スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13節 残りの3試合 

ペタパ 1 – 2 マルケンセ
3月29日20:00、フリオ・アルマンド・コバル競技場(サン・ミゲル・ペタパ)
主審:フアン・マヌエル・パルマ


首位を行くペタパと
監督がルイシーニョに代わって以降負けなしのマルケンセ、
好調っぽい同士の対決は、アウェーのマルケンセが
ここのところ好調のチノ・エストラダのゴールもあって勝っちゃいました。


この試合、他のことをしながらちらりと見ていたのですが、
前半から激しい当たりというか、激しいファウルの応酬で、
加えて観客まで興奮状態で物を投げ入れたりしていて、
一体全体どうなるんだ~!!!と思ったんですが、
皆生きてスタジアムを出られたようです。良かった。


ペタパは24分にリサンドロ・ペレスがレッドを貰ったのが痛かった。
これ、確か2枚立て続けにイエロー貰ったんじゃなかったかな・・・。
左SHのロペス、対面のフランシスコ・アギラールに翻弄されてたっぽい。
挙句の果てに退場でしたが、
実はアギラールも無事には帰れなかった・・・・・・。
すっごいたくさんのファウルを受け続け、57分、負傷退場。
かあいそ・・・・・・。


得点は48分、アギラールのクロスをチノ・エストラダが決めたもの。
エストラダはこの3試合で5得点。


その次は84分、リカルド・グティエレスが自陣15mほど入ったところから、
ペタパGKガト・エストラダが前の方に出てきているのを見て
思いっきり蹴ったら、ぐんぐんぐんぐんボールが伸びて、
ガトの手前で大きく弾むと、ゴールの中へ飛び込んでいった。
ガト・エストラダが伸ばした手も届かず・・・。


累積で出場できないトリゲーニョの代わりに
ゴールマウスに立ったエストラダ、
かなり活躍していたのですが、このシーンはエストラダのミス。


その後、マルケンセのイポリト・フエンテスが全く不要のファウルで退場になり、
マルケンセがいささか混乱状態になったところをついて
ペタパ、89分にセルビン・デ・レオンがゴール。
デニス・チェンのミドルが、デ・レオンに当たってコースが変わったもので、
コースが変わっていなければ、クレーがキャッチできたと思われ・・・。


マルケンセにとっては会心の勝利かな。
と思ったらルイシーニョ、物がどんどん投げ込まれて、
特に選手がケガの治療を受けていた時にもそこに向けて何か投げ込まれたようで
無茶苦茶怒っておりました。
ま、でも、勝てて良かったじゃん。


パコ・メルガルが指揮した第8節まで2勝4敗2分だったマルケンセ、
第9節から13節までは3勝2分、4位にまで上ってきました。
監督が変わっただけで、こんなに変わるもんなんでしょうかね・・・?


ペタパ
Édgar Estrada, Jairo Pérez (51’ Jorge López), Richard Shmidt, William Castillo (61’ Vicente Rocela), Dennis Chen, Milton Leal, Engelver Herrera, Lizandro Pérez, Raúl González, Selvin De León, Édgar Meda (69’ Allan Villeda)
DT: Alberto Salguero

マルケンセ
Miguel Ángel Klee, Yony Flores, Israel Donis, Elver Jiménez, Néstor Soria, Leonel Noriega, Ricardo Gutiérrez, Francisco Aguilar (57’ Jonathan López), Riqui Murga (64’ Hipólito Fuentes), Carlos Asprilla (78’ Néstor Martínez), Jorge Estrada
DT: Luiz Da Costa

得点
48分エストラダ(0-1)、84分グティエレス(0-2)、89分デ・レオン(1-2)

警告
ペレス、カスティーヨ、デ・レオン(以上ペタパ)、ムルガ、フローレス、アギラール、ロペス、フエンテス(以上マルケンセ)

退場
24分ペレス(ペタパ)、フエンテス(マルケンセ)




シェラフ 1 – 1 スチテペケス
3月29日20:00、マリオ・カンポセコ競技場(ケツァルテナンゴ)
主審:ワルテル・ロペス

先制はシェラフ。
16分、CKからボールが落ち着かないでいたところを
オスカル・エルナンデスが押しこんだらしい。
今シーズンハラパから移籍してきたエルナンデス、
シェラフで初得点だそうで。おめ。


一方スチテペケスはゴールゲッターのフェルナンド・ガロが
相変わらずキレキレで同点ゴールを叩き出す。
高いお金を出して、コバンから譲り受けただけのことはあった、ってもんだ。


