウン、
モリーナの頭上を越えるうまいシュートでゴール。
わあああ、エレディアがブラウン兄弟のお陰で逆転。


ハラパはもうロングボール攻撃かい・・・。
チャコンのFK、右サイドにいたデデーが拾ってクロスを入れ、
カスティーヨが頭で合わせてやっとこさ同点。87分の出来事でした。
エレディア、がっくし。


ハラパ
Luis Pedro Molina, Carlos Castrillo (72’ Carlos Castillo), Edy Cabrera, Nicolás López, Carlos Gallardo, Josué Castro (62’ Erwin Godoy), Julián Chacón, Juan Orellana (78’ Julio Enríquez Mejicanos), Jorge Dos Santos, Juan José Castillo, Adrián Apellaniz
DT: Julio González

エレディア
Jorge Estrada, Marcelo González, James McCarthy, Marlon Aguirre, Jonahthan Sandoval, Elton Brown, Uwaldo Pérez, Jean Patrick Howell, Juan De León, Jonny Brown (96’ Julio Vanegas), Franki Gonzalves (80’ Ervin Alvarado)
DT: Byron Pérez

得点
19分ホセ・カスティーヨ(1-0)、44分ミルトン・ブラウン(1-1)、55分ジョニー・ブラウン、87分ホセ・カスティーヨ(2-2)

警告
オレヤナ(ハラパ)、マッカーシー、デ・レオン、ペレス、エストラダ(以上エレディア)

退場
エンリケス(ハラパ)、マッカーシー(エレディア)




スチテペケス 2 – 1 サカパ
4月20日11:00、カルロス・サラサール・イホ競技場(スチテペケス)
主審:フアン・カルロス・ゲーラ


勝てば決勝シリーズが、負ければ降格プレーオフが見えてくる両チーム。


最初のゴールはスチで18分。
ビヤトロのクロスがサカパDFに当たって大きく上へ、
グリフィスがフアレスに競り勝ってヘッド、
ボールを受けたガロが楽々押し込んで先制。


サカパは53分、フェルナンデスがリナーレスにパス、
ゴールラインまで行ったリナーレス、後ろから来たフェルナンデスに出し、
フェルナンデス、うまいことボールを扱ってシュート~!
ガストンコンビで同点に追いついたぞ、サカパ。


しかし。ここで黙っていないよ、スチテペケス。
67分、カブレラが右サイドからクロス、
モラレスがヘッドで決めてゴール。再びリード~。


その後も両チーム攻め合い、レッドもあり、
かなり盛り上がったみたいですけれどね、この試合。
スチが攻め勝ったみたいです。


スチテペケス
Cristian García, Fredy Santiago Taylor, Anderson Pasos, Wilson Lalín, Omar Villagrán, Wilfred Velásquez, Sergio Morales, Andrés Rivera (56’ Milton Cabrera), Edwin Villatoro (84’ Fabricio Benítez), Norton Griffiths (68’ Wilbel Caal), Fernando Gallo
DT: Gabino Román

サカパ
José Juaréz (33’ Óscar Martínez), Rolman Sandoval, Edwin Enríquez, Gerardo Molina, Eddy Ortíz, Alejandro Maureira (75’ Luis Ibarra), Elmer Padilla, Gastón Fernández, Gastón Linares (58’ Allan Arana), Edwin Rosales, Selvin Motta
DT: Camilo Aguilar

得点
18分ガロ(1-0)、53分フェルナンデス(1-1)、71分モラレス(2-1)

警告
パソス、ベラスケス(以上スチ)、マウレイラ、フェルナンデス(以上サカパ)

退場
76分エンリケス(サカパ)




第16節まで全日程終了。
今週はクレマが再び首位に立っております。
勝ち点 得点 失点
1 クレマ 29 8 5 3 33 18 15
2 ロホス 29 8 5 3 26 16 10
3 ペタパ 27 8 3 5 20 18 2
4 スチテペケス 24 6 6 4 19 21 -2
5 シェラフ 23 5 8 3 14 14 0
6 ハラパ 21 5 6 5 16 14 2
7 マルケンセ 20 5 5 6 22 19 3
8 サカパ 19 5 4 7 20 24 -4
9 エレディア 12 2 6 8 16 25 -9
10 マラカテコ 11 3 2 11 9 26 -17


通期の勝ち点は次の通り。
  1. ロホス 62
  2. クレマ 54
  3. スチテペケス 51
  4. シェラフ 48
  5. ハラパ 46
    ペタパ 46
  6. マルケンセ 44
  7. サカパ 43
  8. マラカテコ 31
  9. エレディア 31




得点王ランキング。フレディ独走状態~。

  1. フレディ・ガルシア(ロホス) 12
  2. カルロス・アスプリーヤ(マルケンセ) 8
    ホルヘ・エストラダ(マルケンセ) 8
    アドリアン・アペラニス(ハラパ) 8
  3. ロランド・フォンセカ(クレマ) 7
    フェルナンド・ガロ(スチ) 7
  4. ジョニー・ブラウン(エレディア) 6
    セルヒオ・モラレス(スチ) 6
    エドガル・メダ(ペタパ) 6





守護神ランキング。
今まで試合数の足りなかったぺネドが遂に登場。

  1. ハイメ・ペネド(ロホス) 0.72 (被ゴール数/試合数:8/11)
  2. ダビッド・ゲーラ(クレマ) 0.85 (12/14)
  3. マルビン・バリオス(シェラフ) 0.87 (14/16)
    ルイス・ペドロ・モリーナ(ハラパ) 0.87 (14/16)


*タグ/シェラフ(クラブ) コムニカシオーネス(クラブ) ペタパ(クラブ) マラカテコ(クラブ) ハラパ(クラブ) エレディア(クラブ) スチテペケス(クラブ) サカパ(クラブ)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/355-07482986

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。