シェラフ
Marvin Barrios, Jhonny Girón, Adulfo Contreras, Javier Sinay, Julio Estacuy (80’ Miguel Fernández), José López, Luis Swisher, Mario Piñeyro, Óscar Hernández, José Zacarías Antonio (65’ James Owusu), Jhonny Cubero (46’ Jorge Leiva)
DT: Carlos Jurado

スチテペケス
Cristian García, Wilson Lalín, Omar William Villagran, Milton Cabrera, Wilfred Velásquez, Carlos Castillo, Andrés Rivera, Fabricio Benítez (79’ Jacinto Méndez), Sergio Morales, Edwin Villatoro (85’ P. Álvarez), Fernando Gallo
DT: Gabino Román

得点
16分エルナンデス(1-0)、61分ガロ(1-1)

警告
シナイ、エスタクイ、フェルナンデス(以上シェラフ)、カスティーヨ、ガロ、ベニテス(以上スチテペケス)




サカパ 2 – 1 エレディア
3月30日12:00、ダビッド・オルドーニェス・バルダーレス競技場(サカパ)
主審:オットー・メヒア

サカパの辺りって、国内でも一番気温が上がるところなのですが、
この試合も超暑い中で行われたようです。
この時期なら、日中は40度くらい行ってるかもね・・・。


さて試合は、アメリカ帰りのブラウンが決めて
エレディア先制したまでは良かったものの。


前半終了間際にモッタが、
後半にはリナーレスが決めて、サカパあっさり逆転。


エレディア、降格道まっしぐら~。


サカパ
Óscar Martínez, Erick García, Edwin Enríquez, Gerardo Medina, Eddy Ortiz (93’ José Herrera), Élmer Padilla, Edwin Rosales, Javier España, Edwin Villatoro (45’ Allan Arana), Selvin Motta, Gastón Linares
DT: Camilo Aguilar

エレディア
Jorge Estrada, James McCarthy, Luis Maceda, Jonahthan Sandoval, Patrick Howell, Uwaldo Pérez, Selvin GUdiel (80’ Luis Bonilla), Juan De León, Jonny Brown, Franki Gonzalves (77’ Kenny León), Marvin Gordon (61’ Manuel Soto)
DT: Byron Pérez

得点
34分ブラウン(0-1)、44分モッタ(1-1)、75分リナーレス(2-1)

警告
ガルシア、オルティス、リナーレス(以上サカパ)、マッカーシー、マセダ、ゴルドン、ソト(以上エレディア)




第13節。シェラフとロホスは1試合少ない成績です。
勝ち点 得点 失点
1 ペタパ 23 7 2 4 16 16 0
2 クレマ 22 6 4 3 26 16 10
3 ロホス 21 6 3 3 19 12 7
4 マルケンセ 19 5 4 4 20 15 5
5 サカパ 19 5 4 4 17 17 0
6 スチテペケス 18 4 6 3 15 17 -2
7 シェラフ 17 3 8 1 12 19 3
8 ハラパ 14 3 5 5 10 11 -1
9 マラカテコ 11 3 2 8 9 21 -12
10 エレディア 7 1 4 8 12 22 -10


通期の勝ち点は次の通り。
  1. ロホス 52
  2. クレマ 49
  3. マルケンセ 43
    サカパ 43
  4. ペタパ 42
    スチテペケス 42
    シェラフ 42
    ハラパ 42
  5. マラカテコ 31
  6. エレディア 26




得点王ランキング。追い上げるチノ・エストラダ。
  1. フレディ・ガルシア(ロホス) 8
    カルロス・アスプリーヤ(マルケンセ) 8
  2. ホルヘ・エストラダ(マルケンセ) 7
  3. アドリアン・アペラニス(ハラパ) 6
    フェルナンド・ガロ(スチ) 6
  4. エドガル・メダ(ペタパ) 5
    セルビン・モッタ(サカパ) 5
    ロランド・フォンセカ(クレマ) 5




守護神ランキング。
  1. マルビン・バリオス(シェラフ) 0.75 (被ゴール数/試合数:9/12)
  2. ルイス・ペドロ・モリーナ(ハラパ) 0.85 (11/13)
  3. ダビッド・ゲーラ(クレマ) 0.91 (10/11)
  4. リカルド・トリゲーニョ(ペタパ) 1.16 (12/14)


    *タグ/ペタパ(クラブ) マルケンセ(クラブ) シェラフ(クラブ) スチテペケス(クラブ) サカパ(クラブ) エレディア(クラブ)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/331-007101e1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。